メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドはデバイスの電源と音量ボタンを交換する方法です。電源と音量ボタンをデバイスに繋げているリボンケーブルは大変脆く、簡単に切断してしまうため、ピンセットで作業する際は、ご注意ください。

  1. スパッジャーをデバイス各コーナーの凹みに差し込み、バックケースを外すためにスパッジャーを持ち上げます。 スパッジャーをデバイス各コーナーの凹みに差し込み、バックケースを外すためにスパッジャーを持ち上げます。
    • スパッジャーをデバイス各コーナーの凹みに差し込み、バックケースを外すためにスパッジャーを持ち上げます。

  2. バッテリーを覆っているバックパネルにつけられた3.2 mmネジを17本外すため、T4トルクスネジ用ドライバーを使用します。
    • バッテリーを覆っているバックパネルにつけられた3.2 mmネジを17本外すため、T4トルクスネジ用ドライバーを使用します。

  3. バックパネルを持ち上げて、取り出します。 バックパネルを持ち上げて、取り出します。 バックパネルを持ち上げて、取り出します。
    • バックパネルを持ち上げて、取り出します。

  4. バックパネルを外したら、スパッジャーを使って、バッテリーのフレックスケーブルをマザーボードから跳ね上げて外します。 バックパネルを外したら、スパッジャーを使って、バッテリーのフレックスケーブルをマザーボードから跳ね上げて外します。
    • バックパネルを外したら、スパッジャーを使って、バッテリーのフレックスケーブルマザーボードから跳ね上げて外します。

  5. バッテリーとデバイス本体の間にスパッジャーを差し込み、バッテリーを持ち上げて取り出します。この作業には、若干の抵抗がありますが、バッテリーにダメージは入りません。接着テープが原因です。 バッテリーとデバイス本体の間にスパッジャーを差し込み、バッテリーを持ち上げて取り出します。この作業には、若干の抵抗がありますが、バッテリーにダメージは入りません。接着テープが原因です。 バッテリーとデバイス本体の間にスパッジャーを差し込み、バッテリーを持ち上げて取り出します。この作業には、若干の抵抗がありますが、バッテリーにダメージは入りません。接着テープが原因です。
    • バッテリーとデバイス本体の間にスパッジャーを差し込み、バッテリーを持ち上げて取り出します。この作業には、若干の抵抗がありますが、バッテリーにダメージは入りません。接着テープが原因です。

  6. ピンセットを使って、リアカメラフレックスケーブルを覆っているコッパー製テープを剥がします。 作業の邪魔にならないように、コッパー製テープを折り曲げます。
    • ピンセットを使って、リアカメラフレックスケーブルを覆っているコッパー製テープを剥がします。

    • 作業の邪魔にならないように、コッパー製テープを折り曲げます。

  7. Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ

    Nintendo Switch 修理キット

    ゲームを再開するための、早くて簡単な修理キット

    Switch 修理キットページへ
  8. スパッジャーの平面側先端を使って、リアカメラのフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。 スパッジャーの平面側先端を使って、リアカメラのフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、リアカメラのフレックスケーブルをこじ開けて接続を外します。

  9. ピンセットで、リアカメラを慎重に取り出します。
    • ピンセットで、リアカメラを慎重に取り出します。

  10. 画像にあるようにT4トルクスネジ用ドライバーを使って、3.2 mmネジを2本外します。
    • 画像にあるようにT4トルクスネジ用ドライバーを使って、3.2 mmネジを2本外します。

  11. マザーボードからメインのフレックスケーブルの下にスパッジャーを差し込んで持ち上げ、接続を外します。 マザーボードからメインのフレックスケーブルの下にスパッジャーを差し込んで持ち上げ、接続を外します。
    • マザーボードからメインのフレックスケーブルの下にスパッジャーを差し込んで持ち上げ、接続を外します。

