メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドでは、Xbox One Xのヒートシンクを取り外す方法を説明します。この手順には、マザーボードの取り外しに必要な手順と同じ作業が含まれます。

  1. T9トルクスドライバーを使用して、電源入力部の左下にある13 ㎜のネジを取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、電源入力部の左下にある13 ㎜のネジを取り外します。
    • T9トルクスドライバーを使用して、電源入力部の左下にある13 ㎜のネジを取り外します。

  2. 精密ピンセットを使用して、本体の反対側にあるネジタブを剥がします。 T9トルクスドライバーを使用して、タブの下に隠れていた13 ㎜のネジを取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、タブの下に隠れていた13 ㎜のネジを取り外します。
    • 精密ピンセットを使用して、本体の反対側にあるネジタブを剥がします。

    • T9トルクスドライバーを使用して、タブの下に隠れていた13 ㎜のネジを取り外します。

  3. Xboxの前面(電源ボタンがある側)を手前に向けます。 ケースを手前にスライドさせて、ケースの上部を取り外します。 ケースを手前にスライドさせて、ケースの上部を取り外します。
    • Xboxの前面(電源ボタンがある側)を手前に向けます。

    • ケースを手前にスライドさせて、ケースの上部を取り外します。

  4. T9トルクスドライバーを使用して、回路基板/パネルを内部の金属ケース側面に固定している、銀色の15 ㎜ネジ2本をを取り外します。 同じドライバーを使用して、同じ回路基板/パネルの右にある黒い9 ㎜のネジを取り外します。 同じドライバーを使用して、同じ回路基板/パネルの右にある黒い9 ㎜のネジを取り外します。
    • T9トルクスドライバーを使用して、回路基板/パネルを内部の金属ケース側面に固定している、銀色の15 ㎜ネジ2本をを取り外します。

    • 同じドライバーを使用して、同じ回路基板/パネルの右にある黒い9 ㎜のネジを取り外します。

  5. デバイスの側面から、ネジを取り外したパネルを手前に引っ張って取り外します。 コネクタは損傷しやすいため、慎重に取り扱ってください。
    • デバイスの側面から、ネジを取り外したパネルを手前に引っ張って取り外します。

    • コネクタは損傷しやすいため、慎重に取り扱ってください。

  6. T9トルクスドライバーを使用して、もう一方のサイドパネルを固定している、金色の13.5 ㎜ネジ3本を取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、もう一方のサイドパネルを固定している、金色の13.5 ㎜ネジ3本を取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、もう一方のサイドパネルを固定している、金色の13.5 ㎜ネジ3本を取り外します。
    • T9トルクスドライバーを使用して、もう一方のサイドパネルを固定している、金色の13.5 ㎜ネジ3本を取り外します。

  7. パネルを手前に引っ張って取り外します。 まだパネルは、損傷しやすい白いコネクタでXboxに接続されています。
    • パネルを手前に引っ張って取り外します。

    • まだパネルは、損傷しやすい白いコネクタでXboxに接続されています。

  8. 精密ピンセットを使用して、白いコネクタを外れたパネルから取り外します。 コネクタは損傷しやすいため、無理に引っ張らないでください。必ず細かく動かしながら取り外してください。
    • 精密ピンセットを使用して、白いコネクタを外れたパネルから取り外します。

    • コネクタは損傷しやすいため、無理に引っ張らないでください。必ず細かく動かしながら取り外してください。

  9. デバイス上部の隅(白いコネクタのすぐ上)に、楕円形のプレートが2本のネジで固定されています。 この2本の7 ㎜ネジを、T9ドライバーで取り外します。 取り外したプレートを、側面に向かって持ち上げます。
    • デバイス上部の隅(白いコネクタのすぐ上)に、楕円形のプレートが2本のネジで固定されています。

    • この2本の7 ㎜ネジを、T9ドライバーで取り外します。

    • 取り外したプレートを、側面に向かって持ち上げます。

    • まだプレートはデバイスに接続されています。

  10. T9トルクスドライバーを使用して、底面をアウターケースに取り付けている、47 ㎜の長軸ネジ6本を取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、底面をアウターケースに取り付けている、47 ㎜の長軸ネジ6本を取り外します。
    • T9トルクスドライバーを使用して、底面をアウターケースに取り付けている、47 ㎜の長軸ネジ6本を取り外します。

  11. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  12. Xboxを裏返して、ケースの底部を上に向けます。 ケースの底部を持ち上げ、手前に引っ張ってXboxから分離します。 ケースの底部を持ち上げ、手前に引っ張ってXboxから分離します。
    • Xboxを裏返して、ケースの底部を上に向けます。

    • ケースの底部を持ち上げ、手前に引っ張ってXboxから分離します。

  13. デバイスをもう一度裏返して、上部を上に向けます。
    • デバイスをもう一度裏返して、上部を上に向けます。

    • トルクス T9ドライバーを使用して、金属ケースに残っている小さい11 ㎜ネジ11本を取り外します。

  14. デバイスをまた裏返して、底部を上に向けます。 トルクス T9ドライバーをしようして、金属ケースの反対側にある2本のネジを取り外します。1本はファンの通風孔付近、もう1本は電源通風孔の付近にあります。
    • デバイスをまた裏返して、底部を上に向けます。

    • トルクス T9ドライバーをしようして、金属ケースの反対側にある2本のネジを取り外します。1本はファンの通風孔付近、もう1本は電源通風孔の付近にあります。

    • 左のネジは11 ㎜、右のネジは7.5 ㎜です。

  15. 金属ケースを引っ張って取り外すと、デバイスの内部部品が現れます。 金属ケースを引っ張って取り外すと、デバイスの内部部品が現れます。 金属ケースを引っ張って取り外すと、デバイスの内部部品が現れます。
    • 金属ケースを引っ張って取り外すと、デバイスの内部部品が現れます。

