メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

ビデオの概要

はじめに

今やミッドレンジのスペックをもつ新フラグシップのキラーでは満足しません。新発売のOnePlusはスペックと価格をランクアップさせて、2020年に発売されるフラグシップスマートフォンと一騎打ちで戦うようです。約11万円のOnePlus 8Proには様々な素晴らしいものが搭載されています。鮮明で高解像度、120Hzのリフレッシュレートのディスプレイ、最新Qualcomm 865プロセッサと全て役に立つ機能なのか分からないカメラが沢山並んでいます。その上、なんと30Wのワイヤレス充電機能付きです。これは市場に出ている多くのスマートフォン用ケーブル式チャージャーよりも高速です。この価格がつり上がった新モデルを分解して、リペアビリティはどう改善されたのか確認しましょう。

このビデオは日本語字幕付きでご覧いただけます。YouTubeにログイン後、画面右下の設定より日本語字幕を選択してください。

この分解は修理ガイドでは ありません。 お持ちのOnePlus 8 Proを修理する際は、iFixitの修理ガイドをご利用ください。

    まとめ
    • デバイス本体を開口できたら、バッテリーは一番先に取り出せます。バッテリーの接着剤は少量で、取り出しに便利なプルタブ付きです。
    • 多くのコンポーネントがモジュールで、個別での交換が可能です。
    • 最も修理頻度の高いディスプレイの交換は、デザイン上優先されていません。
    • 全ての修理において主要アクセスとなるリアパネルは、接着剤で頑丈に固定されています。
    リペアビリティのスコア
    4
    10点中4点のリペアビリティ
    (10点が最も修理しやすい指標です)

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

コメント1件

No wallpaper? Please!

rafboricua - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 40

過去 7 日: 259

過去 30 日: 1,177

今までの合計 3,775