メインコンテンツにスキップ
  1. SIM取り出しツール、SIM取り出し用ビット、もしくは伸ばした紙クリップを、デバイス上部にあるSIMカードトレイの穴に差し込みます。 トレイを取り出すには押し込みます。この作業には若干力が必要です。 SIMカードトレイを取り出します。
    • SIM取り出しツール、SIM取り出し用ビット、もしくは伸ばした紙クリップを、デバイス上部にあるSIMカードトレイの穴に差し込みます。

    • トレイを取り出すには押し込みます。この作業には若干力が必要です。

    • SIMカードトレイを取り出します。

  2. Sペンのボタンをカチッと音がするまで爪で押すと、スマートフォンからSペンが飛び出します。 Sペンを取り外します。 Sペンを取り外します。
    • Sペンのボタンをカチッと音がするまで爪で押すと、スマートフォンからSペンが飛び出します。

    • Sペンを取り外します。

  3. ガラスバックにひびが入っている場合は、丁寧に裏張りテープで表面全体を覆ってください。
    • ガラスバックにひびが入っている場合は、丁寧に裏張りテープで表面全体を覆ってください。

    • iOpener を温めて、デバイス本体下側に約2分間載せます。

    • デバイスが十分温まるには、このiOpenerを何度も温めて載せる作業を数回繰り返さなければなりません。

    • ヘアドライヤー、ヒートガンやホットプレートでも対応できます。しかし、デバイスを加熱しすぎないようにご注意ください。 OLEDディスプレイと内部バッテリーはどちらも熱によるダメージに弱い性質があります。

  4. 吸盤カップをデバイスの下側端の近い位置に装着します。 デバイスのバックカバーに亀裂が入っている場合は、吸盤カップがうまく装着しない場合があります。その場合はより強力なガムテープ、もしくは固定するために吸盤カップに強力ボンドを付けて次の手順に進んでください。 吸盤カップを持ち上げて、リアガラスの下に開口ピックを差し込みます。
    • 吸盤カップをデバイスの下側端の近い位置に装着します。

    • デバイスのバックカバーに亀裂が入っている場合は、吸盤カップがうまく装着しない場合があります。その場合はより強力なガムテープ、もしくは固定するために吸盤カップに強力ボンドを付けて次の手順に進んでください。

    • 吸盤カップを持ち上げて、リアガラスの下に開口ピックを差し込みます。

    • リアガラスはとても脆く、力を入れすぎると壊れてしまうことがあります。メタル製ツールを使っての作業や、過剰な力を入れた作業はしないでください。

  5. ピックを差し込んだら、iOpenerを使って、本体端をもう一分間温めなおします。
    • ピックを差し込んだら、iOpenerを使って、本体端をもう一分間温めなおします。

  6. デバイス下側端を開口ピックでスライドします。 先端が継ぎ目から滑り出ないように、ゆっくりと慎重にスライドします。スライドが難しい場合は、再度iOpenerで温めてください。 接着剤が再装着するのを防ぐため、ピックはその位置に残しておきます。次の手順に進む前に、もう一枚、開口ピックを準備してください。
    • デバイス下側端を開口ピックでスライドします。

    • 先端が継ぎ目から滑り出ないように、ゆっくりと慎重にスライドします。スライドが難しい場合は、再度iOpenerで温めてください。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、ピックはその位置に残しておきます。次の手順に進む前に、もう一枚、開口ピックを準備してください。

  7. デバイスのコーナー周辺を別の開口ピックでスライドしながら接着剤を切開します。 バックケースのカーブした形状のため、ガラスは特段に脆く、コーナーはひび割れやすくなっています。作業にはiOpenerを何度も当てて温め、切開しやすくします。 バックケースのカーブした形状のため、ガラスは特段に脆く、コーナーはひび割れやすくなっています。作業にはiOpenerを何度も当てて温め、切開しやすくします。
    • デバイスのコーナー周辺を別の開口ピックでスライドしながら接着剤を切開します。

    • バックケースのカーブした形状のため、ガラスは特段に脆く、コーナーはひび割れやすくなっています。作業にはiOpenerを何度も当てて温め、切開しやすくします。

  8. Android 修理キット

    A new screen or battery is one kit away.

    ショップを見る

    Android 修理キット

    A new screen or battery is one kit away.

