メインコンテンツにスキップ

手順2に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

+[title] 開口時の隙間を作ります
+[* black] 吸盤カップをデバイスの裏側、右側端中央部分にできるだけ近い位置([link|https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi/JlRhbQPyRWESV2Cr.full|接着剤の幅が最も狭い場所|new_window=true])に装着します。
+[* black] 吸盤カップを一定の強い力で引き上げて、バックカバーとフレームの間に隙間を作ります。
+[* black] 開口ピックの先端を隙間に差し込みます。
+[* icon_note] 強い抵抗感があるため、この作業は複数回にわたって行う必要があります。
+ [* black] 隙間ができない場合は、さらにiOpenerを温めてさらに同じ部分に当ててください。
+ [* black] もしくは、高濃度(90%以上)イソプロピルアルコールの数滴を隙間に注入し、接着剤を緩めることもできます。
+ [* icon_caution] 開口ピックで過剰な力を加えないでください。バックカバーのガラスがひび割れてしまうリスクがあります。