メインコンテンツにスキップ

はじめに

カメラが壊れたり、動かない場合は、交換が必要です。このガイドを使って、Motorola Moto Z Playの背面カメラを交換します。

  1. 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。
    • 作業を始める前に、デバイスの電源を切ります。

    • 解体前にバッテリーを放電してください。バッテリーが充電されてオーバーヒートしてしまうと、危険な熱を伴うアクシデントが発生することがあります。

    • ディスプレイが飛散している場合、怪我を防止するために、透明な梱包テープをガラス表面に貼って保護してください。

  2. iOpenerを準備して、デバイス前面の左端に沿って約2分間、わずかに熱くなって触れない程度まで加熱します。 これにより、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなります。
    • iOpenerを準備して、デバイス前面の左端に沿って約2分間、わずかに熱くなって触れない程度まで加熱します。 これにより、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなります。

    • デバイスを十分に温めるには、iOpenerを複数回に渡り再加熱してデバイス上に乗せてください。 過熱を避けるために、iOpenerの使用方法を参照してください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできます。デバイスを過熱させないようにご注意ください。ディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすいためです。

  3. 次の手順では、ディスプレイアセンブリをMoto Z Playのシャーシから分離します。 参考として、デバイスから取り外した後のディスプレイアセンブリの背面画像(右)と取り外し前の画像を参照してください(左)。 ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス横のエッジ部分に注意してください。 この部分を接着剤でスライスするときは、ツールを2 mm以上挿入しないでください。ツールがディスプレイパネルに接触して損傷する可能性があります。
    • 次の手順では、ディスプレイアセンブリをMoto Z Playのシャーシから分離します。

    • 参考として、デバイスから取り外した後のディスプレイアセンブリの背面画像(右)と取り外し前の画像を参照してください(左)。

    • ディスプレイアセンブリを再利用する場合は、デバイス横のエッジ部分に注意してください。 この部分を接着剤でスライスするときは、ツールを2 mm以上挿入しないでください。ツールがディスプレイパネルに接触して損傷する可能性があります。

    • トランプの使用は、ディスプレイパネルを損傷する可能性が低いためより安全ですが、はるかに時間がかかります。 トランプのような柔らかい紙のカードは、ディスプレイを再利用したい場合には最適なツールです。

  4. 吸盤カップをディスプレイの左端中央付近に取り付けます。 フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るために、しっかりとした一定の力で吸盤カップを引き上げます。 スクリーンにひびが入っていると、吸盤が固着しないことがあります。 強力なガムテープで持ち上げるか、吸盤カップにボンドを付けて引き上げて、先の手順に進むことができます。
    • 吸盤カップをディスプレイの左端中央付近に取り付けます。

    • フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作るために、しっかりとした一定の力で吸盤カップを引き上げます。

    • スクリーンにひびが入っていると、吸盤が固着しないことがあります。 強力なガムテープで持ち上げるか、吸盤カップにボンドを付けて引き上げて、先の手順に進むことができます。

    • この作業では、相当な力が必要かもしれません。ただし、ツールを差し込むだけのわずかな隙間を作るだけです。

    • 作業がうまくいかない場合は、さらに熱を加えて接着剤を柔らかくしてから、作業を再開してください。 接着剤はすぐに冷却されるので、繰り返し加熱する必要があります。

  5. ディスプレイ下に生じた隙間に開口ピック(もしくはトランプカード)を差し込みます。
    • ディスプレイ下に生じた隙間に開口ピック(もしくはトランプカード)を差し込みます。

  6. 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。
    • 開口ツールをデバイスの左端に沿ってスライドさせて、ディスプレイを固定している接着剤を切開します。

  7. ディスプレイ下側端のデバイス前面を温めて、固定された接着剤を柔らかくします。
    • ディスプレイ下側端のデバイス前面を温めて、固定された接着剤を柔らかくします。

  8. 指紋センサーにダメージを与えないように注意しながら、下側ベゼルの下に固定された接着剤を切開します。 開口ツールをスライドさせながら指紋センサー下端を越えて、反対側まで進みます。 センサーの真下をこじ開けないでください。 ディスプレイを再利用する場合は、ディスプレイパネルをスライスしたり、ダメージを与えないようご注意ください。 この画像を参考にして、ディスプレイパネルを避けながら(赤でハイライトされている)接着剤エリアを確認してください。
    • 指紋センサーにダメージを与えないように注意しながら、下側ベゼルの下に固定された接着剤を切開します。

