メインコンテンツにスキップ

はじめに

MagSafe 2 パワーアダプタにダメージが入っている場合、これを交換する必要があります。このガイドを使って、MagSafe DC-Inボードの交換パーツをインストールします。

  1. MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。
    • MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。

    • 3.0 mmー8本

    • 2.3 mmー2本

  2. クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。
    • クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。

    • 底ケースを脇に置きます。

  3. バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。
    • バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。

  4. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。 バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。

    • バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。

  5. スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、3本のAirPortアンテナケーブルをAirPortボード上のソケットから接続を真っ直ぐ引き上げます。

  6. スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。
    • スパッジャーの先端を使って、カメラケーブルのコネクタをファン側に押して、基板上のソケットから外します。

    • 基板に対して平行に押してください。コネクタの一方をまず押してから、反対側を押してください。ソケットには接触しないでください。

  7. 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。 スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。 カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。
    • 右側ファン上にあるゴム製ヒートシンクカバーの下にスパッジャーの平面側先端を差し込みます。

    • スパッジャーをカバー全体にスライドしながら、接着剤を剥がします。

    • カバーを持ち上げて、裏返します。これで下にあるケーブルにアクセスできます。

  8. 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。 ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。
    • 指先を使って、AirPort/カメラケーブルをファンから引っ張ります。

    • ケーブルはファンに接着剤で固定されています。そのためダメージを与えないように、引っ張る際はゆっくりと丁寧に作業を進めてください。

    • 丁寧にプラスチックのケーブルガイドからケーブルを外します。

  9. スパッジャーの平面側先端を使って、ゴム製蝶番カバーを左右の蝶番から剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、ゴム製蝶番カバーを左右の蝶番から剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ゴム製蝶番カバーを左右の蝶番から剥がします。

  10. スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。 MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/O ボードコネクターを基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。再組み立ての際は、このコネクターの先端を先に接続してください。

    • 同じ方法で、I/OボードコネクタをI/Oボード上のソケットから接続を外します。

    • MacBook ProからI/Oボードケーブルを外します。

  11. 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板上のAirPortカードに固定された2.9 mm T5トルクスネジを1本外します。

  12. MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。 MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。
    • MacBook ProからAirPortカードを取り出して、AirPortの薄くなっている端を掴んで、基板と平行に引っ張ります。

  13. スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。
    • スパッジャーの先端を使って、右側ファンのリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げて裏返します。

    • 固定フラップの蝶番部分をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • 右側ファンケーブルの下に差し込んだプラスチック製の開口ツールをケーブル上部からスライドして、基板から解放します。

    • ケーブルを外す際はご注意ください。基板に多量の接着剤で固定されています。

  14. 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。
    • 基板に右側ファンを固定している次のネジを外します。

    • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.9 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.0 mm T5トルクスネジ(2 mmカラー)ー1本

  15. MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。
    • MacBook Proから右側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、3本のファン用ネジを装着した後にファンリボンケーブルを接続するよりも先にファンを固定してからケーブルを接続する方が簡単です。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。

  17. 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。
    • 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。

    • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.9 mm T5ワイドヘッドトルクスネジー1本

  18. スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。
    • スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。

    • ケーブルを外す際はご注意ください。ケーブルは頑丈な接着剤によって基板に固定されています。必要に応じてiOpenerやドライヤーを使ってケーブルに留められた接着剤を柔らかくするため、ケーブルを温めてください。取り外す作業がスムーズにいきます。

    • デバイスから左側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、ファンのネジを3本取り付けた後に行うよりも、ファンを固定の場所に置いてファン用のリボンケーブルを接続する方法が簡単です。

  19. 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。
    • 基板にSSDを固定している3.1 mm T5トルクスネジを1本外します。

  20. ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。 ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。
    • ゆっくりと一番右側のSSDを持ち上げて、基板上のソケットから真っ直ぐスライドして外します。

  21. スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。 スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。
    • スパッジャーの先端を使ってI/Oボードのデータケーブルのロックを持ち上げて外し、バッテリー側に回します。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、I/Oボードデータのケーブルをまっすぐ基板上のソケットからスライドして外します。

    • ソケットは大変デリケートのため、I/Oボードのデータケーブルを上向きに引っ張らないでください。基板に平行してケーブルを引っ張ります。

  22. 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。 ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。
    • 基板にI/Oボードを固定している3.1 mm T5トルクスネジを2本外します。

    • ゆっくりとI/Oボードを持ち上げて底ケースから取り出します。

  23. スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。 右側のスピーカーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側スピーカーのコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • 右側のスピーカーコネクターを基板上のソケットから持ち上げて接続を外します。

    • ケーブルの先端をこじ開けてください。ソケット自体には接触しないでください。ソケットをこじ開けてしまうと基板から外れてしまいダメージに繋がります。

  24. キーボードリボンケーブルのコネクター上部を覆っているテープを剥がします。 スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返してください。 蝶番の固定フラップ上をこじ開けているか確認してください。ソケット自体には接触しないでください。
    • キーボードリボンケーブルのコネクター上部を覆っているテープを剥がします。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、キーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返してください。

    • 蝶番の固定フラップ上をこじ開けているか確認してください。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからキーボードのリボンケーブルを押し出します。

  25. スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからトラックパッドのリボンケーブルコネクターをこじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ソケットからトラックパッドのリボンケーブルコネクターをこじ開けます。

  26. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからキーボード用バックライトのコネクターをこじ開けます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからキーボード用バックライトのコネクターをこじ開けます。

