メインコンテンツにスキップ

はじめに

このMacBookのデュアルマイクロフォンはシングルケーブルで接続されており、ロジックボードの下に隠れています。このガイドに従ってフレックスケーブルとデュアルマイクロフォンを交換します。

  1. MacBook Proに固定された底面ケースから次のペンタブネジを取り外します。
    • MacBook Proに固定された底面ケースから次のペンタブネジを取り外します。

    • 3.1 mm−8本

    • 2.3 mm−2本

  2. クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。 クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。
    • クラッチカバーに最も近い端から持ち上げて、MacBook Proの底面ケースを持ち上げます。

  3. 底面ケースには、上部ケース(オレンジ色)のプラスチッククリップに収まるプラスチック製の2つのペグ(赤色)があります。 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。
    • 底面ケースには、上部ケース(オレンジ色)のプラスチッククリップに収まるプラスチック製の2つのペグ(赤色)があります。

    • 再組立中に、底面ケースの中心を静かに押し下げて、2つのプラスチッククリップにケースを再び取り付けます。

  4. バッテリーコネクタを覆うステッカーを巻き戻します。
    • バッテリーコネクタを覆うステッカーを巻き戻します。

  5. バッテリーコネクターの両側を静かに持ち上げて、コネクターをロジックボード上のソケットから引き出します。 バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。 バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。
    • バッテリーコネクターの両側を静かに持ち上げて、コネクターをロジックボード上のソケットから引き出します。

    • バッテリーコネクターが誤ってロジックボードに接触しないように、コネクターをバッテリーの方に戻してください。

  6. AirPortアンテナケーブルコネクター3つをAirPortボード上のソケットから接続を外して、邪魔にならないように反対側に折り曲げます。 コネクターをこじ開けないようにご注意ください。ソケット上のケーブルも同様です。 コネクターをこじ開けないようにご注意ください。ソケット上のケーブルも同様です。
    • AirPortアンテナケーブルコネクター3つをAirPortボード上のソケットから接続を外して、邪魔にならないように反対側に折り曲げます。

    • コネクターをこじ開けないようにご注意ください。ソケット上のケーブルも同様です。

  7. 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。
    • 右側のゴム製カバーをファンから引き上げて、反対側に折り曲げます。

  8. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクターを基板上のソケットから押して接続を外します。 基板に対して平行になるようにこじ開けます。一方の角を押したらソケットからその反対側のコネクタを”ずらします”。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルコネクターを基板上のソケットから押して接続を外します。

    • 基板に対して平行になるようにこじ開けます。一方の角を押したらソケットからその反対側のコネクタを”ずらします”。

  9. 指を使ってAirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。 ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのため、ダメージを与えないように、引っ張る際は丁寧に作業を進めてください。 ゆっくりとプラスチックのケーブルガイドからケーブルを巻き戻します。
    • 指を使ってAirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。

    • ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのため、ダメージを与えないように、引っ張る際は丁寧に作業を進めてください。

    • ゆっくりとプラスチックのケーブルガイドからケーブルを巻き戻します。

    • 再組み立ての際は、ファンにケーブルを装着するため十分な接着剤が必要です。

  10. I/Oボードケーブルのコネクターカバーを固定している2.2 mm T5トルクスネジを4本外します。
    • I/Oボードケーブルのコネクターカバーを固定している2.2 mm T5トルクスネジを4本外します。

  11. 左側のコネクターカバーを取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、 基板上のソケットからI/Oボードケーブルの左側先端を持ち上げます。
    • 左側のコネクターカバーを取り出します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、 基板上のソケットからI/Oボードケーブルの左側先端を持ち上げます。

  12. 右側のコネクターカバーを取り出します。 スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから I/Oボードケーブルの右側先端をこじ開けます。
    • 右側のコネクターカバーを取り出します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから I/Oボードケーブルの右側先端をこじ開けます。

  13. ファンに固定されている接着剤から I/Oボードケーブルを剥がして取り出します。
    • ファンに固定されている接着剤から I/Oボードケーブルを剥がして取り出します。

    • ケーブルを取り出します。

  14. 基板に右側ファンを取り付けている次のネジを外します。
    • 基板に右側ファンを取り付けている次のネジを外します。

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 4.0 mm T5トルスクスネジー1本

    • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

  15. スパッジャーの先端を使って、右側ファンリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。 蝶番の固定フラップのみ接触してください。ソケット自体には触らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、右側ファンリボンケーブルのZIFソケット上にある固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップのみ接触してください。ソケット自体には触らないでください。

  16. ファンを持ち上げて、ソケットからファケーブルを解放するため、ゆっくりとMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。 ファンケーブルは基板に接着されていることがあります。ケーブルを裂かないようにするためには、ファンを持ち上げながら丁寧に剥がしてください。
    • ファンを持ち上げて、ソケットからファケーブルを解放するため、ゆっくりとMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。

