メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

手順9に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし

手順ライン

[* icon_caution] iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。
[* icon_caution] 修理作業に入る前に必ずバッテリー電源を必ず切ります。電話本体から熱が放出されたり、タッチ操作に影響する可能性があるためです。black] クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。
[* black] 本体下部とフロントパネルアセンブリ両サイドのクリップが外れたら、本体背面ケースからアセンブリを外します。
[*
ディスプレイを90度まで開きます。作業中開いたままで固定するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。
[*
black] フロントパネルを背面ケースに沿って90度になるように丁寧に開いていきます。ディスプレイが作業中閉じてこないように、ゴムを使って衝立に固定してください。これはディスプレイケーブルが過度な力で引っ張られないようにするためです。
[* icon_caution] 修理作業に入る前に必ずバッテリー電源を必ず切ります。電話本体から熱が放出されたり、タッチ操作に影響する可能性があるためです。black] クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。
[* black] 本体下部とフロントパネルアセンブリ両サイドのクリップが外れたら、本体背面ケースからアセンブリを外します。
[*
ディスプレイを90度まで開きます。作業中開いたままで固定するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。
[*
black] フロントパネルを背面ケースに沿って90度になるように丁寧に開いていきます。ディスプレイが作業中閉じてこないように、ゴムを使って衝立に固定してください。これはディスプレイケーブルが過度な力で引っ張られないようにするためです。