メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

Samsung Galaxy S8のNFCアンテナと充電コイルを交換するにはこのガイドをご利用ください。

このガイドはリアガラスカバーを取り外し、デバイスの裏側カバーの圧着剤を交換して再装着しなければなりません。

デバイスを再組み立てする前に、バッテリー残量を25%以下まで消費します。アクシデントでバッテリーに穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。そのためバッテリーの残量が少なければ、危険性が低くなります。

  1. 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。 iOpenerを電子レンジ中央に置きます。
    • 電子レンジに付着している汚れがiOpenerに付いてしまうことがあるので、使用前に電子レンジの底をきれいに拭き取ってください。

    • iOpenerを電子レンジ中央に置きます。

    • 回転型の電子レンジ:iOpenerが電子レンジのターンテーブルで回転しているか確認してください。iOpenerが作動中に留まってしまうと、熱しすぎや焦げてしまいます。

  2. iOpenerを30秒温めます。
    • iOpenerを30秒温めます。

    • 修理作業中はiOpenerが冷めてしまいますので、使用毎に電子レンジに30秒入れて温めてからご利用ください。

    • 作業中、iOpenerを温めすぎないようにご注意ください。温めすぎるとiOpenerを破裂させてしまうことがあります。

    • 膨らんでいる状態のiOpenerは絶対に触らないでください。

    • 適切に温められたiOpenerは約10分間、温かい状態を保ちます。

  3. 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。
    • 電子レンジからiOpenerを取り出します。iOpenerの中央は熱くなっているため、両端の平面になっている部分を持ってください。

    • iOpenerは大変熱くなっていることがあります。必要であれば、オーブン用のミトンカバーをご利用ください。

  4. デバイスを開口すると防水機能を失ってしまいます。作業に進む前に、交換用の接着剤を準備するか、作業終了後、接着剤を交換せずにデバイスを組み立てる場合は、防水機能を失っていることを留意してください。
    • デバイスを開口すると防水機能を失ってしまいます。作業に進む前に、交換用の接着剤を準備するか、作業終了後、接着剤を交換せずにデバイスを組み立てる場合は、防水機能を失っていることを留意してください。

    • S8の長辺側端の上に、温めたiOpenerを約2分間のせます。

    • デバイス本体が温まるまで、複数回にわたりiOpenerを温める作業を繰り返す必要があります。加熱しすぎないために、iOpenerの使用方法に従ってください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、ホットプレートなどでも対応できますが、デバイスをオーバーヒートしないようにご注意ください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーは熱によるダメージに弱い性質があります。

    • 圧着剤が柔らかくなるのを待っている間に、次の手順に目を通して、どこから開口するかヒントを得てください。

  5. 次の手順では、リアガラスパネルのエッジに沿って圧着剤に切り込みを入れていきます。 リアガラスの圧着剤は一番目の画像にあるように装着されています。
    • 次の手順では、リアガラスパネルのエッジに沿って圧着剤に切り込みを入れていきます。

    • リアガラスの圧着剤は一番目の画像にあるように装着されています。

    • デバイスの外部から切り込みをいれていく前に、圧着剤の詳細を念頭においてください。

    • 圧着剤はたっぷりと装着されています。

    • 圧着剤は薄めです。

    • この部分はこじ開けないでください。指紋認証センサーを保護するためです。

  6. バックパネルを触って温まっていれば、カーブ状の端を避けたデバイスの端に近い位置に吸盤カップをしっかりと装着します。 吸盤カップはガラスのカーブした部分には装着できません。
    • バックパネルを触って温まっていれば、カーブ状の端を避けたデバイスの端に近い位置に吸盤カップをしっかりと装着します。

    • 吸盤カップはガラスのカーブした部分には装着できません。

    • デバイスのバックカバーがひび割れている場合、吸盤カップが上手く装着できません。強力なテープで持ち上げてみるか、吸盤カップ上に強力ボンドをつけてから次の作業に移ります。

    • 吸盤カップを引き上げて、ハルベルトスパッジャーもしくは開口ピックをリアガラスの下に差し込みます。

    • カーブ状になったガラスのため、スパッジャーをデバイスに水平状態で挿入するよりも、少し上に押し上げる状態で差し込みます。

  7. ツールがしっかりとガラスの内部に差し込めたら、iOpenerを再度温めて圧着剤をもう一度柔らかくします。
    • ツールがしっかりとガラスの内部に差し込めたら、iOpenerを再度温めて圧着剤をもう一度柔らかくします。

  8. 開口ピックやハルバード型スパッジャーの鋭利な先端をデバイスのサイドに差し込み、圧着剤を切り込みながらスライドします。 ツールが接合部分から飛び出さないように、丁寧にゆっくりとスライドします。切り込みが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて、もう一度デバイス上に載せます。
    • 開口ピックやハルバード型スパッジャーの鋭利な先端をデバイスのサイドに差し込み、圧着剤を切り込みながらスライドします。

