メインコンテンツにスキップ

はじめに

Magic Trackpadの「タップでクリック」機能を好む人もいますが、私のようなその他のユーザーは深度のあるクリック感を好みます。何ヶ月も使用すると、時々トラックパッドは動作しなくなったり、片側が全く動かなくなったりします。この修理ガイドは5分以内にあなたのMagic Trackpadをもう一度クリックできるようにします。

ツール

パーツ

パーツは指定されていません。

  1. あなたのトラックパッドを取り出して、修理の準備をしましょう。 マイナスネジ,コイン, plastic opening tool, または爪を使ってネジを反時計回りに回し、バッテリードアを外します Magic Trackpadを修理している間に短絡が起こるのを防ぐために、電池を取り外してください。
    • あなたのトラックパッドを取り出して、修理の準備をしましょう。

    • マイナスネジ,コイン, plastic opening tool, または爪を使ってネジを反時計回りに回し、バッテリードアを外します

    • Magic Trackpadを修理している間に短絡が起こるのを防ぐために、電池を取り外してください。

  2. plastic opening toolを使って背面パネルの左端,右端,上端を固定している接着剤を剥がします。 決して下端(バッテリー収納部の反対側の端)に沿ってこじ開けないでください。もしあなたが下端から始めると壊れる可能性のある保持クリップの束があります。
    • plastic opening toolを使って背面パネルの左端,右端,上端を固定している接着剤を剥がします。

    • 決して下端(バッテリー収納部の反対側の端)に沿ってこじ開けないでください。もしあなたが下端から始めると壊れる可能性のある保持クリップの束があります。

    • 下部パネルを持ち上げる時には十分に注意してください。回路基板上の主要なCPUチップ(2枚めの写真で赤く表示してあります)は、接着剤の塊で背面パネルに固定されています。チップ/パネルから接着剤を慎重に切り落とさないと、回路基板からチップが引き裂かれ、あなたのトラックパッドが破損する可能性があります。

    • すべての接着剤を切り取ると下部パネルはすぐに持ち上げられます。

  3. T-6またはT-7トルクスビットを使って、デバイスの左下にある赤でハイライトされた小さなネジの締め具合を調整します(上から順に)。
    • T-6またはT-7トルクスビットを使って、デバイスの左下にある赤でハイライトされた小さなネジの締め具合を調整します(上から順に)。

    • 右クリックは反応するけれど、左クリックが応答しない場合は、ネジを時計回りに締めてください。

    • 注:ネジの調整をしながら、右クリックと左クリックの調子はトラックパッド下部の様子ではなく、トラックパッドの表面(上部)によって左右されます。

    • 右クリックも左クリックも効かない、もしくは動きが全くない場合は反時計回りに、動きはあるが柔らかすぎてクリックできない場合は時計回りに締めてください。

  4. 手順を逆にして、Magic Trackpadの底面にプラスチックを戻します。
    • 手順を逆にして、Magic Trackpadの底面にプラスチックを戻します。

    • これでMagic トラックパッドの状態は元に戻ったはずです。

終わりに

デバイスを組み立て直すには、以下の手順を逆向きに実行してください。

107 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

jkgarrett17

メンバー登録日: 2010年09月28日

2,365 ポイント

1ガイドが承認済み

77 件のコメント

DO NOT DO THIS! My trackpad had the central chip glued STRONGLY to the plastic piece. Pulling off the plastic plate ripped the chip right off. My trackpad is now completely dead. I repeat: DO NOT DO THIS FIX! Your trackpad might not be glued, but I have ruined this thing.

Chris Beyer - 返信

Chris, I just did the same thing to mine and had the same result. I wish I'd read your warning first! Perhaps some heat at the center of the plastic backing would have helped release the adhesive from the chip/backing.

To anyone attempting this fix, if you feel anything in the center of the plastic back cover sticking, do not force it off. It might be possible to get a blade in there to slice through the adhesive, but it really didn't take much force at all for the chip to break free of the circuit board.

David -

I have updated the guide with your warning. I would recommend in the future not pulling anythng apart that could cause ripping. You'll notice the original instructions recommending cutting through the glue, not ripping it apart. Those recommendations were from a breakdown guide and have worked for multiple users. I myself have repaired trackpads 3-4 times following the above instructions.

jkgarrett17 - 返信

I have also updated the difficulty to moderate from easy.

jkgarrett17 - 返信

I could not turn the screw in Step 3. It seemed completely locked. However, I did lift up the whole switch plate which put some extra bend into the 2 thin metal "spring hinges". This restored the click-drag functionality that I was trying to fix.

Leo - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 20

過去 7 日: 102

過去 30 日: 430

今までの合計 143,718