  12. スパッジャーを使って、マザーボードからLCDスクリーン用のフレックスケーブルを持ち上げて接続を外します。 スパッジャーを使って、マザーボードからLCDスクリーン用のフレックスケーブルを持ち上げて接続を外します。
    • スパッジャーを使って、マザーボードからLCDスクリーン用のフレックスケーブルを持ち上げて接続を外します。

  13. プラスチックのスパッジャーをツアkって、シグナルフレックスケーブルをマザーボードから持ち上げて接続を外します。シグナルフレックスケーブルはデバイス本体に繋げたままにします。
    • プラスチックのスパッジャーをツアkって、シグナルフレックスケーブルをマザーボードから持ち上げて接続を外します。シグナルフレックスケーブルはデバイス本体に繋げたままにします。

  14. スパッジャーで持ち上げて、デバイスからマザーボードを取り出します。 スパッジャーで持ち上げて、デバイスからマザーボードを取り出します。
    • スパッジャーで持ち上げて、デバイスからマザーボードを取り出します。

  15. 精密ピンセットを使って、電源とボリュームボタンのフレックスを剥がします。2番目の画像にあるように、デバイスの端から剥がして持ち上げます。 電源と音量ボタンの下に精密ピンセットを差し込んで、金メッキパーツに到達するまでスライドさせて、デバイスから取り出します。 精密ピンセットを使って、電源とボリュームボタンのフレックスを剥がします。2番目の画像にあるように、デバイスの端から剥がして持ち上げます。 電源と音量ボタンの下に精密ピンセットを差し込んで、金メッキパーツに到達するまでスライドさせて、デバイスから取り出します。 精密ピンセットを使って、電源とボリュームボタンのフレックスを剥がします。2番目の画像にあるように、デバイスの端から剥がして持ち上げます。 電源と音量ボタンの下に精密ピンセットを差し込んで、金メッキパーツに到達するまでスライドさせて、デバイスから取り出します。
    • 精密ピンセットを使って、電源とボリュームボタンのフレックスを剥がします。2番目の画像にあるように、デバイスの端から剥がして持ち上げます。 電源と音量ボタンの下に精密ピンセットを差し込んで、金メッキパーツに到達するまでスライドさせて、デバイスから取り出します。

  16. プラスチック製スパッジャーを使って、音量と電源ボタンのフラックスをデバイスの底から持ち上げます。 プラスチック製スパッジャーを使って、音量と電源ボタンのフラックスをデバイスの底から持ち上げます。
    • プラスチック製スパッジャーを使って、音量と電源ボタンのフラックスをデバイスの底から持ち上げます。

  17. 精密ピンセットを使って、画像のように音量と電源ボタンをデバイスの横側から引いて取り出します。一つのパーツとして繋がっているため、一緒に引き離してください。 ボタンを取り外す際に、力が必要ですが、恐れないでください。ボタンは接着剤で固定されていますが、簡単に剥がれます。ボタンはしっかりと装着されているので、ある程度の力を入れてください。 ボタンを取り外す際に、力が必要ですが、恐れないでください。ボタンは接着剤で固定されていますが、簡単に剥がれます。ボタンはしっかりと装着されているので、ある程度の力を入れてください。
    • 精密ピンセットを使って、画像のように音量と電源ボタンをデバイスの横側から引いて取り出します。一つのパーツとして繋がっているため、一緒に引き離してください。

    • ボタンを取り外す際に、力が必要ですが、恐れないでください。ボタンは接着剤で固定されていますが、簡単に剥がれます。ボタンはしっかりと装着されているので、ある程度の力を入れてください。

  18. この画像が、音量と電源ボタンのフラックスをデバイスから取り出した様子です。
    • この画像が、音量と電源ボタンのフラックスをデバイスから取り出した様子です。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

3 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

88%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Jack Haseman

メンバー登録日: 2018年03月19日

1,363 ポイント

6のガイドは作成済み

チーム

Baylor, Team S3-G2, Williams Spring 2018 Baylor, Team S3-G2, Williams Spring 2018人のメンバー

BU-WILLIAMS-S18S3G2

4 メンバー

13のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 21

過去 30 日: 91

今までの合計 1,891