はじめに

このガイドでは適切に機能しないイヤスピーカーを交換するための必須手順を取り扱っています。

  1. ヘアドライヤーをミディアムにします。 ゆっくりとヘアドライヤーをデバイスの裏側の合わせ目に沿って当てながら動かします。ドライヤーはケースから約5cmほど離してください。 デバイスの裏側に付けられた圧着剤を柔らかくするため、約1分間しっかりとドライヤーを全体に当てます。
    • ヘアドライヤーをミディアムにします。

    • ゆっくりとヘアドライヤーをデバイスの裏側の合わせ目に沿って当てながら動かします。ドライヤーはケースから約5cmほど離してください。

    • デバイスの裏側に付けられた圧着剤を柔らかくするため、約1分間しっかりとドライヤーを全体に当てます。

  2. 圧着剤が柔らかくなったら、吸盤カップをデバイスの裏側の中央に当てて、ゆっくりと上に向けて引っ張ります。
    • 圧着剤が柔らかくなったら、吸盤カップをデバイスの裏側の中央に当てて、ゆっくりと上に向けて引っ張ります。

    • 小さい隙間を作るためゆっくりと引き上げます。

  3. バックカバーの下に小さな隙間が空いたら、プラスチック製の開口ツールを使ってこの隙間に差し込みます。 圧着剤を緩めるため、隙間に沿ってツールをスライドします。
    • バックカバーの下に小さな隙間が空いたら、プラスチック製の開口ツールを使ってこの隙間に差し込みます。

    • 圧着剤を緩めるため、隙間に沿ってツールをスライドします。

  4. ご注意:強く引いたり、急に吸盤カップを引いてデバイスの裏側を折らないようにご注意ください。
    • ご注意:強く引いたり、急に吸盤カップを引いてデバイスの裏側を折らないようにご注意ください。

    • 圧着剤が均等に柔らかくなったら、吸盤カップをゆっくりと引いてデバイスの裏側パネルから取り出します。

    • 修理作業後、残りの圧着剤は再利用できるぐらいしっかりと粘着するはずです。しかし、一旦デバイスを開口すると耐水性機能は保てませんのでご注意ください。

  5. バックパネルが取り出せました。バッテリーを確認できます。これからバッテリーとバッテリーに接続しているコンポーネントにアクセスします。 プラスチック製開口ツールを使って、丁寧に基板からコネクターの接続を外します。 指先を使って、デバイスから圧着剤の残りを剥がします。
    • バックパネルが取り出せました。バッテリーを確認できます。これからバッテリーとバッテリーに接続しているコンポーネントにアクセスします。

    • プラスチック製開口ツールを使って、丁寧に基板からコネクターの接続を外します。

    • 指先を使って、デバイスから圧着剤の残りを剥がします。

  6. プラスチック製の開口ツールを使って、バッテリーの下部から白色の圧着剤テープを丁寧に剥がします。 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、バッテリーの下部から白色の圧着剤テープを丁寧に剥がします。

    • 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。

  7. Free shipping on all orders over $100.00 or containing a Pro Tech Toolkit!

    当社のショップを閲覧する

    今まで、何かを修理したことがありますか?ジーニアスです。

    あなたのリペアストーリーを#ImAGenius でシェアしてください。

    私たちは皆んな、ジーニアスです。

    あなたのリペアストーリーを#ImAGenius でシェアしてください。

  8. スパッジャーをしっかりとバッテリーの右側に差し込んで、バッテリーとケースの間の圧着剤を緩めながらスライドします。 フレックスケーブルはバッテリー下でデバイス本体に対して垂直に搭載されています。そのため、作業中、簡単にダメージを与えてしまいます。指示されたエリアでのみスパッジャーをスライドしてください。 スパッジャーをバッテリー下部の中央に差し込んで圧着剤を緩めます。スパッジャーを丁寧にバッテリーの下に垂直に差し込んでこじ開けます。圧着剤は強力に付けられているため、この作業には時間がかかります。
    • スパッジャーをしっかりとバッテリーの右側に差し込んで、バッテリーとケースの間の圧着剤を緩めながらスライドします。

