メインコンテンツにスキップ

手順13に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

+[title] リペアビリティ
+[* black] Motorola Razrのリペアビリティスコアは1/10です。(スコア10が最も修理しやすい指標)
+ [* green] 標準T3トルクスネジ用のドライバーがあれば対応できます。
+ [* yellow] 強い決意があれば、デリケートなディスプレイの交換は可能です。
+ [* red] 修理の手始め(そして終わりも)に、多量の接着剤が使用された外側カバーを外さなければなりません。
+ [* red] バッテリーの交換ーこれが1つであっても2つであっても、デバイス全体の解体が必要です。
+ [* red] 充電ポートがメイン基板に直接半田付けされています。
+ [* red] 複雑な構造で、修理作業中に誤って切断してしまう複数のフレックスケーブルがあります。