メインコンテンツにスキップ

はじめに

振動モーターはお持ちのSony Xperia Zの下部1/4の辺りに搭載されています。これにアクセスするには、電話本体の裏側を開けなければなりません。このガイドはお持ちのデバイスが再び振動でバイブレーションするために必要な手順です。

  1. ヘアドライヤーをミディアムにします。 ゆっくりとヘアドライヤーをデバイスの裏側の合わせ目に沿って当てながら動かします。ドライヤーはケースから約5cmほど離してください。 デバイスの裏側に付けられた圧着剤を柔らかくするため、約1分間しっかりとドライヤーを全体に当てます。
    • ヘアドライヤーをミディアムにします。

    • ゆっくりとヘアドライヤーをデバイスの裏側の合わせ目に沿って当てながら動かします。ドライヤーはケースから約5cmほど離してください。

    • デバイスの裏側に付けられた圧着剤を柔らかくするため、約1分間しっかりとドライヤーを全体に当てます。

  2. 圧着剤が柔らかくなったら、吸盤カップをデバイスの裏側の中央に当てて、ゆっくりと上に向けて引っ張ります。
    • 圧着剤が柔らかくなったら、吸盤カップをデバイスの裏側の中央に当てて、ゆっくりと上に向けて引っ張ります。

    • 小さい隙間を作るためゆっくりと引き上げます。

  3. バックカバーの下に小さな隙間が空いたら、プラスチック製の開口ツールを使ってこの隙間に差し込みます。 圧着剤を緩めるため、隙間に沿ってツールをスライドします。
    • バックカバーの下に小さな隙間が空いたら、プラスチック製の開口ツールを使ってこの隙間に差し込みます。

    • 圧着剤を緩めるため、隙間に沿ってツールをスライドします。

  4. ご注意:強く引いたり、急に吸盤カップを引いてデバイスの裏側を折らないようにご注意ください。
    • ご注意:強く引いたり、急に吸盤カップを引いてデバイスの裏側を折らないようにご注意ください。

    • 圧着剤が均等に柔らかくなったら、吸盤カップをゆっくりと引いてデバイスの裏側パネルから取り出します。

    • 修理作業後、残りの圧着剤は再利用できるぐらいしっかりと粘着するはずです。しかし、一旦デバイスを開口すると耐水性機能は保てませんのでご注意ください。

  5. バックパネルが取り出せました。バッテリーを確認できます。これからバッテリーとバッテリーに接続しているコンポーネントにアクセスします。 プラスチック製開口ツールを使って、丁寧に基板からコネクターの接続を外します。 指先を使って、デバイスから圧着剤の残りを剥がします。
    • バックパネルが取り出せました。バッテリーを確認できます。これからバッテリーとバッテリーに接続しているコンポーネントにアクセスします。

    • プラスチック製開口ツールを使って、丁寧に基板からコネクターの接続を外します。

    • 指先を使って、デバイスから圧着剤の残りを剥がします。

  6. プラスチック製の開口ツールを使って、バッテリーの下部から白色の圧着剤テープを丁寧に剥がします。 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、バッテリーの下部から白色の圧着剤テープを丁寧に剥がします。

    • 次は指先で圧着剤テープの残留を剥がします。

  7. スパッジャーをしっかりとバッテリーの右側に差し込んで、バッテリーとケースの間の圧着剤を緩めながらスライドします。 フレックスケーブルはバッテリー下でデバイス本体に対して垂直に搭載されています。そのため、作業中、簡単にダメージを与えてしまいます。指示されたエリアでのみスパッジャーをスライドしてください。 スパッジャーをバッテリー下部の中央に差し込んで圧着剤を緩めます。スパッジャーを丁寧にバッテリーの下に垂直に差し込んでこじ開けます。圧着剤は強力に付けられているため、この作業には時間がかかります。
    • スパッジャーをしっかりとバッテリーの右側に差し込んで、バッテリーとケースの間の圧着剤を緩めながらスライドします。

    • フレックスケーブルはバッテリー下でデバイス本体に対して垂直に搭載されています。そのため、作業中、簡単にダメージを与えてしまいます。指示されたエリアでのみスパッジャーをスライドしてください。

