メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

このガイドは、お持ちのラップトップからアクセスドアを取り外す方法を説明します。

  1. ケースを閉じたまま、Unibodyを裏返しにして水平に置きます。
    • ケースを閉じたまま、Unibodyを裏返しにして水平に置きます。

    • アクセスドアのリリース用ラッチの溝側を押し込んで、出てきた先端をつかみます。 リリース用ラッチが垂直になるまで持ち上げます。

  2. Manta Driver Kit

    どんな修理にでも対応可能な112ビット

    Upgrade Your Toolbox

    Manta Driver Kit

    Upgrade Your Toolbox
  3. これで、アクセスドアを持ち上げて、Unibodyから取り外せるはずです。
    • これで、アクセスドアを持ち上げて、Unibodyから取り外せるはずです。

終わりに

デバイスを再度組み立てるには、この説明書の逆の順番で組み立ててください。

53 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

629,889 ポイント

1,203のガイドは作成済み

2 件のコメント

Are there more than one A1278? Mine is the MacBook Pro 13” from 2010, which has no access door, but just a single body shell (613-8316-A)

Martin - 返信

Yes there are multiple machines with the model identifier A1278. In fact all non retina 13“ MacBook Pro models share the same A1278 model identifier as well as the Late 2008 Aluminum MacBook. However only the Late 2008 MacBook has the split access door.

Carl Hauschke -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 22

過去 30 日: 115

今までの合計 38,840