    • フレックスケーブルはバッテリー下でデバイス本体に対して垂直に搭載されています。そのため、作業中、簡単にダメージを与えてしまいます。指示されたエリアでのみスパッジャーをスライドしてください。

    • スパッジャーをバッテリー下部の中央に差し込んで圧着剤を緩めます。スパッジャーを丁寧にバッテリーの下に垂直に差し込んでこじ開けます。圧着剤は強力に付けられているため、この作業には時間がかかります。

  9. #000ドライバーを使って、3 mmネジを1本外します。ネジは基板右側端の上部に留められています。基板はグリーン/シルバーの回路版で電話本体の上部に搭載されています。
    • #000ドライバーを使って、3 mmネジを1本外します。ネジは基板右側端の上部に留められています。基板はグリーン/シルバーの回路版で電話本体の上部に搭載されています。

  10. プラスチックの開口ツールを使って、しっかりとプラスチックの筐体上部と底からしっかりと持ち上げます。筐体は黒色で電話本体の上部右側端にあります。 電話本体上部の右側にある充電カバーを外します。この作業をすると筐体のパーツをスムーズに取り出せます。 黒色の筐体を電話本体から取り出すのは少し難しい作業です。こじ開け作業を続けて筐体を引き上げてください。
    • プラスチックの開口ツールを使って、しっかりとプラスチックの筐体上部と底からしっかりと持ち上げます。筐体は黒色で電話本体の上部右側端にあります。

    • 電話本体上部の右側にある充電カバーを外します。この作業をすると筐体のパーツをスムーズに取り出せます。

    • 黒色の筐体を電話本体から取り出すのは少し難しい作業です。こじ開け作業を続けて筐体を引き上げてください。

  11. コッパー(銅)テープを全て外さないでください。マザーボードのシルバーの部分に留められた箇所のみ外します。 電話の上部中央に留められたコッパーテープをプラスチックの開口ツールを使って外します。接着力が強いため、少し力が必要です。 続いて、プラスチックの開口ツールを使って、コネクターを持ち上げて接続を外します。コネクターはコッパーテープに留められたままにします。
    • コッパー(銅)テープを全て外さないでください。マザーボードのシルバーの部分に留められた箇所のみ外します。

    • 電話の上部中央に留められたコッパーテープをプラスチックの開口ツールを使って外します。接着力が強いため、少し力が必要です。

    • 続いて、プラスチックの開口ツールを使って、コネクターを持ち上げて接続を外します。コネクターはコッパーテープに留められたままにします。

    • コッパーテープとコネクターをゆっくりと上向きに引っ張り、バックカメラを取り出します。簡単に取り出せるはずです。

  12. プラスチックの開口ツールを使って、丁寧に赤色のテープをマザーボードから外します。このコネクターは電話の上部右端に付いています。 指を使って、丁寧にコネクターをフロントカメラから外して取り出します。フロントカメラの部品は簡単に外せます。
    • プラスチックの開口ツールを使って、丁寧に赤色のテープをマザーボードから外します。このコネクターは電話の上部右端に付いています。

    • 指を使って、丁寧にコネクターをフロントカメラから外して取り出します。フロントカメラの部品は簡単に外せます。

  13. Xperia Z SIMのSIMカードは電源ボタン上のラベルなしスロットの中にあります。 丁寧にスロットを左側に押してカバーを開けます。
    • Xperia Z SIMのSIMカードは電源ボタン上のラベルなしスロットの中にあります。

    • 丁寧にスロットを左側に押してカバーを開けます。

    • このガイド中にスロットが取り出した後のバックカバーの画像があります。SIMカードのみを取り出す場合はケース自体を取り出す必要はありません。

  14. SIMカードへのダメージを防ぐため、取り外す際は取り扱いにご注意ください。 SIMカードとSIMカードトレイを電話本体からゆっくりと引き出します。 SIMカードとSIMカードトレイを電話本体からゆっくりと引き出します。
    • SIMカードへのダメージを防ぐため、取り外す際は取り扱いにご注意ください。