    ショップを見る
  9. 切断を続ける前に、本体の長辺に温めたiOpenerを置きます。
    • 切断を続ける前に、本体の長辺に温めたiOpenerを置きます。

  10. デバイス残りの3サイドについても、iOpenerを温めて接着剤を切開する手順を繰り返します。 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをデバイスの各エッジに残したままにします。 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをデバイスの各エッジに残したままにします。
    • デバイス残りの3サイドについても、iOpenerを温めて接着剤を切開する手順を繰り返します。

    • 接着剤が再装着するのを防ぐため、開口ピックをデバイスの各エッジに残したままにします。

  11. 開口ピックを使って、ガラス端周辺に留められた残りの接着剤を切断します。 スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。 スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。
    • 開口ピックを使って、ガラス端周辺に留められた残りの接着剤を切断します。

    • スマートフォンからガラスを持ち上げて外します。

    • バックカバーを再装着します。

    • ピンセットを使って、バックカバー両側やデバイス筐体から残りの接着剤を綺麗に除去します。

    • ピンセットを使って、高濃度イソプロピルアルコール(90%以上)と糸くずの出ないリントフリーの布で接着剤エリアを綺麗に拭き取ります。前後ではなく、同じ方向に向かって拭いてください。こうすると、新しい接着剤を装着するための表面上の準備が整います。

    • 新しい接着剤をつけて、デバイスを密封する前に、デバイスの電源を入れて修理作業がうまくいったか確認してください。

    • 交換用の接着剤には、バックカバーの正確な外形に合わせてプレカットされたシートが付いています。このシートが付いていない場合は、Tesa 61395のような強力タイプの両面テープを代用してください。しかしこの場合、生じた隙間によって液体侵入を受けてしまうことがあります。ご注意ください。

    • リアカバーを取り付けた後は、強い一定の力でデバイスを数分間押し込んで、重量のある本を載せて、接着剤をしっかりと固定させます。

    • 接着剤なしでバックカバーを再装着することも可能です。内側に残った接着剤の塊を取り除き、リアカバーが水平に閉まるようにしてください。取り付けが終わったら、リアカバーを温めて、圧力をかけて固定します。 防水機能ははありませんが、接着剤はデバイスを固定するのに十分な強度を備えています。

  12. 3.3mmプラスネジを20本外します。
    • 3.3mmプラスネジを20本外します。

  13. ミッドフレームの両端を持ち、1本の指でバッテリーを押し下げながら持ち上げます。 ミッドフレームをディスプレイアセンブリに固定するため、各コーナーに少量の接着剤が付けられています。 ミッドフレームが外れるまで一定の力を加えます。 ミッドフレームを取り出します。
    • ミッドフレームの両端を持ち、1本の指でバッテリーを押し下げながら持ち上げます。

    • ミッドフレームをディスプレイアセンブリに固定するため、各コーナーに少量の接着剤が付けられています。 ミッドフレームが外れるまで一定の力を加えます。

    • ミッドフレームを取り出します。

  14. スパッジャーの平面側先端を使い、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを真っ直ぐ持ち上げます。 スパッジャーの平面側先端を使い、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを真っ直ぐ持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使い、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを真っ直ぐ持ち上げます。

  15. スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、イヤホンコネクタの接続を外します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、タッチスクリーンコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、タッチスクリーンコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、タッチスクリーンコネクタの接続を外します。

  17. スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ディスプレイコネクタの接続を外します。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、ナビゲーションボタンコネクタの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、ナビゲーションボタンコネクタの接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ナビゲーションボタンコネクタの接続を外します。

  19. スパッジャーの鋭利な先端を使って、アンテナケーブルの接続を外します。 スパッジャーの鋭利な先端を使って、アンテナケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーの鋭利な先端を使って、アンテナケーブルの接続を外します。

  20. マザーボード上部の両側を持ってマザーボードの片側を持ち上げて、フレックスケーブルが取り付けられた経路から外します。 マザーボードをここでは取り外さないでください。 まだドーターボードに取り付けられています。 マザーボードをここでは取り外さないでください。 まだドーターボードに取り付けられています。
    • マザーボード上部の両側を持ってマザーボードの片側を持ち上げて、フレックスケーブルが取り付けられた経路から外します。

    • マザーボードをここでは取り外さないでください。 まだドーターボードに取り付けられています。

  21. スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからドーターボードコネクタの接続を外します。 マザーボードを取り外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、マザーボードからドーターボードコネクタの接続を外します。

    • マザーボードを取り外します。

まとめ

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

5 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Arthur Shi

メンバー登録日: 2018年01月03日

72,459 ポイント

237のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

105 メンバー

9,271のガイドは作成済み

コメント1件

thx buddy for help

kararcoco - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 12

過去 7 日: 52

過去 30 日: 187

今までの合計 4,072