メインコンテンツにスキップ

iPhone XS バッテリーの交換方法「はじめに」への変更

- Takehiroによって編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除
追加
変更なし
Introduction
iPhoneバッテリーは最大500回の充電サイクルまで、容量の約80%まで充電できるとされています。これは、多くのユーザーにとって約18−24ヶ月で500回のサイクルを迎えることになります。iPhoneの充電を頻繁に行っていたり、パフォーマンスの低下をiOSが警告している場合(言い換えるとスマートフォンの速度が遅い場合)はバッテリーを交換する時期に差し掛かっています。このガイドを使って、新品の頃のようなiPhoneを取り戻しましょう。 [ … ] バッテリーが膨張している場合は[[What to do with a swollen battery|特別に注意しながら、適切に処理をしてください|new_window=true]]。 [ … ] このガイドではバッテリーの接着ストリップにアクセスしやすいよう、Taptic Engineと下側スピーカーを取り出して、ディスプレイを完全に取り外します。 [ … ] バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーの残量を調整してください。100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。パフォーマンスの最適化のために、ガイドの手順を完了後、新しく搭載したバッテリーを次の手順で調整してください。まず100%まで充電し、そのままプラグに繋いだまま2時間充電状態にします。それからiPhoneがローバッテリーでシャットダウンするまで放電させ、中断なく一気に100%まで充電してください。
iPhoneバッテリーは最大500回の充電サイクルまで、容量の約80%まで充電できるとされています。これは、多くのユーザーにとって約18−24ヶ月で500回のサイクルを迎えることになります。iPhoneの充電を頻繁に行っていたり、パフォーマンスの低下をiOSが警告している場合(言い換えるとスマートフォンの速度が遅い場合)はバッテリーを交換する時期に差し掛かっています。このガイドを使って、新品の頃のようなiPhoneを取り戻しましょう。 [ … ] バッテリーが膨張している場合は[[What to do with a swollen battery|特別に注意しながら、適切に処理をしてください|new_window=true]]。 [ … ] このガイドではバッテリーの接着ストリップにアクセスしやすいよう、Taptic Engineと下側スピーカーを取り出して、ディスプレイを完全に取り外します。 [ … ] バッテリーの最適化のために、この手順を完了後、新しく搭載したバッテリーの残量を調整してください。100%まで充電したら、そのままプラグに繋いだまま2時間充電状態にします。それから自動的にシャットダウンするまで放電させて、中断なく一気に100%まで充電してください。パフォーマンスの最適化のために、ガイドの手順を完了後、新しく搭載したバッテリーを次の手順で調整してください。まず100%まで充電し、そのままプラグに繋いだまま2時間充電状態にします。それからiPhoneがローバッテリーでシャットダウンするまで放電させ、中断なく一気に100%まで充電してください。