メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順8に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし

手順ライン

[* black] さて本題の分解に戻りましょう。つぎはツインのSSDです。さて本題の分解に戻りましょう。つぎはツインの"SSD"です。
[* black] さて本題の分解に戻りましょう。つぎはツインのSSDです。さて本題の分解に戻りましょう。つぎはツインの"SSD"です。
[* black] ステッカーを幾つか剥がすと、トルクスネジが出てきました。これを外します!
[* black] 各SSDは Apple EMC 3197のモデル 656-0061Aとデザインされています。
[* black] シールドを外すとチップが幾つか確認できます。
[* red] SanDisk SDRQF8DC8-128G (カード1枚につき4つ搭載、2つが上部、2つが下部、合計512 GB × 2 = 1024 GB)
[* orange] Apple 338S00285
[* black] コントローラー基板の付いた標準装備のSSDとは違い、これらのフラッシュモジュールにはインターフェースのバッファーが付いています。PCIe/NVMeコントローラーは別の場所に搭載されています。詳細は後で説明します。