メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使って、Microsoft Surface Pro 4の右側スピーカーの交換をします。この手順は左側スピーカーの取り外しと似ていますが、デバイスの構造により手順は若干異なります。

  1. 作業を始める前にSurface Proのバッテリーを25%未満に放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、修理中不意に衝撃を受けると燃えたり、爆発したりする可能性があります。
    • 作業を始める前にSurface Proのバッテリーを25%未満に放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリーは、修理中不意に衝撃を受けると燃えたり、爆発したりする可能性があります。

    • 作業に取り掛かる前に、デバイスの電源が切れていることを確認してください。

    • ディスプレイが割れている場合、ガラス片をガムテープで包んで怪我を防止してください。

  2. ディスプレイはデバイスのフレームに固く接着されています。
    • ディスプレイはデバイスのフレームに固く接着されています。

    • ディスプレイを取り外すには、まず加熱して接着剤を柔らかくします。ヒートパッド、ヒートガン、iOpenerなどを使用できます。これらがない場合は、ヘアドライヤーでも作業が可能です。

    • 加熱しすぎるとディスプレイに回復不能な損傷を与えるおそれがあるため、ヒートガンを使用する際は注意してください。

    • 徐々に、かつ均等にディスプレイの周囲を加熱します。この際、過度に加熱しないように、触れる程度の高温を数分間維持します。加熱しすぎるとディスプレイが損傷することがあります。

  3. 吸盤またはiSclackをガラスに吸着させ、ガラスと金属フレームとの間にわずかな隙間を作ります。 ディスプレイの亀裂がひどいと、吸盤が吸着しないことがあります。あらかじめディスプレイに梱包用テープを貼り付けておくと上手く行きやすいようです。または、吸盤をディスプレイに固く接着することも可能です。 開口ピックを隙間に差し込みます。
    • 吸盤またはiSclackをガラスに吸着させ、ガラスと金属フレームとの間にわずかな隙間を作ります。

    • ディスプレイの亀裂がひどいと、吸盤が吸着しないことがあります。あらかじめディスプレイに梱包用テープを貼り付けておくと上手く行きやすいようです。または、吸盤をディスプレイに固く接着することも可能です。

    • 開口ピックを隙間に差し込みます。

    • 右上端と左上端にタブがあります。ここはディスプレイの下に工具を差し込みやすくなっています。

    • 開口ピックをディスプレイの端と底部に沿ってスライドさせて、接着剤を剥がします。必要に応じてさらに加熱します。

    • 底部側の端では、他の3辺よりもテープがかなり薄くなっています。工具を奥に差し込み過ぎると、ディスプレイに回復不能な損傷を与えるおそれがあるため、慎重に行ってください。

    • ガラスは薄く、無理に力をかけると簡単に亀裂が入ってしまうため、慎重に作業を行ってください。

    • 上端は最後に分離します。両側にアンテナがあるため、これらを損傷しないように注意してください。必要な場合は、無水エタノールを少量使用して、接着剤をほぐすことも可能です。

  4. 吸盤をディスプレイの前面に吸着させます。 吸盤を使用して、ディスプレイを引っ張ってベースから分離します。手でベースを保持しなければならないこともあります。
    • 吸盤をディスプレイの前面に吸着させます。

    • 吸盤を使用して、ディスプレイを引っ張ってベースから分離します。手でベースを保持しなければならないこともあります。

    • 吸盤をスクリーンの中央ではなく、左または右端に取り付けたほうがいい場合も多いです。これにより、スクリーンの取り外しの際に、さらに大きな力が得られます。

  5. 本体をディスプレイに接続している2本のディスプレイケーブルがあります。 コネクタ端の下にプラスチック製開口ツールを差し込み、持ち上げて、右側のケーブルの接続を外します。
    • 本体をディスプレイに接続している2本のディスプレイケーブルがあります。

    • コネクタ端の下にプラスチック製開口ツールを差し込み、持ち上げて、右側のケーブルの接続を外します。

  6. 左側のケーブルの接続部は、軽量の金属カバーで覆われています。スパッジャーを使用して、カバーの周囲に沿ってこじ開けます。カバーが緩んだら取り外してください。 プラスチック製開口ツールでコネクタを外します。 プラスチック製開口ツールでコネクタを外します。
    • 左側のケーブルの接続部は、軽量の金属カバーで覆われています。スパッジャーを使用して、カバーの周囲に沿ってこじ開けます。カバーが緩んだら取り外してください。

    • プラスチック製開口ツールでコネクタを外します。

    • これでディスプレイをSurface Proのボディから取り外せます。ディスプレイを持ち上げて、デバイスの他の部分から取り外します。

    • 新しいディスプレイを取り付ける前に、古いディスプレイの背面から、新しいディスプレイに移植する必要がある部品がないかどうかを慎重に確認します。特に、隅にあるNTrigボードは、2本のリボンケーブルを取り外した後、ボードをしっかりと固定している接着剤を加熱し、ゆっくりと剥がして慎重に分離してから、移植する必要があります。

    • ディスプレイを固定している接着剤を交換するには、ディスプレイの背面とデバイスから古い接着剤を慎重に除去します。無水エタノールと糸くずの出ない布を使用して、往復ではなく1方向に拭って表面を清掃します。厚さ2 mmのTesa 61395などの強力な両面テープを貼り付けます。

  7. デバイスのフレームにスピーカーを固定している5mm T4トルクスネジを外します。 3mm トルクスT4ネジを外します。 3mm トルクスT4ネジを外します。
    • デバイスのフレームにスピーカーを固定している5mm T4トルクスネジを外します。

    • 3mm トルクスT4ネジを外します。

  8. プラスチックのスパッジャーを使って、ソケットからスピーカーのケーブルコネクタを外します。
    • プラスチックのスパッジャーを使って、ソケットからスピーカーのケーブルコネクタを外します。

  9. スピーカーの左端を黒いプラスチックのバーの端の下から外します。 スピーカーの左側端を摘んで、フレームの端から引き抜きます。前後に揺らしながら、緩めていきます。 デバイス本体からスピーカーを引き抜きます。
    • スピーカーの左端を黒いプラスチックのバーの端の下から外します。

    • スピーカーの左側端を摘んで、フレームの端から引き抜きます。前後に揺らしながら、緩めていきます。

    • デバイス本体からスピーカーを引き抜きます。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

6 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Prater

メンバー登録日: 2016年02月01日

4,776 ポイント

4のガイドは作成済み

チーム

Metro State, Team 1-3, Carpenter Spring 2016 Metro State, Team 1-3, Carpenter Spring 2016人のメンバー

MSU-CARPENTER-S16S1G3

2 メンバー

37のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 7

過去 30 日: 30

今までの合計 2,408