メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順15に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* black] フラスチック開封ツールを次の3つのフロントパネル接続ケーブルから外します。フラスチック開封ツールを使って次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。
[* black] フラスチック開封ツールを次の3つのフロントパネル接続ケーブルから外します。フラスチック開封ツールを使って次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。
[* red] 正面カメラとセンサーケーブル
[* orange] 液晶ケーブル
[* yellow] デジタルケーブル
[* icon_caution] 電話本体を再組み立てする際に、液晶ケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた際に画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させましょう。電源の再起動のベストな方法は、[|バッテリーを外してから再接続する]ことです。電話本体を再組み立てする際に、液晶ケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた際に画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させましょう。電源を再起動する方法については、[guide|10587|バッテリーの再接続|stepid=38507]をご覧ください。
[* icon_caution] 電話本体を再組み立てする際に、液晶ケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた際に画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させましょう。電源の再起動のベストな方法は、[|バッテリーを外してから再接続する]ことです。電話本体を再組み立てする際に、液晶ケーブルがコネクターから外れてしまうことがあります。これは電話の電源を入れた際に画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させましょう。電源を再起動する方法については、[guide|10587|バッテリーの再接続|stepid=38507]をご覧ください。