メインコンテンツにスキップ

手順1に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

-[* black] 私たちはリペアビリティばかり気にして、他の重要なスペック、例えば色精度を見過ごしがちであるという人もいますが、これは100%合っていません私たちが無視するスペックは他にも沢山あります例えば、
+[* black] 私たちはリペアビリティばかり気にして、他の重要なスペック、例えば色精度などを見過ごしがちであると言う人たちもいますが、これは100%正解とは言いません私たちが無視するスペックは他にも沢山あるからです
[* red] 6.2インチ折りたたみ式プラスチック製 OLEDディスプレイ、2142 × 876 ピクセル解像度 (~373 PPI)
[* orange] 2.2 GHzオクタコア Qualcomm Snapdragon 710 processor paired with 6 GB of RAM
[* yellow] 内蔵ストーレッジ128 GB
[* green] バッテリー容量2510 mAh
[* light_blue] One 16 MP, ƒ/1.7 main camera with dual-pixel autofocus and one 5 MP, ƒ/2.0 selfie camera
- [* blue] 公式な防水防塵性能は表示されていませんがMotorolaは防沫性能を備えた防水性能ナノコーティング加工がされていると公表しています
-[* icon_reminder] オリジナルRazrに戻れない1点は、ユーザーが自分で交換できたバッテリーです。あの頃は良い時代でした!
+ [* blue] 公式な防水防塵性能はありませんがMotorolaは”防水機能付きナノコーティング加工により防沫性能がある”と公表しています
+[* icon_reminder] 初代Razrに戻すことができない点の1つは、ユーザーが自分で交換できたバッテリーです。[https://www.youtube.com/watch?v=PmGP86bmAnE&feature=emb_title|あの頃は良い時代でした|new_window=true]