  16. BDドライブを持ち上げると、ドライブをマザーボードに接続しているワイヤが現れます。 BDドライブを持ち上げると、ドライブをマザーボードに接続しているワイヤが現れます。 BDドライブを持ち上げると、ドライブをマザーボードに接続しているワイヤが現れます。
    • BDドライブを持ち上げると、ドライブをマザーボードに接続しているワイヤが現れます。

  17. ドライブをマザーボードに接続している2つのワイヤを、指で慎重に抜き取ります。 これでBDドライブをデバイスから完全に分離できたため、ドライブを脇に置きます。 これでBDドライブをデバイスから完全に分離できたため、ドライブを脇に置きます。
    • ドライブをマザーボードに接続している2つのワイヤを、指で慎重に抜き取ります。

    • これでBDドライブをデバイスから完全に分離できたため、ドライブを脇に置きます。

  18. ハードドライブの右側にある2つのコネクタヘッドを取り外します。 コネクタに力をかけ過ぎないでください。必要に応じて、細かく動かしながら取り外してください。 コネクタに力をかけ過ぎないでください。必要に応じて、細かく動かしながら取り外してください。
    • ハードドライブの右側にある2つのコネクタヘッドを取り外します。

    • コネクタに力をかけ過ぎないでください。必要に応じて、細かく動かしながら取り外してください。

  19. Seagate製ハードドライブを持ち上げて、ケースから取り外します。 Seagate製ハードドライブを持ち上げて、ケースから取り外します。 Seagate製ハードドライブを持ち上げて、ケースから取り外します。
    • Seagate製ハードドライブを持ち上げて、ケースから取り外します。

  20. プラスチック製ワイヤコネクタをマザーボードから取り外します。 プラスチック製ワイヤコネクタをマザーボードから取り外します。
    • プラスチック製ワイヤコネクタをマザーボードから取り外します。

  21. クッションテープを、冷却システムから慎重に剥がします。 剥がしたテープは、接着剤の接着力がなくなっていることがあります。
    • クッションテープを、冷却システムから慎重に剥がします。

    • 剥がしたテープは、接着剤の接着力がなくなっていることがあります。

  22. コードがまだ接続された状態で、電源を持ち上げてマザーボードから取り外します。 コードが冷却システムの上に重ならないように、電源をケースの外側に置きます。
    • コードがまだ接続された状態で、電源を持ち上げてマザーボードから取り外します。

    • コードが冷却システムの上に重ならないように、電源をケースの外側に置きます。

  23. 冷却システムを垂直に持ち上げて、マザーボードから取り外します。 冷却システムを垂直に持ち上げて、マザーボードから取り外します。
    • 冷却システムを垂直に持ち上げて、マザーボードから取り外します。

  24. コードにつながっている金属ピースを持ち上げて、ケースから取り外します。 コードにつながっている金属ピースを持ち上げて、ケースから取り外します。 コードにつながっている金属ピースを持ち上げて、ケースから取り外します。
    • コードにつながっている金属ピースを持ち上げて、ケースから取り外します。

  25. デバイスを裏返して、金属ケースの底部を上に向けます。 デバイスを裏返して、金属ケースの底部を上に向けます。
    • デバイスを裏返して、金属ケースの底部を上に向けます。

  26. T9トルクスドライバーを使用して、ヒートシンクを金属製のアウターケースに固定している、4本の9 ㎜ネジを取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、ヒートシンクを金属製のアウターケースに固定している、4本の9 ㎜ネジを取り外します。 T9トルクスドライバーを使用して、ヒートシンクを金属製のアウターケースに固定している、4本の9 ㎜ネジを取り外します。
    • T9トルクスドライバーを使用して、ヒートシンクを金属製のアウターケースに固定している、4本の9 ㎜ネジを取り外します。

  27. もう一度デバイスを裏返して、金属ケースの底部を下に向けます。 マザーボードを垂直に持ち上げて、ケースから取り外します。 マザーボードを垂直に持ち上げて、ケースから取り外します。
    • もう一度デバイスを裏返して、金属ケースの底部を下に向けます。

    • マザーボードを垂直に持ち上げて、ケースから取り外します。

  28. マザーボードを裏返します。 プラスチック製開口ツールを使用して、X字型の金属ピースの隅をこじ上げて、すべての隅をマザーボードから外します。 それぞれの隅をこじ上げる際は、マザーボードを損傷しないように、必ず慎重に行ってください。
    • マザーボードを裏返します。

    • プラスチック製開口ツールを使用して、X字型の金属ピースの隅をこじ上げて、すべての隅をマザーボードから外します。

    • それぞれの隅をこじ上げる際は、マザーボードを損傷しないように、必ず慎重に行ってください。

    • こじ開け用ではないドライバーなどの金属製工具を使用することはお勧めしません。開口ツールまたはスパッジャーを使用してください。

  29. ヒートシンクを持ち上げて、マザーボードから取り外します。 ヒートシンクを持ち上げて、マザーボードから取り外します。
    • ヒートシンクを持ち上げて、マザーボードから取り外します。

終わりに

元通りに組み立てるには、これらの手順を逆に実行してください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Ashley Masuda

メンバー登録日: 2018年01月24日

1,523 ポイント

7のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team S2-G6, Livingston Winter 2018 Cal Poly, Team S2-G6, Livingston Winter 2018人のメンバー

CPSU-LIVINGSTON-W18S2G6

4 メンバー

26のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 12

過去 7 日: 81

過去 30 日: 269

今までの合計 2,613