メインコンテンツにスキップ

はじめに

バッテリー残量がすぐになくなりますか?1日に何回も充電しなければなりませんか?このガイドは消耗して古くなったバッテリーを交換して新しいものに交換するための手順です。

このガイドはSIMカードを取り外す作業が含まれます。この作業は必ずしも必要ではありませんが、SIMカードを外したほうが修理しやすいためです。

デバイスを解体する前に、バッテリーの残量を25%以下にしてください。充電されたリチウムイオンバッテリーをアクシデントで穴を開けてしまうと、引火して爆発する恐れがあります。

バッテリーが膨大している場合は、 適切な手順に従ってください 絶対にデバイスを温めないでください。接着剤を弱めるために、必要に応じてイソプロピルアルコール(90%以上)をバックカバーの裏にスポイトで注入してください。膨大したバッテリーは大変危険です。保護メガネを装着し、特に注意を払って作業を進めてください。もしくはプロの修理専門家に相談してください。

ビデオの概要

  1. 電話本体を開口するということは防水用シールを破棄するということです。この作業を始める前に、交換用の接着剤を準備してください。
    • 電話本体を開口するということは防水用シールを破棄するということです。この作業を始める前に、交換用の接着剤を準備してください。

    • 温めたiOpenerをデバイス長辺側の端に沿って約2分間載せます。

    • デバイスを十分に温めるにはiOpenerを複数回に渡って温め、載せる作業を繰り返さなければなりません。iOpenerの使用方法に従って、オーバーヒートにご注意ください。

    • ヘアードライヤやヒートガンも使用もできますが、デバイスを温めすぎないでくださいーOLEDディスプレイと内蔵されたバッテリーはどちらも熱によるダメージを受けやすい性質があります。

  2. バックパネルを触って十分に温まっていたら、吸盤カップをデバイスの端付近に取り付けます。カーブの入った端の上には装着しないでください。 吸盤カップはガラスパネルのカーブが入った部分には適しません。 デバイスのバックカバーにひび割れが入っている場合は、吸盤カップが装着できません。強力なテープやスーパーボンドで吸盤カップを固定してからカップを持ち上げます。これで上手くいけば、次の手順に進んでください。
    • バックパネルを触って十分に温まっていたら、吸盤カップをデバイスの端付近に取り付けます。カーブの入った端の上には装着しないでください。

    • 吸盤カップはガラスパネルのカーブが入った部分には適しません。

    • デバイスのバックカバーにひび割れが入っている場合は、吸盤カップが装着できません。強力なテープやスーパーボンドで吸盤カップを固定してからカップを持ち上げます。これで上手くいけば、次の手順に進んでください。

    • 吸盤カップが持ち上がったら、リアガラスの下に開口ピックを差し込みます。

    • 強い力を加えたり、メタル製の開口ピックを使用するとリアガラスが割れてしまいます。

    • カーブしたガラスのため、デバイスの隙間に平行に挿入するよりも上むきに押し上げながら挿入します。

    • うまくいかない場合は、さらに熱を当てて接着剤を柔らかくします。接着剤はすぐに冷たくなるため、作業は繰り返し、素早く行います。

    • 次の手順のオプションとして、開口ピックが挿入できたら粘着力を弱めるため、隙間にイソプロピルアルコールを数滴注入します。

  3. ガラスの間に開口ピックがしっかりと挿入できたら、さらに接着剤を柔らかくするためiOpenerを再度温めてデバイスの上に載せます。
    • ガラスの間に開口ピックがしっかりと挿入できたら、さらに接着剤を柔らかくするためiOpenerを再度温めてデバイスの上に載せます。

  4. 開口ピックをデバイス横に沿って下に向けてスライドし、接着剤を切断します。 ピックの先端が隙間からスリップして飛び出さないようにゆっくりとスライドします。スライド作業が困難になったら、iOpenerを再び温めて、接着剤を柔らかくしてください。
    • 開口ピックをデバイス横に沿って下に向けてスライドし、接着剤を切断します。

    • ピックの先端が隙間からスリップして飛び出さないようにゆっくりとスライドします。スライド作業が困難になったら、iOpenerを再び温めて、接着剤を柔らかくしてください。

    • 次の手順に進むため、開口ピックを下側の位置に残したまま、2枚目のピックを準備してください。最初のピックを隙間に残しておくことで、切断した接着剤が再装着するのを防ぎます。

  5. PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る

    PCラップトップ用バッテリー

    iFixitの品質保証付きトップPCブランド用バッテリー

    ショップを見る
  6. デバイス残りの3辺においても同じ手順を繰り返して、接着剤を温めて切断します。 各サイドに開口ピックを残してください。接着剤が再装着するのを防いでくれます。 各サイドに開口ピックを残してください。接着剤が再装着するのを防いでくれます。
    • デバイス残りの3辺においても同じ手順を繰り返して、接着剤を温めて切断します。

