メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

MacBook Pro 15" Unibody Late 2008/Early 2009 AirPortカードを交換するためのガイドです。

  1. ケースを閉じた状態で、平らな作業台の上にUnibodyの上部を下側に向けて配置します。 アクセスドアの取り外しラッチの溝のある側を押して、飛び出した側の先端を掴んでください。取り出しラッチを垂直になるまで持ち上げます。
    • ケースを閉じた状態で、平らな作業台の上にUnibodyの上部を下側に向けて配置します。

    • アクセスドアの取り外しラッチの溝のある側を押して、飛び出した側の先端を掴んでください。取り出しラッチを垂直になるまで持ち上げます。

  2. アクセスドアがUnibodyから十分の高さまで持ち上がるはずです。
    • アクセスドアがUnibodyから十分の高さまで持ち上がるはずです。

  3. 次の手順に進む前に、アクセスドアの取り外しラッチが垂直になっているか確認してください。
    • 次の手順に進む前に、アクセスドアの取り外しラッチが垂直になっているか確認してください。

    • 半透明のプラスチックタブを掴んで、バッテリーをUnibodyから引き上げます。

    • ラッチが押されると、バッテリーが所定の位置にロックされます。

  4. 下部ケースにカシス(筐体)を固定している次の8本のネジを外します。
    • 下部ケースにカシス(筐体)を固定している次の8本のネジを外します。

    • 5.4 mmプラスネジー1本

    • 14 mmプラスネジー3本

    • 3.5 mmプラスネジー4本

  5. 両手を使って、上部ケースから下部ケースを持ち上げて取り出します。
    • 両手を使って、上部ケースから下部ケースを持ち上げて取り出します。

  6. 必要に応じて、 EMIガスケットをカメラケーブルコネクタから剥がします。 ケーブルのオス型先端をまっすぐソケットから光学ドライブの開口部分に向けて引っ張り、接続を外します。
    • 必要に応じて、 EMIガスケットをカメラケーブルコネクタから剥がします。

    • ケーブルのオス型先端をまっすぐソケットから光学ドライブの開口部分に向けて引っ張り、接続を外します。

    • このコネクタを基板からまっすぐ上に引っ張り上げないでください。コネクタを基板の表面と並行に引っ張ります。

    • カメラデータケーブルを光学ドライブのチャンネルから巻き戻します。

  7. Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits

    Nintendo Switch Kits

    A quick fix to get back in the game

    Shop Switch Kits
  8. カメラケーブルのブラケットと上部ケースを固定している2本のプラスネジを外します。 一番左のネジはカメラケーブルの中に付いたままです。
    • カメラケーブルのブラケットと上部ケースを固定している2本のプラスネジを外します。

    • 一番左のネジはカメラケーブルの中に付いたままです。

    • カメラケーブルのブラケットをカメラケーブルから外して、デバイスから取り出します。

  9. LVDSケーブルロックに固定されたプラスチックのプルタブを掴んで、コンピューターのDC-inサイドに向けて回転させます。 LVDSコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。
    • LVDSケーブルロックに固定されたプラスチックのプルタブを掴んで、コンピューターのDC-inサイドに向けて回転させます。

    • LVDSコネクタをソケットからまっすぐ引き抜きます。

    • LCDSケーブルの接続を外す際には、LVDSケーブルロックに固定された黒色のタブを引っ張らないでください。コネクタをソケットからゆっくりと引き伸ばしながらケーブルを揺らすとうまくいきます。

  10. LVDSケーブルブラケットから7 mmプラスネジを外します。 このネジはLVDSケーブルの中に付いたままです。
    • LVDSケーブルブラケットから7 mmプラスネジを外します。

    • このネジはLVDSケーブルの中に付いたままです。

    • 上部ケースからLVDSケーブルのブラケットを持ち上げます。

  11. 上部ケースにディスプレイの左右サイドを固定している6 mmトルクスネジを各2本ずつ外します。(合計4本)
    • 上部ケースにディスプレイの左右サイドを固定している6 mmトルクスネジを各2本ずつ外します。(合計4本)

  12. MacBook Proを開口します。そしてディスプレイを垂直に立てます。
    • MacBook Proを開口します。そしてディスプレイを垂直に立てます。

    • 画像のようにMacBook Proをテーブル上に配置します。

    • ディスプレイと上部ケースを片手で両方を掴み、下部ディスプレイブラケットから6 mmトルクスネジを外します。

  13. ディスプレイと上部ケースを同時に片手で固定してください。固定していなければ、ディスプレイ/上部ケースが倒れてしまい、各コンポーネントにダメージを与えてしまいます。
    • ディスプレイと上部ケースを同時に片手で固定してください。固定していなければ、ディスプレイ/上部ケースが倒れてしまい、各コンポーネントにダメージを与えてしまいます。

    • 上部ケースにディスプレイを固定している最後の6 mmトルクスネジを外します。

  14. 右手で上部ケースを掴んで、ディスプレイの上部に向けて若干ずらします。すると上部ディスプレイブラケットが上部ケースの端から外れます。 ディスプレイを上部ケースから少しずらします。 ディスプレイを上部ケースから持ち上げて外します。ケーブルやブラケットが絡まないようにご注意ください。
    • 右手で上部ケースを掴んで、ディスプレイの上部に向けて若干ずらします。すると上部ディスプレイブラケットが上部ケースの端から外れます。

    • ディスプレイを上部ケースから少しずらします。

    • ディスプレイを上部ケースから持ち上げて外します。ケーブルやブラケットが絡まないようにご注意ください。

  15. クラッチカバーをディスプレイの右側端に向けてスライドします。
    • クラッチカバーをディスプレイの右側端に向けてスライドします。

    • クラッチカバーが約0.5cmほど動いたら止めます。それ以上右側に押さないでください。

    • クラッチカバーを再度取り付けるときは、ディスプレイの最終取り付け位置の右側にあるディスプレイの下端から約.25インチ突き出ているコンポーネントの上に滑り込ませるようにしてください。

  16. 左端から作業を始めて、クラッチヒンジから引き離しながら、長軸に沿ってクラッチカバーを左右に揺り動かします。 右から左に作業を動かして、ディスプレイアセンブリ下側端に沿って、クラッチを慎重に外して持ち上げます。
    • 左端から作業を始めて、クラッチヒンジから引き離しながら、長軸に沿ってクラッチカバーを左右に揺り動かします。

    • 右から左に作業を動かして、ディスプレイアセンブリ下側端に沿って、クラッチを慎重に外して持ち上げます。

    • クラッチカバーを持ち上げてフロントベゼルから外して、脇に置きます。

    • クラッチカバーを再装着するときは、所定の位置にカバーを取り付けた時、クラッチカバー開口部の端に付いた小さな黒いプラスチック製カバーの上を滑らせながら開口部を広げてください。 外ケースカバーには、右側のクラッチヒンジを固定する、非常に薄くて壊れやすいプラスチック製アームがあります。

  17. AirPortボードを固定している2本のプラスネジを外します。 慎重に、2本のアンテナケーブルとAirPortケーブルの接続を外します。
    • AirPortボードを固定している2本のプラスネジを外します。

    • 慎重に、2本のアンテナケーブルとAirPortケーブルの接続を外します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

36 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Will Budney

メンバー登録日: 2010年04月28日

2,200 ポイント

2のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 13

過去 7 日: 25

過去 30 日: 158

今までの合計 53,331