    • ツールが接合部分から飛び出さないように、丁寧にゆっくりとスライドします。切り込みが困難になってきたら、iOpenerを再度温めて、もう一度デバイス上に載せます。

  9. 残り3面の接着剤についても、装着箇所を温めて切り込む作業を繰り返します。 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、接着剤が再装着するのを防ぎます。 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、接着剤が再装着するのを防ぎます。
    • 残り3面の接着剤についても、装着箇所を温めて切り込む作業を繰り返します。

    • 次のサイドに作業を移す前に、開口ピックを両側に差し込んだままにして、接着剤が再装着するのを防ぎます。

  10. 指紋認証センサーケーブルがメインカメラ付近のリアガラスとデバイス本体を繋げています。ケーブルは大変短く、リアガラスを取り外す際に接続を外してください。 ガラスを持ち上げたら、内部を覗いてオレンジのケーブルとブルーのコネクターの接続が外れているか確認してください。
    • 指紋認証センサーケーブルがメインカメラ付近のリアガラスとデバイス本体を繋げています。ケーブルは大変短く、リアガラスを取り外す際に接続を外してください。

    • ガラスを持ち上げたら、内部を覗いてオレンジのケーブルとブルーのコネクターの接続が外れているか確認してください。

    • 開口ピックを使って、残りの圧着剤を綺麗に取り除き、デバイス本体を少し開きます。

    • 指紋認証センサーケーブルが引っ掛かったり、突っ張った状態でデバイス本体がこれ以上開かない場合は、次の手順に進む前にスパッジャーの先端でコネクターの接続を外してください。

    • 再組み立ての際は、指紋センサーケーブルに再接続するため、最初に、ケーブルコネクタがソケットに完全に合わさるまで、バックカバーを傾けて位置を調節します。 次に、スパッジャーの平面側先端を使って、コネクターをまっすぐ下に押して、カチッと装着の音が聞こえるまでゆっくりと所定の位置にはめ込みます。

    • 本体からガラスを取り出します。

  11. リアガラスを交換する前に、古い圧着剤をデバイス本体から剥がしてください。
    • リアガラスを交換する前に、古い圧着剤をデバイス本体から剥がしてください。

    • ピンセットを使って、デバイスの筐体に残っている接着剤を取り除きます。 次に、高濃度のイソプロピルアルコール(90%以上)と糸くずの出ないマジックワイプなどで接着面を拭き、新しい接着剤の表面を準備します。

    • 新しいリアガラスの接着剤のシールを剥がし、一辺のガラス端を筐体とぴったりと合わせて筐体内にしっかりと押し込みます。

    • このガイドに従って、古いバックカバーを再装着するか、接着剤なしでバックカバーを取り付けます。

    • 新しい接着剤を装着した後、デバイスを密封する前に、必ず電源を入れて修理の結果をテストしてください。

    • 必要に応じて、接着剤を交換せずにリアカバーを再装着することができます。 リアカバーが水平に閉まらない可能性のある大きな接着剤の塊があれば取り除いてください。 確認が終わったら、リアカバーを温めてし、圧力をかけてしっかりと固定します。 防水性能はありませんが、デバイスを固定するのには十分な強度があります。

    • また、カメラのベゼルを新しいパーツに移植する必要があることがあります。 その場合は、カメラのベゼル交換ガイドに従ってください。

  12. 3.7 mmネジを11本外します。
    • 3.7 mmネジを11本外します。

  13. NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。 NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。
    • NFCアンテナと充電コイルアセンブリを外します。

終わりに

圧着剤を再装着した後は、これらのインストラクションに逆の順番に従ってデバイスを再組み立てします。

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Adam O'Camb

メンバー登録日: 2015年04月11日

100,721 ポイント

293のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

129 メンバー

12,549のガイドは作成済み

5 件のコメント

Can I leave off the charging coil? I don't use the wireless charging..

Stacy Rowe Ruggles - 返信

Hi Stacy, the assembly that includes the wireless charging coil also houses antennas related to NFC and other phone functions. Most things might still work if you left the coil out, but I definitely wouldn’t recommend removing it.

Adam O'Camb -

Hi adam thanks for the guide. It helped a lot. I have a question could you please guide me how to hotwire the charging coil pins. Because as i connect the coil it will cause the black lines in the screen and as i remove it the black lines are gone but the phone wont charge showing the low temperature. As removing the coil somehow disconnects the charging mechanism. Thanks in advance.

Rohan Raj Shrestha - 返信

Hi , my phone battery was going bad and it was overheating and sometimes would turn off when i was using it. know it is saying that the temperature is too low and this is after i changed the battery would removing the NFC antenna and charging coil stop this from happening

Catalina Funes - 返信

where i get repair my Samsung s8 mobile , it showing temperature low , pls send me address

translink01 - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 72

過去 30 日: 299

今までの合計 14,671