メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順10に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 次に、新しくなったノイズを生み出すスピーカーを見ていきましょう。ー音量が50%も大きくなったと言われています。
[* black] マイクがデジタルクラウン近くに移動したため、スピーカーはより音量を集約できるスペースを確保できました。
[* black] スピーカーに装着されているシリコン製のガスケットは、昨年モデルの仕組みと同様に、液体を排出できるマジックを装備しています。スピーカーに装着されたシリコン製ガスケットは、昨年モデルと同様に、液体を排出できる仕組みーマジックを装備しています。
[* icon_note] スピーカーの隣に付いている小さな黒い”眼”はおそらく気圧センサではないかと想定しています。デバイス外の環境に面したスピーカーグリルの条件を賢く利用しています。Series 3のカシス内では気圧センサ用に不恰好なホールを作っていましたが、もうこの必要はないのです。さすが、ジョニー・アイブ(Appleのチーフデザインオフィサー)の力量ですね。スピーカー隣に付いている小さな黒い”眼”は気圧センサではないかと想定しています。デバイス外の環境に近いスピーカーグリルの条件を賢く利用しています。Series 3ではカシス内に気圧センサ用の不恰好な穴を設けたデザインでしたが、もうこの穴は見当たりません。さすが、ジョニー・アイブ(Appleのチーフデザインオフィサー)の力量ですね。
[* black] 更新情報:手順3でみたエアベントには小さなトンネルがあることがわかりました。このトンネルはカシスを通って、この小さなセンサーまで繋がっています。そのため、スピーカーグリルの助けは必要ありませんが、それでもこれは気圧センサの可能性が高いと考えています。''更新情報'':手順3でみたエアベントには小さなトンネルがあることがわかりました。トンネルはカシスを通って、この小さなセンサーまで繋がっています。そのため、スピーカーグリルの助けは必要ありませんが、それでもこれは気圧センサの可能性が高いと考えています。
[* black] スピーカーに装着されているシリコン製のガスケットは、昨年モデルの仕組みと同様に、液体を排出できるマジックを装備しています。スピーカーに装着されたシリコン製ガスケットは、昨年モデルと同様に、液体を排出できる仕組みーマジックを装備しています。
[* icon_note] スピーカーの隣に付いている小さな黒い”眼”はおそらく気圧センサではないかと想定しています。デバイス外の環境に面したスピーカーグリルの条件を賢く利用しています。Series 3のカシス内では気圧センサ用に不恰好なホールを作っていましたが、もうこの必要はないのです。さすが、ジョニー・アイブ(Appleのチーフデザインオフィサー)の力量ですね。スピーカー隣に付いている小さな黒い”眼”は気圧センサではないかと想定しています。デバイス外の環境に近いスピーカーグリルの条件を賢く利用しています。Series 3ではカシス内に気圧センサ用の不恰好な穴を設けたデザインでしたが、もうこの穴は見当たりません。さすが、ジョニー・アイブ(Appleのチーフデザインオフィサー)の力量ですね。
[* black] 更新情報:手順3でみたエアベントには小さなトンネルがあることがわかりました。このトンネルはカシスを通って、この小さなセンサーまで繋がっています。そのため、スピーカーグリルの助けは必要ありませんが、それでもこれは気圧センサの可能性が高いと考えています。''更新情報'':手順3でみたエアベントには小さなトンネルがあることがわかりました。トンネルはカシスを通って、この小さなセンサーまで繋がっています。そのため、スピーカーグリルの助けは必要ありませんが、それでもこれは気圧センサの可能性が高いと考えています。