    • 各サイドに開口ピックを残してください。接着剤が再装着するのを防いでくれます。

  7. デバイスからガラスを持ち上げて外します。 デバイスからガラスを持ち上げて外します。
    • デバイスからガラスを持ち上げて外します。

    • バックカバーを再装着する方法

    • まずピンセットを使って、バックカバー両面とデバイスケースに付いた接着剤の残りを綺麗に剥がします。

    • それから接着剤が付けられていた箇所に高濃度イソプロピルアルコール(90%以上)とリントフリーの布で綺麗に拭き取ります。同じ方向に向けて布を動かします。新しい接着剤を使用するための表面の準備が完了します。

    • デバイスの電源を入れて、修理の成果をテストしてください。それから新しい接着剤を装着して、デバイスの本体を組み立てます。

    • 弊社製品のプレカットされた交換用接着剤はバックカバー周辺の長さと合わせています。そのため装着作業も簡単です。品切れの場合は、Tesa 61395のような高濃度ボンドで両面テープをご利用ください。しかし、この方法はどうしても隙間が生じてしまい、液体の侵入が発生した場合はダメージを受けてしまいます。

    • リアカバーを装着した後は、デバイスの上に分厚い本を数冊置くなどして、重量があり一定した圧力を数分間かけてください。接着剤がしっかりと固定します。

    • 希望に応じて、バックカバーに接着剤を装着しなくても組み立てることができます。大きな接着剤の塊を取り除くとバックカバーがぴったりと閉じます。装着が終わったらバックカバーを温めて圧力でシールをします。防水性はありませんが、この接着剤の役割は防水機能を目的に固定する以上の力があります。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーアセンブリを持ち上げて取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーアセンブリを持ち上げて取り出します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ラウドスピーカーアセンブリを持ち上げて取り出します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクタの接続を外します。

  10. iOpenerを準備してバッテリーに直接当てます。
    • iOpenerを準備してバッテリーに直接当てます。

    • バッテリーを柔らかくするため、iOpenerを1分以上当ててください。

    • あるいは接着剤を弱めるため、イソプロピルアルコールをバッテリーの各コーナーに注入して数分間浸透するまで待ちます。

  11. 開口ピックを使ってバッテリーの底から持ち上げます。 副基板とアンテナケーブル側のケースに向けてこじ開ける作業になるため、これらのコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。
    • 開口ピックを使ってバッテリーの底から持ち上げます。

    • 副基板とアンテナケーブル側のケースに向けてこじ開ける作業になるため、これらのコンポーネントにダメージを与えないようご注意ください。

    • 接着剤を柔らかくするため、iOpenerを繰り返し温めて載せてください。接着剤は強力で、バッテリー下にピックを差し込むまでに数回にわたって温める必要があります。

    • この作業中、バッテリーを変形させないようにご注意ください。柔らかい外形のリチウムイオンバッテリーはダメージを与えてしまうと危険な化学物質を排出してしまい、引火や爆発の要因となります。

  12. 開口ピックをバッテリーのサイドに沿ってスライドしながら残りの接着剤を切断します。 バッテリーをケースから持ち上げます。 バッテリーを取り出した後、再利用しないでください。再利用は潜在的な危険性が伴います。必ず新しいバッテリーに交換してください。
    • 開口ピックをバッテリーのサイドに沿ってスライドしながら残りの接着剤を切断します。

    • バッテリーをケースから持ち上げます。

    • バッテリーを取り出した後、再利用しないでください。再利用は潜在的な危険性が伴います。必ず新しいバッテリーに交換してください。

    • 新しいバッテリーと接着剤の取り付け方法は、こちらのガイドを参照してください。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

この修理ガイドを完成したら、新しく装着したバッテリーの キャリブレーションを行なってください。

122 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Sam Goldheart

メンバー登録日: 2012年10月18日

378,827 ポイント

543のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

99 メンバー

9,276のガイドは作成済み

After this is it still waterproof?

Edgar Rodríguez García - 返信

In theory, if you applied the replacement adhesive 100% correctly, it will retain its water resistant properties. However, I would never deliberately expose any device to water, as you can never be completely sure that all the seals are perfectly intact.

Jacob Pratt -

That is actually covered in the video. Did you actually watch it? If water resistant is important to you then what you would do is purchase new gasket material so that after you have opened up the phone and removed all the existing gasket you would apply the new gasket and then finish up and re-seal your phone. As to how water resistant it is after re-sealing the phone all depends on how careful you are and how exact your work is.

marketing major -

Sooooooooo why exactly did Samsung make it impossible to open the phone?

Dan Laemmerhirt - 返信

Because screws are unsightly :P… and repairing your old phone makes you not want to buy a new phone.

Jacob Pratt -

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 220

過去 7 日: 1,451

過去 30 日: 6,276

今までの合計 214,777