メインコンテンツにスキップ

Changes to MacBook Pro 15" Retina Display Mid 2012 のバッテリーの交換 Introduction

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし
Introduction
このガイドを参照しながら、iFixitバッテリー交換キットを使ってMacBook Proから接着剤で固められたバッテリーを安全に取り外します。キットの中に含まれる接着剤リムーバーはバッテリーにつけられた接着剤を溶解します。これでバッテリーを簡単に取り外せます。 [ … ] '''iFixitの接着剤リムーバーは引火しやすい性質をもっています。''' この作業を行う際は換気の良い場所で行ってください。作業中の喫煙や火の気の近くでの作業は絶対にやめてください。 この作業を行う際は換気の良い場所で行ってください。作業中の喫煙や火の気の近くでの作業は絶対にやめてください。バッテリーが膨張している場合は、[[What to do with a swollen battery|適切に処理をしてください|new_window=true]]。 [ … ] '''安全のため、MacBook Proのバッテリー残量を放電してください。''' 充電したリチウムイオン電池は危険性が潜んでおり、アクシデントで穴を開けてしまうと引火をコントロールできなくなります。'''ご注意''': リムーバーはバッテリーの接着剤を溶解します。そのため、プラスチックのスピーカーエンクロージャーに付着してしまうと、スピーカーにダメージを与えてしまいます。この修理ガイドでは、バッテリーの作業をする前に、スピーカーを取り出します。 [ … ] '''ご注意''': バッテリーの接着剤を溶解するために使用されている溶剤はプラスチック製の筐体に接触してしまうとスピーカーにダメージを与えてしまうことがあります。このガイドではバッテリーへの作業を始める前に、スピーカーを外します。ボトルとシリンジが分かれた旧タイプのiFixit接着剤リムーバー (販売終了)をご利用になられている場合は、 [guide|110622|こちらの修正版インストラクション|new_window=true]をご利用ください。
このガイドを参照しながら、iFixitバッテリー交換キットを使ってMacBook Proから接着剤で固められたバッテリーを安全に取り外します。キットの中に含まれる接着剤リムーバーはバッテリーにつけられた接着剤を溶解します。これでバッテリーを簡単に取り外せます。 [ … ] '''iFixitの接着剤リムーバーは引火しやすい性質をもっています。''' この作業を行う際は換気の良い場所で行ってください。作業中の喫煙や火の気の近くでの作業は絶対にやめてください。 この作業を行う際は換気の良い場所で行ってください。作業中の喫煙や火の気の近くでの作業は絶対にやめてください。バッテリーが膨張している場合は、[[What to do with a swollen battery|適切に処理をしてください|new_window=true]]。 [ … ] '''安全のため、MacBook Proのバッテリー残量を放電してください。''' 充電したリチウムイオン電池は危険性が潜んでおり、アクシデントで穴を開けてしまうと引火をコントロールできなくなります。'''ご注意''': リムーバーはバッテリーの接着剤を溶解します。そのため、プラスチックのスピーカーエンクロージャーに付着してしまうと、スピーカーにダメージを与えてしまいます。この修理ガイドでは、バッテリーの作業をする前に、スピーカーを取り出します。 [ … ] '''ご注意''': バッテリーの接着剤を溶解するために使用されている溶剤はプラスチック製の筐体に接触してしまうとスピーカーにダメージを与えてしまうことがあります。このガイドではバッテリーへの作業を始める前に、スピーカーを外します。ボトルとシリンジが分かれた旧タイプのiFixit接着剤リムーバー (販売終了)をご利用になられている場合は、 [guide|110622|こちらの修正版インストラクション|new_window=true]をご利用ください。