メインコンテンツにスキップ

手順15に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

+[* black] 次に取り出すのは、ボタンセンサー、マザーボード、ハプティックドライバー、アダプティブトリガーです、全て黒いフレームに取り付けられています。
+ [* icon_note] この観点で考えると、SonyがDualSenseの大きなアップグレードに自信をもっているのは明らかです。内部パーツの半分がトリガーとハプティックに占有されているのです!
+[* black] 両側のアダプティブトリガーアセンブリがケーブルで繋がっていますが、ハプティックドライバー、USB-C端子とJoystickは半田付けで固定されています。
+[* black] 裏側はメインの回路基板があります。そしてここにいくつかチップが搭載されています。
+ [* red] SIE CXD9006GG — Likely a custom Sony chip doing all the grunt work
+ [* orange] Dialog DA9087 PMIC
+ [* yellow] Realtek ALC5524 オーディオコーデック