メインコンテンツにスキップ

Motorola Moto G5 Plus バッテリーの交換はじめにへ変更

Midori Doiさんによる編集

承認済みの編集 : Midori Doi

変更なし
Thing
バッテリー
Title
Motorola Moto G5 Plus バッテリーの交換
Introduction
このガイドを使って、Motorola Moto G5 Plus のリチウムイオンバッテリーを交換しましょう。毎日使用することで、通常バッテリーは18~24ヶ月経過すると、充電容量を失ってしまいます。バッテリー が充電を保てなくなったり、突然シャットダウンする状態にあれば、このインストラクションを使ってデバイス機能を回復させましょう。
'''デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。'''充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。
バッテリーが膨張している場合は、[[What to do with a swollen battery|適切な方法で処理してください|new_window=true]。必要に応じて、イソプロピルアルコール(濃度90%以上)をディスプレイ周辺に注入して、接着剤を弱めてください。膨張したバッテリーは大変危険です。保護メガネを装着して、特別に注意しながら作業を進めてください。作業に自信がない場合は、修理の専門家にご相談ください。
Conclusion
'''デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。'''
この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーの[https://www.ifixit.com/Wiki/Battery_Calibration|キャリブレーション|new_window=true]を行なってください。
e-wasteを処理する場合は、[[E-Waste|認可済みリサイクルセンターR2 |new_window=true]]を通じて廃棄してください。
修理が上手く進みませんか?トラブルシュートのヘルプには、[https://www.ifixit.com/Answers/Device/Motorola%20Moto%20G5%20Plus|アンサーコミュニティ|new_window=true]を参照してください。
Summary
Motorola Moto G5 Plus の消耗したバッテリーを取り外したり交換します。