メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

手順6に変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし

手順ライン

[* black] AirPortカード機能は、理由は分かりませんがメインボード上に搭載されています。Appleは5Kモデル以降モジュールを廃止しました。しかし同軸ケーブル用の風変わりな新固定クリップがあります。
[* black] 電源は1つでもなく、2つでもなく、トルクスネジで固定された''4つ''の輝く端末を経由して基板に繋がっています。
[* icon_note] このデザインは[guide|30530|iMac 5Kで使われていた面倒なコネクター]に比べて、[guide|21212|20135Kで使われていた面倒なコネクター|new_window=true]に比べて、[guide|21212|2013 Mac Proで使われていたもの|stepid=57093]に似ています。Proで使われていたもの|stepid=57093|new_window=true]に似ています。
[* icon_note] このデザインは[guide|30530|iMac 5Kで使われていた面倒なコネクター]に比べて、[guide|21212|20135Kで使われていた面倒なコネクター|new_window=true]に比べて、[guide|21212|2013 Mac Proで使われていたもの|stepid=57093]に似ています。Proで使われていたもの|stepid=57093|new_window=true]に似ています。
[* black] 基板のコンポーネントにアクセスするのは(もちろんRAMとは別に)とても簡単です。電源が裏側に押し込まれているため、すぐに基板を取り外せます。早速取り掛かりましょう!