メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

iPhone 8 ホーム/Touch IDセンサーの交換はじめにへ変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

削除済み
追加
変更なし
Introduction
必須条件のみ。iPhone 8のホーム”ボタン”は、実際にはTouch ID(指紋認証)機能を搭載したソリッドステートのセンサです。 [ … ] Appleのみがホームボタン交換を行う事が出来ます。もしサードパーティ製の部品に交換すると、ボタンは無効化されAssistiveTouchが有効になります。従ってこの手順はディスプレイアッセンブリー交換の一部としてのみ有用で、ホーム/Touch IDセンサーは古いディスプレイから新しいディスプレイに移植されなければなりません。'''ほとんどの交換用ホームボタンは機能しません'''。そのため、修理を始める前によく点検をしてください。あなたのiPhoneのオリジナルホームボタンは、工場でロジックボードとペアで製造されています。そして、Appleのカリブレーション処理がなければ、例え他の壊れたiPhoneから取り出したAppleの正規ホームボタンを使ったとしても、同様に機能しません。壊れたホームボタンを修理するには、特別に製造された[https://www.ifixit.com/Store/iPhone/iPhone-7-7-Plus-8-8-Plus-Replacement-Home-Button/IF332-079?o=1|ユニバーサルスタイルのホームボタン]をインストールしなければなりません。このパーツはボタン機能を回復しますが、Touch ID機能は回復できません。 [ … ] iPhone 8のガスケットとケーブルを含むホーム/Touch IDセンサーアセンブリの取り外しまたは移植にはこのガイドの以下の手順に従ってください。意図しないディスプレイケーブルのねじれ、切断を避けるため、ホーム/Touch IDセンサーの修理前にディスプレイアセンブリを完全に取り外すのがベストです。ディスプレイをつけたまま作業が支障なく出来る場合は、ディスプレイの取り外しの手順をスキップしホーム/Touch壊れたスクリーンを交換する場合も、このガイドを参照してオリジナルのホームボタンを新しいスクリーンに移植してください。Touch IDを含む全ての機能を保つことができます。 [ ] この手順では、意図しないディスプレイケーブルのねじれ、切断を避けるため、ホーム/Touch IDセンサーの修理前にディスプレイアセンブリを完全に切り離します。ディスプレイが付いたまま作業が出来る、修理経験の豊かな方は、ディスプレイの切り離しの手順をスキップして、ホーム/Touch IDセンサーのセクションに進んでください。
必須条件のみ。iPhone 8のホーム”ボタン”は、実際にはTouch ID(指紋認証)機能を搭載したソリッドステートのセンサです。 [ … ] Appleのみがホームボタン交換を行う事が出来ます。もしサードパーティ製の部品に交換すると、ボタンは無効化されAssistiveTouchが有効になります。従ってこの手順はディスプレイアッセンブリー交換の一部としてのみ有用で、ホーム/Touch IDセンサーは古いディスプレイから新しいディスプレイに移植されなければなりません。'''ほとんどの交換用ホームボタンは機能しません'''。そのため、修理を始める前によく点検をしてください。あなたのiPhoneのオリジナルホームボタンは、工場でロジックボードとペアで製造されています。そして、Appleのカリブレーション処理がなければ、例え他の壊れたiPhoneから取り出したAppleの正規ホームボタンを使ったとしても、同様に機能しません。壊れたホームボタンを修理するには、特別に製造された[https://www.ifixit.com/Store/iPhone/iPhone-7-7-Plus-8-8-Plus-Replacement-Home-Button/IF332-079?o=1|ユニバーサルスタイルのホームボタン]をインストールしなければなりません。このパーツはボタン機能を回復しますが、Touch ID機能は回復できません。 [ … ] iPhone 8のガスケットとケーブルを含むホーム/Touch IDセンサーアセンブリの取り外しまたは移植にはこのガイドの以下の手順に従ってください。意図しないディスプレイケーブルのねじれ、切断を避けるため、ホーム/Touch IDセンサーの修理前にディスプレイアセンブリを完全に取り外すのがベストです。ディスプレイをつけたまま作業が支障なく出来る場合は、ディスプレイの取り外しの手順をスキップしホーム/Touch壊れたスクリーンを交換する場合も、このガイドを参照してオリジナルのホームボタンを新しいスクリーンに移植してください。Touch IDを含む全ての機能を保つことができます。 [ ] この手順では、意図しないディスプレイケーブルのねじれ、切断を避けるため、ホーム/Touch IDセンサーの修理前にディスプレイアセンブリを完全に切り離します。ディスプレイが付いたまま作業が出来る、修理経験の豊かな方は、ディスプレイの切り離しの手順をスキップして、ホーム/Touch IDセンサーのセクションに進んでください。
Conclusion
デバイスを再組み立てするには、以下の手順を逆に進めてください。交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。 [ ] '''デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。''' [ ] e-wasteを処理する場合は、[[E-Waste|認可済みリサイクルセンターR2 |new_window=true]]を通じて廃棄してください。 [ ] 修理が上手くいきませんか? [[Troubleshooting Problems After a Repair|基本的なトラブルシュート]]をしてみるか、[https://www.ifixit.com/Answers/Device/iPhone%208%20Plus|アンサーフォーラム]を参照してください。
デバイスを再組み立てするには、以下の手順を逆に進めてください。交換用のパーツとオリジナルのパーツを見比べてください。残りのコンポーネントを移植する必要があるか、パーツを装着する前に接着剤の裏張りを取る必要があります。 [ ] '''デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。''' [ ] e-wasteを処理する場合は、[[E-Waste|認可済みリサイクルセンターR2 |new_window=true]]を通じて廃棄してください。 [ ] 修理が上手くいきませんか? [[Troubleshooting Problems After a Repair|基本的なトラブルシュート]]をしてみるか、[https://www.ifixit.com/Answers/Device/iPhone%208%20Plus|アンサーフォーラム]を参照してください。
Summary
iPhone 8のホームボタンを取り外し/交換するための手順の必須ガイド 8のホームボタンを取り外し、移植/交換するためのガイドです。
iPhone 8のホームボタンを取り外し/交換するための手順の必須ガイド 8のホームボタンを取り外し、移植/交換するためのガイドです。