    • ファンケーブルは基板に接着されていることがあります。ケーブルを裂かないようにするためには、ファンを持ち上げながら丁寧に剥がしてください。

    • ファンを取り出します。

  17. ファンから左側のゴム製カバーを剥がして反対側に折り曲げます。 ファンから左側のゴム製カバーを剥がして反対側に折り曲げます。
    • ファンから左側のゴム製カバーを剥がして反対側に折り曲げます。

  18. 基板に左側ファンを固定している次のネジを外します。
    • 基板に左側ファンを固定している次のネジを外します。

    • 3.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 4.4 mm T5 トルクスネジー1本

  19. スパッジャーの先端を使って、左側ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、左側ファンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップのみこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

  20. ファンを持ち上げて、ソケットからファンケーブルを解放するためにMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。 ファンケーブルは基板に接着剤で固定されています。ケーブルを切断しないようにファンを持ち上げながら取り出してください。
    • ファンを持ち上げて、ソケットからファンケーブルを解放するためにMacBookの後ろ側端に向けて押し出します。

    • ファンケーブルは基板に接着剤で固定されています。ケーブルを切断しないようにファンを持ち上げながら取り出してください。

    • ファンを取り出します。

  21. 基板にSSDを固定している2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板にSSDを固定している2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。

  22. 裏側にあるスピーカーに手が届くようにSSDの先端を持ち上げます。 SSDを高く持ち上げないでください。ソケットや接続部分にダメージを与えてしまいます。 基板上のソケットからSSDをまっすぐ引き出します。
    • 裏側にあるスピーカーに手が届くようにSSDの先端を持ち上げます。

    • SSDを高く持ち上げないでください。ソケットや接続部分にダメージを与えてしまいます。

    • 基板上のソケットからSSDをまっすぐ引き出します。

  23. スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのコネクター上のロック機能を持ち上げます。 スパッジャーでこれを反対側に裏返して、スパッジャーの平面側先端を使ってコネクターからI/Oケーブルをスライドします。 コネクターからI/Oケーブルをスライドする簡単な方法は、外れたロッキング部分を押し込むことです。この作業によって、アクシデントでケーブルやコネクターの接続部分に与えるダメージを防ぐことができます。
    • スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのコネクター上のロック機能を持ち上げます。

    • スパッジャーでこれを反対側に裏返して、スパッジャーの平面側先端を使ってコネクターからI/Oケーブルをスライドします。

    • コネクターからI/Oケーブルをスライドする簡単な方法は、外れたロッキング部分を押し込むことです。この作業によって、アクシデントでケーブルやコネクターの接続部分に与えるダメージを防ぐことができます。

  24. I/Oボードから3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。
    • I/Oボードから3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

  25. ゆっくりとI/Oボードの内側の先端を持ち上げて、MacBookの中央側に向けて引っ張り、ケースから解放します。 I/Oボードを取り出します。
    • ゆっくりとI/Oボードの内側の先端を持ち上げて、MacBookの中央側に向けて引っ張り、ケースから解放します。

    • I/Oボードを取り出します。

  26. 基板にtouchpadケーブルコネクターを固定している2.2 mm Torx T5トルクスネジを2本外します。 カバーを取り出します。
    • 基板にtouchpadケーブルコネクターを固定している2.2 mm Torx T5トルクスネジを2本外します。

    • カバーを取り出します。

  27. スパッジャーの平面側先端を使って、基板中のソケットからtouchpadケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端をわずかにひねるとケーブルコネクターはこのタイプのソケットから簡単に外すことができます。 コネクタのみに接触してください。基板のソケットには触らないでください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板中のソケットからtouchpadケーブルコネクターの接続を外します。

    • スパッジャーの平面側先端をわずかにひねるとケーブルコネクターはこのタイプのソケットから簡単に外すことができます。

    • コネクタのみに接触してください。基板のソケットには触らないでください。

  28. 小さなゴム製キャップをヒートシンクの先端にあるネジから外します。
    • 小さなゴム製キャップをヒートシンクの先端にあるネジから外します。

  29. 基板アセンブリを上部ケースに固定している次の6本のネジを取り外します。
    • 基板アセンブリを上部ケースに固定している次の6本のネジを取り外します。

    • 3.8 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.7 mm T5トルクスネジー2本

    • 5.6 mm T5トルクスネジー1本(このネジはシルバーで他のネジに比べると若干高くなっています。)

    • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.2 mm T5トルクスネジー1本

    • 再組み立ての際は、6本のネジを取り付けますが完全に締めないでください。基板が少し動くほどまで残しておきます。上部ケース端にあるポート用端子がきちんと装着してネジが正しい位置に装着されているのを確認できたら、ネジをきつく締めてください。

