メインコンテンツにスキップ

はじめに

このガイドを使ってUSB 3.0 端子、HDMI端子とSDXCカードリーダーを含む I/Oボードの交換をします。

I/Oボードを交換するにはSSDを必ず取り出さなければなりません。この作業をすることによって修理全体の作業が簡単になります。もし I/OボードをSSD取り外しをしなくてもできる自信がある場合は、SSDの手順をスキップしてください。

  1. MacBook Proに固定された下部ケースから次のP5 ペンターブネジを取り外します。
    • MacBook Proに固定された下部ケースから次のP5 ペンターブネジを取り外します。

    • 3.1 mm−8本

    • 2.3 mm−2本

  2. クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。 クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。
    • クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。

  3. 底面ケースには、上部ケース(オレンジ色)のプラスチッククリップに収まるプラスチック製の2つのペグ(赤色)があります。 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。
    • 底面ケースには、上部ケース(オレンジ色)のプラスチッククリップに収まるプラスチック製の2つのペグ(赤色)があります。

    • 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。

  4. バッテリーコネクタを覆うステッカーを巻き戻します。
    • バッテリーコネクタを覆うステッカーを巻き戻します。

  5. バッテリーコネクターの両側を静かに持ち上げて、コネクターをロジックボード上のソケットから引き出します。 バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。 バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。
    • バッテリーコネクターの両側を静かに持ち上げて、コネクターをロジックボード上のソケットから引き出します。

    • バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。

  6. ピンセットもしくはスパッジャーを使って、AirPortボード上のソケットからAirPortアンテナケーブルの3箇所をこじ開けて外し、作業の邪魔にならないように反対側に折り曲げます。 ケーブルの接続部分は大変デリケートです。コネクタのみを持ち上げてください。ソケットやケーブルには接触しないようご注意ください。 再接続の際は、コネクタをソケット上の位置に揃えて、スパッジャーの平面側を使ってしっかりと押さえ込んで装着します。
    • ピンセットもしくはスパッジャーを使って、AirPortボード上のソケットからAirPortアンテナケーブルの3箇所をこじ開けて外し、作業の邪魔にならないように反対側に折り曲げます。

    • ケーブルの接続部分は大変デリケートです。コネクタのみを持ち上げてください。ソケットやケーブルには接触しないようご注意ください。

    • 再接続の際は、コネクタをソケット上の位置に揃えて、スパッジャーの平面側を使ってしっかりと押さえ込んで装着します。

  7. 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。
    • 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。

  8. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクターを基板上のソケットから押して接続を外します。 基板に対して平行になるようにこじ開けます。一方の角を押したらソケットからその反対側のコネクタを”ずらします”。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクターを基板上のソケットから押して接続を外します。

    • 基板に対して平行になるようにこじ開けます。一方の角を押したらソケットからその反対側のコネクタを”ずらします”。

  9. 指を使ってAirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。 ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのため、ダメージを与えないように、引っ張る際は丁寧に作業を進めてください。 ゆっくりとプラスチックのケーブルガイドからケーブルを巻き戻します。
    • 指を使ってAirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。

    • ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのため、ダメージを与えないように、引っ張る際は丁寧に作業を進めてください。

    • ゆっくりとプラスチックのケーブルガイドからケーブルを巻き戻します。

    • 再組み立ての際は、ファンにケーブルを装着するため十分な接着剤が必要です。

  10. I/Oボードケーブルのコネクターカバーを固定している2.2 mm T5トルクスネジを4本外します。
    • I/Oボードケーブルのコネクターカバーを固定している2.2 mm T5トルクスネジを4本外します。

  11. 左側のコネクターカバーを取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、 基板上のソケットからI/Oボードケーブルの左側先端を持ち上げます。
    • 左側のコネクターカバーを取り出します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、 基板上のソケットからI/Oボードケーブルの左側先端を持ち上げます。

  12. 右側のコネクターカバーを取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから I/Oボードケーブルの右側先端をこじ開けます。
    • 右側のコネクターカバーを取り出します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから I/Oボードケーブルの右側先端をこじ開けます。

  13. ファンに固定されている接着剤から 上部 I/Oボードケーブルを剥がして取り出します。
    • ファンに固定されている接着剤から 上部 I/Oボードケーブルを剥がして取り出します。

    • ケーブルを取り出します。

  14. 基板に右側ファンを取り付けている次のネジを外します。
    • 基板に右側ファンを取り付けている次のネジを外します。

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本(2.0mm肩付き)

    • 4.0 mm ネジー1本

    • 4.4 mm ー1本

  15. スパッジャーの先端を使って、右側ファンリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。 蝶番の固定フラップのみ接触してください。ソケット自体には触らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、右側ファンリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップのみ接触してください。ソケット自体には触らないでください。

  16. ファンを持ち上げて、ソケットからファケーブルを解放するため、ゆっくりとMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。 ファンケーブルは基板に接着されていることがあります。ケーブルを裂かないようにするためには、ファンを持ち上げながら丁寧に剥がしてください。
    • ファンを持ち上げて、ソケットからファケーブルを解放するため、ゆっくりとMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。

    • ファンケーブルは基板に接着されていることがあります。ケーブルを裂かないようにするためには、ファンを持ち上げながら丁寧に剥がしてください。

    • ファンを取り出します。

  17. 基板にSSDを固定している2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板にSSDを固定している2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。

  18. 裏側にあるスピーカーに手が届くようにSSDの先端を持ち上げます。 SSDを高く持ち上げないでください。ソケットや接続部分にダメージを与えてしまいます。 基板上のソケットからSSDをまっすぐ引き出します。
    • 裏側にあるスピーカーに手が届くようにSSDの先端を持ち上げます。

    • SSDを高く持ち上げないでください。ソケットや接続部分にダメージを与えてしまいます。

    • 基板上のソケットからSSDをまっすぐ引き出します。

  19. スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのコネクター上のロック機能を持ち上げます。 スパッジャーでこれを反対側に裏返して、スパッジャーの平面側先端を使ってコネクターからI/Oケーブルをスライドします。 コネクターからI/Oケーブルをスライドする簡単な方法は、外れたロッキング部分を押し込むことです。この作業によって、アクシデントでケーブルやコネクターの接続部分に与えるダメージを防ぐことができます。
    • スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのコネクター上のロック機能を持ち上げます。

    • スパッジャーでこれを反対側に裏返して、スパッジャーの平面側先端を使ってコネクターからI/Oケーブルをスライドします。

    • コネクターからI/Oケーブルをスライドする簡単な方法は、外れたロッキング部分を押し込むことです。この作業によって、アクシデントでケーブルやコネクターの接続部分に与えるダメージを防ぐことができます。

  20. I/Oボードから3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。
    • I/Oボードから3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

  21. ゆっくりとI/Oボードの内側の先端を持ち上げて、MacBookの中央側に向けて引っ張り、ケースから解放します。 I/Oボードを取り出します。
    • ゆっくりとI/Oボードの内側の先端を持ち上げて、MacBookの中央側に向けて引っ張り、ケースから解放します。

    • I/Oボードを取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

12 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

en jp

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

472,610 ポイント

410のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

137 メンバー

16,049のガイドは作成済み

コメント1件

Be _VERY_ careful with the connector on the end of the I/O cable. Especially since it abuts to the speaker. It is easy to insert it diagonally but that could break the edge pins on the connector. Step 19 of this job (and the inverse) needs at least three hands.

Bryan Lunt - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 7

過去 7 日: 64

過去 30 日: 252

今までの合計 15,856