メインコンテンツにスキップ

バッテリーの取り出しはじめにへ変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし
Title
バッテリーの取り出し
Introduction
このガイドを参照して、Apple Watch Series 4の消耗したバッテリーを交換しましょう。
このガイドはスタンダードGPSモデルバージョン用の修理ガイドですが、セルラー/LTEモデルにも適用できます。
'''安全上、Apple Watchの解体を始める前に、バッテリー残量を25%以下まで放電してください。''' これにより、作業中、アクシデントでバッテリーにダメージを与えてしまっても、熱に伴う危険性を軽減することができます。
バッテリーが膨張している場合は、[[What to do with a swollen battery|適切な方法で処理してください|new_window=true]。
ディスプレイの開口作業中、Force Touchガスケットにダメージを与えてしまうことがあります。ガスケットのレイヤーを乖離してしまったり、ケーブルを切断してしまった場合は、Force Touchのガスケット自体を交換しなければなりません。
デバイスを密封する際は、コンポーネントを再装着するための'''交換用接着剤'''が必要です。
Conclusion
このガイドを完成後、パフォーマンスの最適化のために、新しくインストールしたバッテリーを [[Battery Calibration|キャリブレーション|new_window=true]]してください。 100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま、さらに2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。
e-wasteを処理する場合は、[[E-Waste|認可済みリサイクルセンターR2 |new_window=true]]を通じて廃棄してください。
修理が上手く進みませんか?トラブルシューティングのヘルプには、[https://www.ifixit.com/Answers/Device/Apple%20Watch%20Series%204|アンサーコミュニティ|new_window=true]を参照してください。
Summary
Apple Watch Series 4の消耗したバッテリーを交換する修理ガイドです。