    • 開口ツールをスライドさせながら指紋センサー下端を越えて、反対側まで進みます。 センサーの真下をこじ開けないでください。

    • ディスプレイを再利用する場合は、ディスプレイパネルをスライスしたり、ダメージを与えないようご注意ください。 この画像を参考にして、ディスプレイパネルを避けながら(赤でハイライトされている)接着剤エリアを確認してください。

  9. 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。
    • 下側ベゼルの残りに留められた接着剤を続けて切開します。

  10. ディスプレイの右側端に固定された接着剤を柔らかくするために温めます。
    • ディスプレイの右側端に固定された接着剤を柔らかくするために温めます。

  11. ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。 ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。
    • ディスプレイを固定している接着剤を切開するため、デバイス右側を開口ツールでスライドします。

  12. ディスプレイと上部端の間の接着剤を柔らかくするため、温めます。
    • ディスプレイと上部端の間の接着剤を柔らかくするため、温めます。

  13. 開口ツールをデバイス右上角に挿入し、ベゼル上部の下にスライドさせて接着剤を剥がします。 ディスプレイパネルに触れるほどツールを挿入しないでください。 開口ツールが受話口のスピーカーの左端を通過するときに、作業を止めてください。
    • 開口ツールをデバイス右上角に挿入し、ベゼル上部の下にスライドさせて接着剤を剥がします。

    • ディスプレイパネルに触れるほどツールを挿入しないでください。

    • 開口ツールが受話口のスピーカーの左端を通過するときに、作業を止めてください。

    • このパーツにダメージを与えないように注意しながら、セルフィーカメラ用のフラッシュモジュール上部に開口ツールをスライドしてください。

  14. もしディスプレイが固まっていたら、必要に応じて再度温め直し、接着剤を切開します。 左側端からディスプレイを持ち上げて、デバイスから解放します。
    • もしディスプレイが固まっていたら、必要に応じて再度温め直し、接着剤を切開します。

    • 左側端からディスプレイを持ち上げて、デバイスから解放します。

  15. ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。 ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。
    • ディスプレイを開けたまま、スパッジャーの先端を使って、指紋センサーケーブルのZIFコネクタ上のロッキングタブを跳ね上げます。

  16. デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。 デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。
    • デバイスの反対端にあるディスプレイケーブルコネクタ上のロッキングタブも、スパッジャーで跳ね上げます。

  17. 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。
    • 指紋センサーケーブルを慎重に引っ張ってソケットから引き出し、マザーボードから外します。

  18. ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。 ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。
    • ディスプレイケーブルを慎重に引っ張り、マザーボードのソケットから引き出します。

  19. ディスプレイアセンブリから取り出します。
    • ディスプレイアセンブリから取り出します。

  20. SIMスロットがデバイスから飛び出すまで、0.8 SIMイジェクトツールをデバイス左上端にあるSIMカードの取り外し穴にしっかりと押し込んで、SIMカードを取り外します。 SIMカードをデバイスから取り出します。
    • SIMスロットがデバイスから飛び出すまで、0.8 SIMイジェクトツールをデバイス左上端にあるSIMカードの取り外し穴にしっかりと押し込んで、SIMカードを取り外します。

    • SIMカードをデバイスから取り出します。

  21. デバイス上部のカメラカバーから3mm T3ネジを6本外します。 カメラカバーをツールでこじ開けて、カメラカバーのクリップを緩めます。 カメラカバーをツールでこじ開けて、カメラカバーのクリップを緩めます。
    • デバイス上部のカメラカバーから3mm T3ネジを6本外します。

    • カメラカバーをツールでこじ開けて、カメラカバーのクリップを緩めます。

  22. 背面向きカメラ用のZIFコネクタ上のロッキングバーを持ち上げて、リボンケーブルを引き抜きます。 ロッキングバーは小さな黒いバーで、ZIFコネクタに繋がっています。 ロッキングバーは小さな黒いバーで、ZIFコネクタに繋がっています。
    • 背面向きカメラ用のZIFコネクタ上のロッキングバーを持ち上げて、リボンケーブルを引き抜きます。

    • ロッキングバーは小さな黒いバーで、ZIFコネクタに繋がっています。

終わりに

このデバイスを再組み立てするには、インストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

ご注意: 3M VHB両面テープを使って、デバイスとスクリーン背面を装着してください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Steven Gandham

メンバー登録日: 2017年10月02日

271 ポイント

1ガイドが承認済み

チーム

Cal Poly, Team S15-G4, Livingston Fall 2017 Cal Poly, Team S15-G4, Livingston Fall 2017人のメンバー

CPSU-LIVINGSTON-F17S15G4

4 メンバー

13のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 9

今までの合計 2,476