メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順12に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし

手順ライン

[* black] 最後のチップ情報ですが、とても大切な大鳥です。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。最後のチップ情報ですが、ここで大取りです。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。
[* black] 最後のチップ情報ですが、とても大切な大鳥です。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。最後のチップ情報ですが、ここで大取りです。SSDスロット付近を探ると2つのカスタム製Appleチップを見つけました。
[* red] SK Hynix [http://SKhynix_Consumer_LPDDR4_Part_Numbering.pdf|H9HKNNNBRUMUVR]-NLH LPDDR4に積層されたApple T2 339S00467
[* orange] Apple 338S00268ーこのチップは少し謎めいています。最初、これが[guide|67382|iPhone 7|stepid=136535]で登場した[https://www.gizmodo.jp/2017/11/apple-imacpro-a10-fusion.html|噂のA10Fusion コプロセッサ]だと考えていましたが、パッケージサイズが若干小さいのです。(各辺約7.4 mm) 現在の予想:これはApple/Dialog Semi パワーマネージメントICではないかと考えています。
[* icon_note] Touch Bar付き2016年MacBook Proに搭載されていたT1チップの次世代T2が搭載されています。T2の役割はこれはSMCカメラ用の全ての機能、イメージシグナルプロセッサ、オーディオコントロール、SSDコントローラー、Secure Enclaveの機能、ハードウェア暗号エンジン全機能を可能にさせています。すごい!Proに搭載されていたT1チップの次世代T2が搭載されています。T2の役割はSMCカメラ用の全機能、イメージシグナルプロセッサ、オーディオコントロール、SSDコントローラー、Secure Enclave、ハードウェア暗号エンジン機能です。すごい!
[* icon_note] Touch Bar付き2016年MacBook Proに搭載されていたT1チップの次世代T2が搭載されています。T2の役割はこれはSMCカメラ用の全ての機能、イメージシグナルプロセッサ、オーディオコントロール、SSDコントローラー、Secure Enclaveの機能、ハードウェア暗号エンジン全機能を可能にさせています。すごい!Proに搭載されていたT1チップの次世代T2が搭載されています。T2の役割はSMCカメラ用の全機能、イメージシグナルプロセッサ、オーディオコントロール、SSDコントローラー、Secure Enclave、ハードウェア暗号エンジン機能です。すごい!
[* black] この追加された機能と強化されたセキュリティのマイナスポイントは[https://www.macrumors.com/2017/12/15/bricked-mac-pro-how-to-restore/|iMac Proを回復したいときに頭痛の種]となります。