メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順14に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 幾つか退屈な、温めてこじ開ける作業を繰り返した後、Samsung製6.8インチ Dynamic AMOLED Infinity-O Displayの裏側を覗くことができました。
[* icon_note] このディスプレイは、Noteシリーズの中で[http://www.displaymate.com/Galaxy_Note10_ShootOut_1G.htm|最も大きくて明るく、色精度が最も正確|new_window=true]です。しかし、ファブレットの競合メーカーである[https://www.youtube.com/watch?v=d8u0f7AaBgw|OnePlus 7 Pro|new_window=true]のように、Samsungはなぜリフレッシュレートを90 Hzに更新しないのか、疑問に思わずにはいられません。
[* black] 超音波指紋センサーが、この巨大なディスプレイの裏側にしがみついています。つい最近分解をした[guide|120331|S10|stepid=232232|new_window=true]と同じです。
[* black] スクリーンを取り出すと、イヤホンスピーカーがメタル製チャンバーの内側に接続されているのが確認できます。つまり、フレーム上部端に沿って、非常に小さなグリルの中にサウンドウェーブを伝えているのです。
[* black] あまりよく分かりませんか?私たちもよく分かりませんでした。[https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi/bquFL3Kb4WNFPjnH.full|コンピューターで焦点を当ててズーム|new_window=true]してみました。