メインコンテンツにスキップ

手順5に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 簡単に、トップカバーアセンブリ全体が持ち上がります!魔法の瞬間です。安堵のため息をついて、[guide|92915|トップカバーを切開する|stepid=173104|new_window=true]ために準備したカッターを脇に置きます。
[* black] ボーナスとして、カバーは十分なたるみを持たせたフレックケーブルで繋がっています。そしてケーブル先端のコネクタは、私たちがいつも破壊してしまうクリップオン ブラケットから、マグネットに変更されています。大変素晴らしいです。
-[* black] トップケースを裏返すと、見てください…マグネット。***マグネット***です! Keynoteのステージ上で、Panos氏(Microsoftの主任プロダクトオフィサー)が[https://youtu.be/dmaioTs0NH8?t=1207|これを簡単に引き離していた|new_window=true]のも不思議ではありません。
+[* black] トップケースを裏返すと、見てください…マグネット。***マグネット***です! Keynoteのステージ上で、Panos氏(Microsoftの主任プロダクトオフィサー)が[https://youtu.be/dmaioTs0NH8?t=1207|これを簡単に引き離していた|new_window=true]のも不思議ではありません。
[* icon_note] Panos氏はこれを自宅で真似しないように言いました。良かったです、ここはオフィスです!
[* icon_reminder] 恐らくバッテリーコネクタはアクセスできません。これは、Surfaceデバイスで[guide|92915|変わることのない問題|stepid=173131|new_window=true]です。しかし、トップカバーのコネクタソケット付近のメインボード上に小さなバッテリーのアイコンらしきものがあります。このアイコンに付けられた2つのピンで、ボードの通電を安全に切れるのでしょうか?