メインコンテンツにスキップ

MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換

必要な工具と部品

  1. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, アクセスドア: 手順 1、 1の画像 1
    • ケースを閉じたまま、Unibodyを裏返しにして水平に置きます。

    • アクセスドアのリリース用ラッチの溝側を押し込んで、出てきた先端をつかみます。 リリース用ラッチが垂直になるまで持ち上げます。

  2. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 2、 1の画像 1
    • これで、アクセスドアを持ち上げて、Unibodyから取り外せるはずです。

  3. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, バッテリー: 手順 3、 1の画像 1
    • 作業を開始する前に、アクセスドアのリリースラッチが垂直になっているか確認してください。

    • 白のプラスチック製タブを掴み、バッテリーを引き上げ、Unibodyから取り出します。

  4. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, 下部ケース: 手順 4、 1の画像 1
    • 下部ケースをシャーシに固定している次の8本のネジを外します:

    • 3mmプラスネジ 1本

    • 13.5mmプラスネジ 3本

    • 3.5mmプラスネジ 4本

  5. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 5、 1の画像 1
    • 両手を使って、上部ケースから下部ケースを持ち上げて外します。

  6. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, ミッドウォール: 手順 6、 1の画像 1
    • ミッドウォールを上部ケースに固定している10.3mmプラスネジを4本外します。

  7. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 7、 1の画像 1
    • 上部ケースからミッドウォールを持ち上げます。

  8. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, ファン: 手順 8、 3の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, ファン: 手順 8、 3の画像 2 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, ファン: 手順 8、 3の画像 3
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからまっすぐファンコネクタをこじ開けます。

    • スパッジャーをファンケーブルワイヤ下に差し込み、垂直にひねり上げると、コネクタを外しやすくなります。

    • ファンソケットとファンコネクタは、2番目と3番目の画像に表示しています。 スパッジャーを使ってファンコネクタをソケットからまっすぐ上に持ち上げる際に、プラスチック製のファンソケットをロジックボードから外さないように注意してください。 2番目の画像で見れるロジックボードのレイアウトは、お使いのデバイスとは少し異なる場合がありますが、ファンソケットは同じです。

  9. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 9、 1の画像 1
    • 上部ケースにファンを固定している次の3本のネジを外します。

    • 5 mm プラスネジー2本

    • 7 mm プラスネジー1本

    • 3本のネジのうち一番長いものはファンの上部左端に留められています。

  10. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 10、 1の画像 1
    • 上部ケースからファンを持ち上げます。

  11. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, ロジックボード: 手順 11、 1の画像 1
    • 次の手順では、上部ケースにロジックボードを接続している、画像にハイライトされているケーブルの接続を外します。

    • 各コネクタは異なります。そのため、手順に従って、詳細に外し方を確認してください。

  12. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 12、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 12、 2の画像 2
    • バッテリーケーブルカバーを上部ケースに固定しているプラスネジを1本外します。

    • 上部ケースからバッテリーケーブルカバーを取り外します。

  13. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 13、 1の画像 1
    • スパッジャーを使って、バッテリーレベルのインジケーターのケーブルコネクタを、ロジックボードからまっすぐ持ち上げます。

  14. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 14、 1の画像 1
    • バッテリーケーブルコネクタを、ロジックボードからまっすぐ引き抜いて接続を外します。

    • 指でケーブルを掴めない場合は、スパッジャーもしくはピンセットを使って取り出してください。

  15. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 15、 3の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 15、 3の画像 2 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 15、 3の画像 3
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブルの固定フラップを裏返します。

    • キーボードリボンケーブルをソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • キーボードリボンケーブルの右側にある小さなコネクタに別の小さな黒いリボンケーブルが付いている場合は、上記と同じ方法で取り外します。

  16. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 16、 1の画像 1
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからトラックパッドコネクタをまっすぐ持ち上げます。

  17. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 17、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 17、 2の画像 2
    • スパッジャーの先端を使って、ロッキングレバーを跳ね上げ、ソケットからIRセンサーリボンケーブルを解放します。

    • スパッジャーの先端を使って、ロジックボードからIRセンサーリボンケーブルをまっすぐ引き離します。

  18. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 18、 1の画像 1
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボードからハードドライブケーブルコネクタをまっすぐ持ち上げます。

  19. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 19、 1の画像 1
    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブのケーブルコネクタをロジックボードからまっすぐ引き上げます。

  20. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 20、 1の画像 1
    • ソケットからディスプレイデータケーブルのオス側をまっすぐ引き離して、ケーブルの接続を外します。

  21. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 21、 1の画像 1
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーのケーブルコネクタをロジックボードからまっすぐ持ち上げて外します。

  22. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 22、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 22、 2の画像 2
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのプルタブをつまんで、デバイスのDC-in側に向けて回転させます。

    • ディスプレイデーターケーブルのコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。

  23. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 23、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 23、 2の画像 2
    • ディスプレイデータケーブルブラケットを上部ケースに固定している次の2本のネジを外します:

    • 7mmプラスネジ 1本

    • 5mmプラスネジ 1本

    • DC-inボードから7mmプラスネジを2本外します。

    • 上部ケースからディスプレイデータケーブルブラケットを持ち上げます。

  24. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 24、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 24、 2の画像 2
    • 下部ケースのクリップを上部ケースに固定している4mmプラスネジがあれば、外します。

    • 上部ケースから下部ケースのクリップを持ち上げて外します。

  25. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 25、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 25、 2の画像 2
    • 上部ケースにキーボードフレックスのブラケットを固定している5mmプラスネジを2本外します。

    • キーボードのフレックスブラケットを上部ケースを持ち上げます。

  26. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 26、 1の画像 1
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースからマイクを解放します。

  27. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 27、 2の画像 1 MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換: 手順 27、 2の画像 2
    • 上部ケースにロジックボードを固定している次の5本のネジを外します。

    • 3mm プラスネジー4本

    • 3.5mm プラスネジー1本

    • 上部ケースからロジックボードの左側端から持ち上げて、取り出します。

  28. MacBook Unibody Model A1278 DC-Inボードの交換, DC-In ボード: 手順 28、 1の画像 1
    • DC-inボードのコネクタをロジックボードのソケットからまっすぐ引き抜いて、接続を外します。

終わりに

デバイスを再組立する際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

48 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

作成者

3人の作成者と共同で作成されました。

Walter Galan

695,840 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント 1 件

Hello, how I know that DC-In Board it´s the problem and not other part of my macbook? The magsafe is ok. Thanks!

pablo - 返信

コメントを追加

統計データ:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 17

過去 30 日: 81

今までの合計 96,211