メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順13に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] このゴールドに輝くドーナツは統合されたアンテナ''のようです''。旧モデルで搭載されていた変わった[guide|97521|ゴールド色のガスケットやブラケット|stepid=179038|new_window=true]が見当たりません。
[* black] さて、今回の分解で最も注目している機能にたどり着きました。光学センサの役割を補うためにデザインされた新しい心電図センサ([https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図|ECG|new_window=trueさて、今回の分解で最も注目している機能にたどり着きました。光学センサの役割を補うためにデザインされた新しい電気心拍センサ([https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図|ECG|new_window=true]) です。
[* icon_note] Apple Watchは心電図の中で[https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図#四肢誘導|四肢誘導のⅠ誘導|new_window=true] に対応しています。つまり、両手に電極を流し、心臓の電位を記録する誘導法です。まずWatchの裏側から最初の電力が流され、次に反対側の手先でデジタルクラウンに触ります。これにより左右腕から心電図を計測できるのです。に対応しています。つまり、両手に電極を流してデータ記録する誘導法です。まず、Watchの裏側 (Watchを装着している手)から電極が流され、次に反対側の手先でデジタルクラウンに触ります。よって、左右両腕を通じて心電図を計測できるのです。
[* black] これらの電極が、心拍毎に皮膚表面に流れる皮膚電位のわずかな変化を感知します。それからS4がデータを伝達し、あなたの心拍リズムを分析してくれるのです。これらの電極が、心拍毎に皮膚表面に流れる皮膚電位のわずかな変化を感知します。S4がデータを伝達し、あなたの心拍リズムを分析してくれるのです。
[* black] さて、今回の分解で最も注目している機能にたどり着きました。光学センサの役割を補うためにデザインされた新しい心電図センサ([https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図|ECG|new_window=trueさて、今回の分解で最も注目している機能にたどり着きました。光学センサの役割を補うためにデザインされた新しい電気心拍センサ([https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図|ECG|new_window=true]) です。
[* icon_note] Apple Watchは心電図の中で[https://ja.wikipedia.org/wiki/心電図#四肢誘導|四肢誘導のⅠ誘導|new_window=true] に対応しています。つまり、両手に電極を流し、心臓の電位を記録する誘導法です。まずWatchの裏側から最初の電力が流され、次に反対側の手先でデジタルクラウンに触ります。これにより左右腕から心電図を計測できるのです。に対応しています。つまり、両手に電極を流してデータ記録する誘導法です。まず、Watchの裏側 (Watchを装着している手)から電極が流され、次に反対側の手先でデジタルクラウンに触ります。よって、左右両腕を通じて心電図を計測できるのです。
[* black] これらの電極が、心拍毎に皮膚表面に流れる皮膚電位のわずかな変化を感知します。それからS4がデータを伝達し、あなたの心拍リズムを分析してくれるのです。これらの電極が、心拍毎に皮膚表面に流れる皮膚電位のわずかな変化を感知します。S4がデータを伝達し、あなたの心拍リズムを分析してくれるのです。