    • スパッジャーをバッテリー下部の中央に差し込んで圧着剤を緩めます。スパッジャーを丁寧にバッテリーの下に垂直に差し込んでこじ開けます。圧着剤は強力に付けられているため、この作業には時間がかかります。

  8. グレーのスペーサーがデバイスの右側下の端、振動モーターの隣に付けられています。 スパッジャーを使って、グレーのスペーサーの右側から丁寧に取り出します。 スパッジャーを使って、グレーのスペーサーの右側から丁寧に取り出します。
    • グレーのスペーサーがデバイスの右側下の端、振動モーターの隣に付けられています。

    • スパッジャーを使って、グレーのスペーサーの右側から丁寧に取り出します。

  9. スパッジャーを使って、振動モーターのフラックスケーブルを丁寧に押し出して接続を外します。 スパッジャーを使って、振動モーターのフラックスケーブルを丁寧に押し出して接続を外します。
    • スパッジャーを使って、振動モーターのフラックスケーブルを丁寧に押し出して接続を外します。

  10. 振動モーターの隣の3 mmネジを1本、#000 プラスネジドライバーを使って外します。
    • 振動モーターの隣の3 mmネジを1本、#000 プラスネジドライバーを使って外します。

  11. スパッジャーを使ってプラスチック製の振動モーターとスピーカーの筐体をしっかりと強く持ち上げます。 完全にプラスチック製の筐体を取り外さないようにご注意ください。アンテナの回路ボードが基板と接続しているため、引っ張るとアンテナにダメージを与えてしまいます。
    • スパッジャーを使ってプラスチック製の振動モーターとスピーカーの筐体をしっかりと強く持ち上げます。

    • 完全にプラスチック製の筐体を取り外さないようにご注意ください。アンテナの回路ボードが基板と接続しているため、引っ張るとアンテナにダメージを与えてしまいます。

    • 左側の筐体から作業を始めて、右側に移動しながら接着剤とプラスチックユニットを固定しているクリップを外してください。

  12. プラスチック製の筐体がデバイス本体から取り出せたら、裏返してアンテナ回路ボードを表にします。 プラスチックの開口ツールを使ってアンテナ回路ボードをプラスチックの筐体から取り出します。このコンポーネントはプラスチックのクリップで固定されており、接着剤は使用されていません。 開口ツールを2番目の画像中のクリップに軽く押し当ててこじ開けます。アンテナボードが外れます。
    • プラスチック製の筐体がデバイス本体から取り出せたら、裏返してアンテナ回路ボードを表にします。

    • プラスチックの開口ツールを使ってアンテナ回路ボードをプラスチックの筐体から取り出します。このコンポーネントはプラスチックのクリップで固定されており、接着剤は使用されていません。

    • 開口ツールを2番目の画像中のクリップに軽く押し当ててこじ開けます。アンテナボードが外れます。

  13. これで小さなラウンド型のメタリック製パーツの振動モーターにアクセスできます。 振動モーターが表になるようにプラスチック製筐体を裏返してください。先鋭なスパッジャーを使って、ゆっくりと筐体からモーターを緩めて外していきます。 振動モーターが表になるようにプラスチック製筐体を裏返してください。先鋭なスパッジャーを使って、ゆっくりと筐体からモーターを緩めて外していきます。
    • これで小さなラウンド型のメタリック製パーツの振動モーターにアクセスできます。

    • 振動モーターが表になるようにプラスチック製筐体を裏返してください。先鋭なスパッジャーを使って、ゆっくりと筐体からモーターを緩めて外していきます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

7 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Larsson Johnson

メンバー登録日: 2014年02月03日

2,291 ポイント

2のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 2-7, Amido Winter 2014 Cal Poly, Team 2-7, Amido Winter 2014人のメンバー

CPSU-AMIDO-W14S2G7

4 メンバー

25のガイドは作成済み

コメント1件

Thank you, good work.

Ralf - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 3

過去 30 日: 43

今までの合計 23,306