メインコンテンツにスキップ

ビデオの概要

はじめに

このXbox One S All Digital Editionの分解ビデオを、日本語字幕付きでご覧いただくことができます。YouTubeアカウントにログインして、画面右下の“設定“から“字幕“をクリックし、日本語字幕を選択してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのXbox One S All Digital Editionを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

    最終案
    • コンソール全体を分解するには、ツールが数本あればできます。
    • 内部に進むと、全て理想的なモジュールデザインす。ハードドライブ、ファン、ヒートシンク、PSU、ワイヤレスボードや正面側ドーターボードの交換が簡単です。
    • オリジナルのXbox Oneと比べて、本体パネルの重なり合う部分が少なく、シンプルな固定クリップの配列は、この新モデルXboxの開口作業をより簡単になりました。
    • ハードドライブを交換して、実際に使えるようにするには、難易度の高い技術が必要です。
    修理難易度スコア
    8
    10点満点中8点の修理難易度
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

コメント1件

This is my first time here after a friend recommended your site to me. I have fallen in love already. Great work. I have learned a lot so far

Patrick - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 43

過去 7 日: 234

過去 30 日: 1,064

今までの合計 5,825