はじめに

”ネジの右回しは締める、左回しは緩める”という原則をご存知でしょうが、さらに幾つかある正しいドライバーの使用方法について学ぶことができます。

このガイドを発見するのが少し遅かった場合は 潰れたネジ頭の外し方ガイドをご覧ください。

    • ネジ頭の形状によって、ドライバーの種類も異なってきます。フィリップス(プラスネジ)やJIS規格、ポジドライブ、トルクス、トライウイングやシンプルなマイナスネジなど、ネジに対応した正しいドライバーを使用しましょう。

    • プラスネジに対してマイナスドライバーというような”形が大体似ている”ドライバーを使ってしまうと、スリップしてしまい、トラブルの原因となってしまいます。

    • ということは?ドライバーを何本も揃えないといけないということでしょうか?まずはドライバートップを交換できるビットセットを使ってみましょう。電化製品の修理ならば64Bit Kitが最適で、大型の電化製品の修理にはUniversal Bit Kitが便利です。

    コメントを追加する

  1. 正しいサイズの選び方はネジ頭を”覆っている”ものです。ソケットの深さと幅どちらも十分に詰まっています。
    • 正しいサイズの選び方はネジ頭を”覆っている”ものです。ソケットの深さと幅どちらも十分に詰まっています。

      • 初心者に共通する失敗が小さすぎるドライバーを使ってしまうことです。小さいサイズのドライバーを使用するとスリップしてしまい、ネジ頭にダメージを与えてしまいます。最後にはネジを回すことができなくなります。これは潰れたネジと言われています。

      • オーバーサイズのドライバーはネジに対して先端のみしか装着できません。

    • 正しいサイズのドライバーを選んでいるか迷うときは、作業前に1サイズ大きいドライバーと1サイズ小さいものを装着してみて、フィット感を確認してください。

    • 通常は大きめのサイズのドライバー使用する方が、ネジに装着しやすいです。

    コメントを追加する

    • ドライバーを使いやすい状態に保つためには、指示された方法で使用することです。

    • ドライバーを開口用ツールやのみのように使用しないでください。

      • ドライバーを使ってこじ開けると、曲がったり、先端が欠けてしまいます。するとネジを外す作業に対応できなくなります。

      • ドライバーをのみとして使用すると、先端の形状が変化します。このようなダメージの入ったドライバーはネジ頭にフィットせず、結果としてネジ頭が潰れてしまいます。

    • ネジ頭が潰れないようにするには、良い状態のドライバーのみ使用してください。

    コメントを追加する

    • ネジに接合する部分に向けて、下向きの圧力で使用してください。

      • しっかりとドライバーを握らなかったり、下向きの圧力が足りないと、ネジを回す代わりにネジからスリップしてしまいます。

    コメントを追加する

    • ドライバーをネジに対して垂直に保ってください。ドライバーとネジは一直線の状態にします。

    • ドライバーを垂直に保たなければ、ドライバーとネジ頭の間に隙間が生じてしまい、スリップによるダメージをネジに与えてしまいます。

    • 時々、ネジ自体が表面に対してアングル入りで装着されていることがあります。ドライバーを表面ではなく、ネジに対して正しい角度で取り付けてください。

    コメントを追加する

    • 最後にネジを締める際には正しいトルクに合わせてください。適切に締められたネジはしっかりと固定されていますが、若干緩みがあると、ドライバーがスリップします。

      • これは感覚の問題です。何度も練習すればドライバー技術は向上します。

    • 小さなネジはあまりトルクは要りません。ネジを締め付けすぎるとダメージを与えてしまいます。

    • 携帯電話やタブレットに使用されている極小ネジはほぼ締める力は必要ありません。抵抗をドライバーに感じたら、1/4ほどさらに回して終えてください。

    コメントを追加する

ゴール

152 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! 貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jeff Suovanen

メンバー登録日: 2013年08月06日

190,380 ポイント

163のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

114 メンバー

7,024のガイドは作成済み

Regardless of whether you are a technician or a DIYer I strongly recommend that you buy the best quality screwdriver possible. Quality screwdrivers will last a lifetime or longer. Poor quality screwdrivers will quickly wear out making them useless and will damage the screws.

Quality brands - in no particular order and what I can recall at present - include PB Swiss, CK, Wera, and Snapon.

Alan Liefting - 返信

Excellent tutorial, Jeff! Thanks for creating this. I’m a 60 year old grandmother, and a widow…finding myself taking on repair projects these days that I never thought I’d ever be doing. But I enjoy tinkering and fixing things, or trying to make something “work better”. So it never hurts to review the basics….some of us missed some details the first time around. Thanks again :-)

jmcglothren - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 5

過去 7 日: 42

過去 30 日: 245

今までの合計 9,084