メインコンテンツにスキップ

手順6に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] 開口ピックをディスプレイの下に挿入し、Force Touchガスケットをディスプレイから慎重に取り外します。
- [* icon_caution] 開口ピックをディスプレイの真下に載せるようにしてください。 ディスプレイを持ち上げるときにForce Touchガスケットが裂けたり、ガスケットのレイヤーが分離してしまった場合、Force Touchガスケット自体も交換しなければなりません。
+ [* icon_note] 交換用Force Touchガスケットを含む、iFixitスクリーンとバッテリー用修理キットを販売しています。あなたのWatchに修理が必要でも大丈夫です。
+ [* icon_caution] もしくは、Force Touchガスケットを保存して再利用する場合は、ディスプレイ端の下を慎重にこじ開けてください。ディスプレイを持ち上げた際に、Force Touchガスケットが切断したり、ガスケットのレイヤーから外れてしまった時は、Force Touchガスケット自体も交換しなければなりません。
[* black] 開口ピックをディスプレイ周辺にスライドして、Force Touchガスケットとディスプレイ間に付けられた接着剤をはがします。
[* icon_caution] 開口ピックを2 mm以上、差し込まないでください。