メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順5に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] スクリーンだけの状態になると、新しくなったディスプレイの形状が詳細に確認できます。ピクセル画素数の増加や、カーブを帯びたコーナーのおかげでスクリーンと肌が合わさる面積が増えた
[* black] 44 mmモデルのディスプレイ表面積は977 sq mmを占めます。mmモデルのディスプレイ表面積は977平方mmを占めます。 Series 3の42 mmモデルは740 sq mmほどでした。mmモデルは740平方mmほどでした。
[* black] 一方で、昨年度Apple一方で、昨年モデルのApple Watch38 mmモデルのディスプレイ表面積はわずか563 sqであったのに対して、40 mmモデルは759 sqmmモデルのディスプレイ表面積はわずか563平方であったのに対して、40 mmモデルは759平方 mmまで拡張しています。
[* black] 44 mmモデルのディスプレイ表面積は977 sq mmを占めます。mmモデルのディスプレイ表面積は977平方mmを占めます。 Series 3の42 mmモデルは740 sq mmほどでした。mmモデルは740平方mmほどでした。
[* black] 一方で、昨年度Apple一方で、昨年モデルのApple Watch38 mmモデルのディスプレイ表面積はわずか563 sqであったのに対して、40 mmモデルは759 sqmmモデルのディスプレイ表面積はわずか563平方であったのに対して、40 mmモデルは759平方 mmまで拡張しています。
[* black] スクリーンの裏側に3つのチップが確認できます。このうち2つが完全に密封されており、3番目チップのメタルシールドの裏には何も表記がありません。
[* icon_note] 過去の分解を参考にすると、これはタッチコントローラーとNFCチップが隠されていた場所です。より詳細なチップ情報が分かり次第、報告させてもらいます。