    • SIMカードとSIMカードトレイを電話本体からゆっくりと引き出します。

  15. 基板の左側中央と右側下部に留められた3mm #000プラスネジを2本外します。
    • 基板の左側中央と右側下部に留められた3mm #000プラスネジを2本外します。

  16. 丁寧に基板から3本のフレックスケーブルの接続を外してください。これらケーブルは基板の右側下部と左側下部、それと左側上部にあります。 基板からフレックスケーブルのフラップを上げたままケーブルから離してください。ケーブルを裂かないようにご注意ください。 基板からフレックスケーブルのフラップを上げたままケーブルから離してください。ケーブルを裂かないようにご注意ください。
    • 丁寧に基板から3本のフレックスケーブルの接続を外してください。これらケーブルは基板の右側下部と左側下部、それと左側上部にあります。

    • 基板からフレックスケーブルのフラップを上げたままケーブルから離してください。ケーブルを裂かないようにご注意ください。

  17. プラスチックの開口ツールを使って、基板の右側下部にあるアンテナの接続を外します。 アンテナを基板から引き上げて、離したままにします。
    • プラスチックの開口ツールを使って、基板の右側下部にあるアンテナの接続を外します。

    • アンテナを基板から引き上げて、離したままにします。

  18. プラスチックの開口ツールを使って、基板を電話ケースからしっかりと持ち上げます。バックカメラが以前搭載されていた基板の右側から取り出してください。 基板上のシルバーのパーツがあるセクションが、緑のベースボードの端にくるようにしっかりと押し上げてください。 電話本体に固定するため、多量の圧着剤が基板に付けられています。そのため、基板の取り外しにはかなりの力が必要です。
    • プラスチックの開口ツールを使って、基板を電話ケースからしっかりと持ち上げます。バックカメラが以前搭載されていた基板の右側から取り出してください。

    • 基板上のシルバーのパーツがあるセクションが、緑のベースボードの端にくるようにしっかりと押し上げてください。

    • 電話本体に固定するため、多量の圧着剤が基板に付けられています。そのため、基板の取り外しにはかなりの力が必要です。

  19. イヤスピーカーに留められた接着剤の下にツールを差し込んで、ゆっくりとイヤスピーカーを押し上げます。 イヤスピーカーに留められた接着剤の下にツールを差し込んで、ゆっくりとイヤスピーカーを押し上げます。 イヤスピーカーに留められた接着剤の下にツールを差し込んで、ゆっくりとイヤスピーカーを押し上げます。
    • イヤスピーカーに留められた接着剤の下にツールを差し込んで、ゆっくりとイヤスピーカーを押し上げます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

12 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Mollie

メンバー登録日: 2014年01月29日

1,843 ポイント

3のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 2-7, Amido Winter 2014 Cal Poly, Team 2-7, Amido Winter 2014人のメンバー

CPSU-AMIDO-W14S2G7

4 メンバー

25のガイドは作成済み

No need to remove battery for this only unplug !!!

Because the side button flex clable is easy damage

cars1dA - 返信

@cagnes06, when you say "the display is no longer working" do you mean the screen stopped working completely? Or do you mean that while you are making calls the display no longer works? Thank you for taking the time to read and reply.

Ethan Deffenbaugh - 返信

Hi, I fixed the hear speaker without removing the battery or the rear facing camera (to retain the integrity of the copper strip) The camera just slides out of its housing when you lift out the motherboard. The other connectors just need folding back out of the way. Doing it minus all the other steps reduced the time significantly. I had everything pulled apart as necessary in about 5 minutes.

I fixed the speaker by pulling up the prongs that connect to the motherboard. My guess is that one of them was a little low, which affected the connection. Putting back together again was another 4 minutes or so, for a total of about 10 minutes. Hope that helps others avoid damaging the rear facing camera and bits under the battery.

andrew degozaru - 返信

Would it be possible to list steps that you performed (or alternatively - steps you skipped) ?

mushkevych -

thanks for the comment. as you mentioned folding the ribbons was sufficient. no need of removing the battery and copper ribbon for camera. thanks!

Mubeen Asim -

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 19

過去 30 日: 84

今までの合計 31,934