メインコンテンツにスキップ

手順3に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

+[* black] デバイスの加熱された右端の下に約10-15mm程度の厚さのものを置きます。これでデバイス端に角度が入るため、開口ツールが使いやすくなります。
+[* black] 指でデバイス左端をつまんで、滑り落ちないようにします。吸盤カップをしっかりと引き上げます。
+[* black] 開口ツールの端をバックカバーとフレームの間の継ぎ目に押し込みます。
+[* black] 開口ツールを継ぎ目に沿って、数回前後にスライドします。