メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

はじめに

基板アセンブリ(基板+ヒートシンク、airportカードなど)を外すための必須条件。基板ならびに上部ケースの修理ガイドに利用できます。

  1. 基板にtouchpadケーブルコネクターを固定している2.2 mm Torx T5トルクスネジを2本外します。 カバーを取り出します。
    • 基板にtouchpadケーブルコネクターを固定している2.2 mm Torx T5トルクスネジを2本外します。

    • カバーを取り出します。

  2. スパッジャーの平面側先端を使って、基板中のソケットからtouchpadケーブルコネクターの接続を外します。 スパッジャーの平面側先端をわずかにひねるとケーブルコネクターはこのタイプのソケットから簡単に外すことができます。 コネクタのみに接触してください。基板のソケットには触らないでください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板中のソケットからtouchpadケーブルコネクターの接続を外します。

    • スパッジャーの平面側先端をわずかにひねるとケーブルコネクターはこのタイプのソケットから簡単に外すことができます。

    • コネクタのみに接触してください。基板のソケットには触らないでください。

  3. 小さなゴム製キャップをヒートシンクの先端にあるネジから外します。
    • 小さなゴム製キャップをヒートシンクの先端にあるネジから外します。

  4. 基板アセンブリを上部ケースに固定している次の6本のネジを取り外します。
    • 基板アセンブリを上部ケースに固定している次の6本のネジを取り外します。

    • 3.8 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.7 mm T5トルクスネジー2本

    • 5.6 mm T5トルクスネジー1本(このネジはシルバーで他のネジに比べると若干高くなっています。)

    • 2.6 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.2 mm T5トルクスネジー1本

    • 再組み立ての際は、6本のネジを取り付けますが完全に締めないでください。基板が少し動くほどまで残しておきます。上部ケース端にあるポート用端子がきちんと装着してネジが正しい位置に装着されているのを確認できたら、ネジをきつく締めてください。

  5. 次の手順では下の6つのコネクタの接続を外します。各手順をしっかりと読んでから作業に移ってください。これらのコネクタのタイプは様々で、外し方も異なります。
    • 次の手順では下の6つのコネクタの接続を外します。各手順をしっかりと読んでから作業に移ってください。これらのコネクタのタイプは様々で、外し方も異なります。

    • マイクケーブル

    • 左側スピーカーケーブル

    • キーボードデータケーブル

    • 右側スピーカーケーブル

    • キーボード用バックライトケーブル

    • ディスプレイデータケーブル

    • 再組み立ての際は、これらのコネクタが全て接続されているか、ソケットにしっかりと装着されているか確認してください。

  6. iPhone LCDスクリーン修理キット

    生涯保証付きの低コストオプション

    キット商品を見る

    iPhone LCDスクリーン修理キット

    品質ではなく、修理コストを削減しましょう。

    キット商品を見る
  7. スパッジャーの先端を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。 ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。 ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。
    • スパッジャーの先端を使ってマイクリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • ソケットからマイクリボンケーブルを基板と並行に引っ張ります。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクタを持ち上げて、基板上のソケットから接続を外します。 ケーブルコネクタをこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。基板からソケットをこじ開けてしまうと永久的なダメージにつながります。 ケーブルをゆっくりと折り曲げて、基板から離します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクタを持ち上げて、基板上のソケットから接続を外します。

    • ケーブルコネクタをこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。基板からソケットをこじ開けてしまうと永久的なダメージにつながります。

    • ケーブルをゆっくりと折り曲げて、基板から離します。

  9. キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。 キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。
    • キーボードデータケーブルコネクタの上部を覆っているカバーを外します。

  10. スパッジャーの先端を使って、キーボードデータケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番のついた固定フラップを持ち上げてください。ソケットには接触しないでください。 キーボードデータケーブルをZIFソケットから引っ張り、基板と並行に折り曲げます。まっすぐ上向きに引っ張らないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードデータケーブルZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番のついた固定フラップを持ち上げてください。ソケットには接触しないでください。

    • キーボードデータケーブルをZIFソケットから引っ張り、基板と並行に折り曲げます。まっすぐ上向きに引っ張らないでください。

  11. スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをこじ開けて、基板上のソケットから接続を外します。 ケーブルコネクターのみこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。ソケットをこじ開けてしまい、基板から外してしまうとダメージに繋がります。 ケーブルを基板から邪魔にならない位置に丁寧に折り曲げます。
    • スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをこじ開けて、基板上のソケットから接続を外します。

    • ケーブルコネクターのみこじ開けてください。基板上のソケットには接触しないでください。ソケットをこじ開けてしまい、基板から外してしまうとダメージに繋がります。

    • ケーブルを基板から邪魔にならない位置に丁寧に折り曲げます。

  12. スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。 スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードのバックライトコネクターを基板上のソケットから接続を外します。

  13. スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。 スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ディスプレイデータのケーブルロックの接続を持ち上げて、MagSafe 2パワーポート側に折り曲げます。

  14. ディスプレイデータケーブルをまっすぐ基板上のソケットから持ち上げます。 ソケットは大変デリケートです。ディスプレイデータケーブルを高く上向きに引っ張らないでください。ケーブルを基板と並行に引っ張ります。 データコネクタやソケット上のコネクターを指やツールで接触しないでください。油脂が付着してしまうとピンにダメージを与えることがあります。
    • ディスプレイデータケーブルをまっすぐ基板上のソケットから持ち上げます。

    • ソケットは大変デリケートです。ディスプレイデータケーブルを高く上向きに引っ張らないでください。ケーブルを基板と並行に引っ張ります。

    • データコネクタやソケット上のコネクターを指やツールで接触しないでください。油脂が付着してしまうとピンにダメージを与えることがあります。

    • ディスプレイの蝶番側に向けてディスプレイデータケーブルを丁寧に折り曲げます。MagSafe 2ボード上のネジが触れるようにします。

  15. MagSafe 2ボードから4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。
    • MagSafe 2ボードから4.0 mm T5トルクスネジを2本外します。

  16. 上部ケースから基板アセンブリ全体を持ちあげて取り出します。 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。
    • 上部ケースから基板アセンブリ全体を持ちあげて取り出します。

    • 再組み立ての際は、端子が上部ケースのカットアウトと揃っているか確認してください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

2 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

438,619 ポイント

425のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

110 メンバー

10,617のガイドは作成済み

0 件のコメント

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 0

過去 7 日: 1

過去 30 日: 4

今までの合計 712