  30. 次の手順では下の6つのコネクタの接続を外します。各手順をしっかりと読んでから作業に移ってください。これらのコネクタのタイプは様々で、外し方も異なります。
    • 次の手順では下の6つのコネクタの接続を外します。各手順をしっかりと読んでから作業に移ってください。これらのコネクタのタイプは様々で、外し方も異なります。

    • マイクケーブル

    • 左側スピーカーケーブル

    • キーボードデータケーブル

    • 右側スピーカーケーブル

    • キーボード用バックライトケーブル

    • ディスプレイデータケーブル

    • 再組み立ての際は、これらのコネクタが全て接続されているか、ソケットにしっかりと装着されているか確認してください。

  31. スパッジャーの先端を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。 ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。 ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。

  32. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクタを持ち上げて、基板上のソケットから接続を外します。 ケーブルコネクタをこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。基板からソケットをこじ開けてしまうと永久的なダメージにつながります。 ケーブルをゆっくりと折り曲げて、基板から離します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクタを持ち上げて、基板上のソケットから接続を外します。

    • ケーブルコネクタをこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。基板からソケットをこじ開けてしまうと永久的なダメージにつながります。

    • ケーブルをゆっくりと折り曲げて、基板から離します。

  33. キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。 キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。
    • キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。

  34. スパッジャーの先端を使って、キーボードデータケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番のついた固定フラップを持ち上げてください。ソケットには接触しないでください。 キーボードデータケーブルをZIFソケットから引っ張り、基板と並行に折り曲げます。まっすぐ上向きに引っ張らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードデータケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番のついた固定フラップを持ち上げてください。ソケットには接触しないでください。

    • キーボードデータケーブルをZIFソケットから引っ張り、基板と並行に折り曲げます。まっすぐ上向きに引っ張らないでください。

  35. スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをこじ開けて、基板上のソケットから接続を外します。 ケーブルコネクターのみこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。ソケットをこじ開けてしまい、基板から外してしまうとダメージに繋がります。 ケーブルを基板から邪魔にならない位置に丁寧に折り曲げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをこじ開けて、基板上のソケットから接続を外します。

    • ケーブルコネクターのみこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。ソケットをこじ開けてしまい、基板から外してしまうとダメージに繋がります。

    • ケーブルを基板から邪魔にならない位置に丁寧に折り曲げます。

  36. スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。

  37. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。

  38. ディスプレイデータケーブルをまっすぐ基板上のソケットから持ち上げます。 ソケットは大変デリケートです。ディスプレイデータケーブルを高く上向きに引っ張らないでください。ケーブルを基板と並行に引っ張ります。 データコネクタやソケット上のコネクターを指やツールで接触しないでください。油脂が付着してしまうとピンにダメージを与えることがあります。
    • ディスプレイデータケーブルをまっすぐ基板上のソケットから持ち上げます。

    • ソケットは大変デリケートです。ディスプレイデータケーブルを高く上向きに引っ張らないでください。ケーブルを基板と並行に引っ張ります。

    • データコネクタやソケット上のコネクターを指やツールで接触しないでください。油脂が付着してしまうとピンにダメージを与えることがあります。

    • ディスプレイの蝶番側に向けてディスプレイデータケーブルを丁寧に折り曲げます。MagSafe 2ボード上のネジが触れるようにします。

  39. MagSafe 2ボードから4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。
    • MagSafe 2ボードから4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。

  40. 上部ケースから基板アセンブリ全体を持ちあげて取り出します。 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。
    • 上部ケースから基板アセンブリ全体を持ちあげて取り出します。

    • 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。

  41. マイクロフォンケーブルを少しだけ持ち上げながら、スパッジャーの平坦な先端をケーブルの下に差し込み、ケーブルを上部ケースに固定している接着剤を剥がします。 マイクロフォンケーブルを取り外します。 マイクロフォンケーブルを取り外します。
    • マイクロフォンケーブルを少しだけ持ち上げながら、スパッジャーの平坦な先端をケーブルの下に差し込み、ケーブルを上部ケースに固定している接着剤を剥がします。

    • マイクロフォンケーブルを取り外します。

終わりに

元通りに組み立てる際には、これらの手順を逆に実行してください。

ある他の人がこのガイドを完成しました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

prednin5mgさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

429,470 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

108 メンバー

9,537のガイドは作成済み

コメント1件

Dear Andrew,

Thank you so much for an amazing guide. The only trouble I have is sourcing the part. The only microphones I can find online are 2012-2013 compatible models.

Apple Part #:

923-0100

Manufacturer Part #:

821-1571-A

Are these the same part, and if not do you by any chance have a suggestion for finding the correct part number?

Best regards,

Rob

Rob Smith - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 6

過去 7 日: 60

過去 30 日: 237

今までの合計 14,492