メインコンテンツにスキップ

はじめに

消耗した右側ファンを交換するにはこのガイドを参照してください。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 13.5(14.1)mm プラスネジー3本

    • 3 mm プラスネジー7本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。 ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。
    • ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。

    • ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。

    • ソケットから接続を外す際、コネクターの縦側の両サイドを上向きに持ち上げると簡単です。

  4. Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る

    Apple Watch キット

    スクリーンとバッテリー の修理が簡単にできます。

    ショップを見る
  5. バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。
    • バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。

  6. スパッジャーを使ってファンのコネクタを基板からまっすぐ引き離します。 コネクタを解放するためには、ファンケーブルのワイヤの下から差し込んだスパッジャーを捻って外すと作業がしやすいです。 ファンソケットとファンコネクタは2、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンコネクタをソケットから持ち上げて引き離すため、プラスチックのファン用ソケットを壊さないようにご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できます。お手元にある基板とは若干異なる場合がありますが、ファンソケットは同じはずです。
    • スパッジャーを使ってファンのコネクタを基板からまっすぐ引き離します。

    • コネクタを解放するためには、ファンケーブルのワイヤの下から差し込んだスパッジャーを捻って外すと作業がしやすいです。

    • ファンソケットとファンコネクタは2、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンコネクタをソケットから持ち上げて引き離すため、プラスチックのファン用ソケットを壊さないようにご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できます。お手元にある基板とは若干異なる場合がありますが、ファンソケットは同じはずです。

  7. 基板と上部ケースに右側ファンを固定しているT6トルクスネジを3本外します。
    • 基板と上部ケースに右側ファンを固定しているT6トルクスネジを3本外します。

  8. 上部ケースから右側ファンを持ち上げます。
    • 上部ケースから右側ファンを持ち上げます。

まとめ

デバイスを再組み立てするには、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

38 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

604,115 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

I broke the plastic fan socket off the logic board. Any suggestions?

AdPrinceadventure - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 16

過去 30 日: 64

今までの合計 15,965