  27. スパッジャーの先端や指の爪先を使って、マイク用リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。
    • スパッジャーの先端や指の爪先を使って、マイク用リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップをこじ開けているか確認してください。ソケット自体には接触しないでください

    • マイクのリボンケーブルをソケットから引き出します。

  28. スパッジャーの先端を使ってディスプレイのデータケーブル用ロックを裏返して、DC-In側にこれを回転させます。 ディスプレイのデータケーブルを基板上のソケットから真っ直ぐ引いてください。
    • スパッジャーの先端を使ってディスプレイのデータケーブル用ロックを裏返して、DC-In側にこれを回転させます。

    • ディスプレイのデータケーブルを基板上のソケットから真っ直ぐ引いてください。

    • ディスプレイデータケーブル上を持ち上げないでください。ソケットは大変壊れやすいためです。ケーブルを基板と平行に引いてください。

  29. スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近のネジ頭上のゴム製キャップを剥がします。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、MagSafe 2コネクタ付近のネジ頭上のゴム製キャップを剥がします。

  30. 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。
    • 上部ケースに基板を固定している次の6本のネジを外します。

    • 3.1 mm T5トルクスネジー1本

    • 2.5 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.5 mmシルバーT5トルクスネジー1本

    • 5.7 mm T5トルクスネジー2本

    • 3.8 mm シルバーT5トルクスネジー1本

  31. バッテリー付近の端を持ち上げて、MacBook Pro上部に向けて傾けます。 基板の右端に沿って留められたポートにアクセスするため、基板を数ミリ左側にスライドしてください。
    • バッテリー付近の端を持ち上げて、MacBook Pro上部に向けて傾けます。

    • 基板の右端に沿って留められたポートにアクセスするため、基板を数ミリ左側にスライドしてください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、丁寧にMagSafe 2コネクターを基板上の下側にあるソケットから外します。

  32. MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。 基板を再装着する際は、すべてのケーブルを確認して、基板の下に隠れていないか点検してください。 パーツ上部から時計回りに:バッテリー、右側スピーカー、キーボード用バックライト、AirPort/カメラ、ディスプレイ、マイク、左側スピーカー、キーボード、トラックパッド
    • MacBook Proから基板アセンブリを取り出します。

    • 基板を再装着する際は、すべてのケーブルを確認して、基板の下に隠れていないか点検してください。

    • パーツ上部から時計回りに:バッテリー、右側スピーカー、キーボード用バックライト、AirPort/カメラ、ディスプレイ、マイク、左側スピーカー、キーボード、トラックパッド

  33. デバイスを180度回転させて、内部コンポーネントにアクセスしやすくします。 MagSafe DC-Inボードを上部ケースに固定している、2本の2.5 mm T5トルクスネジを外します。
    • デバイスを180度回転させて、内部コンポーネントにアクセスしやすくします。

    • MagSafe DC-Inボードを上部ケースに固定している、2本の2.5 mm T5トルクスネジを外します。

    • MagSafe DC-Inボードを右側にスライドして、上部ケース内の奥から取り出します。

    • MagSafe DC-Inボードを、上部ケースアセンブリから持ち上げて取り出します。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

15 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

429,793 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,563のガイドは作成済み

6 件のコメント

I have a 820-3332 logic board (late 2013 MBP 15" Retina, same as this how-to) ) that is missing the socket on the underside of the logic board the magsafe board's wired connection slides into on the underside of the logic board as shown in the final steps. I can't find any mention of a new one anywhere. Looks like it was glued on at the factory. So I'm sitting here with a brand new magsafe 2 board with no way to attach it to the logic board. I though of soldering it directly to the pins that the socket mounts up against on the logic board but there are six pins on the logic board and five wires going to five connection points inside the connector that slides into the socket on the board. Looking at the six pin holes in the new magsafe 2 board connector from the top I see three wires, an empty pin hole and then two wires so I wouldn't even know which pins to attach to which board.

Anyone have any suggestions for this mess?

Any suggestions?

mikeandres2003 - 返信

Wow! Somewhat complicated to get that DC board out. Wondering if I should even attempt this.

I have a liquid-damaged (coffee) MBP of this vintage. If I plug in the power adapter, the machine boots and runs fine; however, it shows the battery is "not available" in the battery menu and, when I unplug the magsafe adapter, the machine immediately powers off. As the logic board seems to work fine when plugged in, what do you think about attempting to stick in a DC board? Or is that battery "not available" message an indicator that the battery is also hosed? I don't see any obvious damage to the battery (but...).

Thanks for any advice.

barryjaylevine - 返信

This guide is very good and simple to follow. It may seem tricky but it really isn’t, just take your time to unscrew everything and place them in labeled bins, so you can remember where each screw goes.

I had a bit of trouble with the logic board, after everything was unscrewed it took some fiddling around to finally get the logic board to release and lift up.

Great tutorial.

Thomas Egelund - 返信

Great guide! Easier than it looked at first glance!

sorenlund - 返信

Great, thank you. I got a 20 euro MagSafe board and it works perfectly.

The guide is accurate, and it is indeed easier than I expected.

For reassembly though I had to take out the logic board twice again because one of the small connectors ‘stayed behind’ the logic board and I only discovered later.

So a tip is to count the connectors you removed, and count again to make sure all are in place to connect and didn't stay in an unreachable place before you reattach the logic board.

Also as another tip, for easier reassembly, I put all the screws (and some parts) on the adhesive tape so they stayed in place and I could spatially fix them. I glued the tape to a paper sheet so I could take notes at which step the screws belonged and also other notes.

Mike Bachman - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 2

過去 7 日: 37

過去 30 日: 183

今までの合計 7,285