メインコンテンツにスキップ

手順 3 への変更

- Midori Doiによって編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除
追加
変更なし

手順ライン

[* icon_note] デバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。強力なガムテープを使ってデバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。[https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi/4MmKE22Cy2MavVZU|強力なガムテープ|new_window=true]を使うか、吸盤カップに強力ボンドを付けて作業を進めてください。
[* black] ここに翻訳を挿入するバックカバー上に吸盤カップを押し込んで取り付けます。
[* black] ここに翻訳を挿入するバックカバーの下側端を吸盤カップで持ち上げて、バックカバーとフレームの間にわずかな隙間を作ります。
[* icon_note] ここに翻訳を挿入するこの作業にはかなりの力を要します。しかし、吸盤カップを差し込むためのわずかな隙間を作るだけで十分です。もし上手く行かない場合は、さらに温めて接着剤を柔らかくしてから再度作業を進めてください。接着剤はすぐに冷却してしまいます。そのため、何度も温めなければなりません。
[* black] ここに翻訳を挿入する開口ピックを隙間に差し込み、下部の右側コーナーまでスライドします。
[* icon_note] デバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。強力なガムテープを使ってデバイスのリアガラスがひび割れの状態であれば、吸盤カップがうまく装着できません。[https://d3nevzfk7ii3be.cloudfront.net/igi/4MmKE22Cy2MavVZU|強力なガムテープ|new_window=true]を使うか、吸盤カップに強力ボンドを付けて作業を進めてください。
[* black] ここに翻訳を挿入するバックカバー上に吸盤カップを押し込んで取り付けます。
[* black] ここに翻訳を挿入するバックカバーの下側端を吸盤カップで持ち上げて、バックカバーとフレームの間にわずかな隙間を作ります。
[* icon_note] ここに翻訳を挿入するこの作業にはかなりの力を要します。しかし、吸盤カップを差し込むためのわずかな隙間を作るだけで十分です。もし上手く行かない場合は、さらに温めて接着剤を柔らかくしてから再度作業を進めてください。接着剤はすぐに冷却してしまいます。そのため、何度も温めなければなりません。
[* black] ここに翻訳を挿入する開口ピックを隙間に差し込み、下部の右側コーナーまでスライドします。