メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順2に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] この2つのブラックスクエアは見た目は大変よく似ていますが、X線エキスパートのCreative Electronが映し出した画像でみると、異なった内部デザインだとわかります。
[* black] X線画像だけで、今回の主役(左側)とSeries 3(右側)には幾つかの違いがありますー背面中央に新しくなった光学センサーが搭載されており、新しく配置された電極によって周囲を覆われています。
[* icon_note] 後ほどECG(電気心拍センサー)用ハードウェアを詳しく調べましょう。楽しみです。
[* black] 他に目で見てすぐに分かる”旧”42 mmモデルとの違いと言えば、ディスプレイ周辺が顕著に丸みを帯びており、形は''スクエアサークル''と表現したほうが近い感じです。そしてサイドボタンがケースと同じ高さに付けられています。
[* black] 横から2つのモデルを眺めてみると、Series 3に比べて約0.7 mmもスリムになりました。でも実際のところ、オリジナルのApple Watchのほうが薄いのです。
[* black] 見た目だけで比較してみると、新しいディスプレイのおかげで、薄くなった事は大きなポイントです。