メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドではSurface Pro3の背面カメラを安全に取り出すための方法を扱っています。ガイドではスクリーンとデジタイザを外す作業から始まります。それから背面向きカメラに移ります。

  1. 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。 ディスプレイは強力な接着剤で、デバイスのフレームに取り付けられています。
    • 作業を始める前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

    • ディスプレイは強力な接着剤で、デバイスのフレームに取り付けられています。

    • ディスプレイを取り外すには、まず接着剤を温めて柔らかくします。ヒートパッド、ヒートガン、iOpenerを使用します。急な時は、ヘアドライヤーでも対応できます。

    • ヒートガンを使用する時は、ディスプレイやバッテリーにダメージを与えないようご注意ください。

    • ディスプレイ周辺全体に均等に熱を温めてます。熱くて触れない程度まで温めます。それから数分間、デバイスが冷えないように温度を保ってください。

  2. 吸盤カップもしくはiSclackを引き上げて、メタルフレームとガラスの間にわずかな隙間を作ります。 ディスプレイが大きくひび割れている場合、吸盤カップをしっかりと固定できません。まず先にガムテープなどを上に貼ってディスプレイをカバーしてください。あるいは、吸盤カップにスーパーボンドを付けて固めます。
    • 吸盤カップもしくはiSclackを引き上げて、メタルフレームとガラスの間にわずかな隙間を作ります。

    • ディスプレイが大きくひび割れている場合、吸盤カップをしっかりと固定できません。まず先にガムテープなどを上に貼ってディスプレイをカバーしてください。あるいは、吸盤カップにスーパーボンドを付けて固めます。

    • 開口ピックをスクリーンとデバイスの間に差し込み、接着剤を切開します。

    • ディスプレイの下側と両側周辺にピックをスライドして、接着剤を切開します。必要に応じて熱を当てて温めてください。

    • ガラスは薄いため、力をいれすぎると簡単に亀裂が入ります。

    • Wi-Fiアンテナは、スクリーン上部端の境目の下に接着剤で固定されています。(カメラの両側)そして、この作業によって簡単に破損してしまいます。スクリーン上部端を剥がす際は、特に慎重に作業を進め、必要に応じて熱を当てて温めます。

  3. 続けてヒートガンでスクリーンのセクションを温めます。 ヒートガンでスクリーン周辺の温め作業が終わったら、プラスチックの開口ツールと開口ピックを使って、スクリーンを緩めます。 スクリーンは非常に薄く、簡単にダメージを受けてしまいます。壊れたガラスに作業をする際は、ご注意ください。
    • 続けてヒートガンでスクリーンのセクションを温めます。

    • ヒートガンでスクリーン周辺の温め作業が終わったら、プラスチックの開口ツールと開口ピックを使って、スクリーンを緩めます。

    • スクリーンは非常に薄く、簡単にダメージを受けてしまいます。壊れたガラスに作業をする際は、ご注意ください。

  4. スクリーンを慎重に持ち上げてください。ワイヤが切断しないようご注意ください。 スクリーンを慎重に持ち上げてください。ワイヤが切断しないようご注意ください。
    • スクリーンを慎重に持ち上げてください。ワイヤが切断しないようご注意ください。

  5. バッテリーコネクタを固定している3mm T3トルクスネジを外して、バッテリーコネクタの接続を外します。 コネクタの下についている、小さくて長方形のブリッジコネクタを紛失しないようにご注意ください。
    • バッテリーコネクタを固定している3mm T3トルクスネジを外して、バッテリーコネクタの接続を外します。

    • コネクタの下についている、小さくて長方形のブリッジコネクタを紛失しないようにご注意ください。

  6. ディスプレイケーブルを固定している、4mm T3トルクスネジを1本外します。 コネクタを持ち上げて、ケーブルの接続を外します。 コネクタの下に付いている、小さくて長方形のブリッジコネクタを紛失しないように、ご注意ください。
    • ディスプレイケーブルを固定している、4mm T3トルクスネジを1本外します。

    • コネクタを持ち上げて、ケーブルの接続を外します。

    • コネクタの下に付いている、小さくて長方形のブリッジコネクタを紛失しないように、ご注意ください。

  7. シルバーのコネクタに接続したオレンジのケーブルを摘みます。 コネクタが外れるまで、オレンジのケーブルを慎重に持ち上げます。 スクリーンの接続は、これで完全に外れました。
    • シルバーのコネクタに接続したオレンジのケーブルを摘みます。

    • コネクタが外れるまで、オレンジのケーブルを慎重に持ち上げます。

    • スクリーンの接続は、これで完全に外れました。

    • 交換用のディスプレイには、インストールに必要なパーツが全て含まれていない場合があります。オリジナルのディスプレイに付いている全てのパーツを保管してください。必要に応じて交換用ディスプレイに移植します。

  8. T3トルクスドライバーで、4mm ネジを1本外します。 T3トルクスドライバーで、7mm ネジを4本外します。
    • T3トルクスドライバーで、4mm ネジを1本外します。

    • T3トルクスドライバーで、7mm ネジを4本外します。

  9. 赤で囲った黒いパーツを特定します。 ピンセットでこのパーツを慎重に持ち上げて、取り出します。 ピンセットでこのパーツを慎重に持ち上げて、取り出します。
    • 赤で囲った黒いパーツを特定します。

    • ピンセットでこのパーツを慎重に持ち上げて、取り出します。

  10. T5トルクスドライバーで、4mmネジを2本外します。 T5トルクスドライバーで、4mmネジを2本外します。
    • T5トルクスドライバーで、4mmネジを2本外します。

  11. ピンセットでリアカメラを取り出します。 ピンセットでリアカメラを取り出します。
    • ピンセットでリアカメラを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Erik Snyder

メンバー登録日: 2015年10月01日

4,812 ポイント

5のガイドは作成済み

チーム

Cal Poly, Team 12-18, Maness Fall 2015 Cal Poly, Team 12-18, Maness Fall 2015人のメンバー

CPSU-MANESS-F15S12G18

5 メンバー

28のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 1

過去 7 日: 6

過去 30 日: 30

今までの合計 2,494