Skip to main content

はじめに

このガイドを使って、MacBook Pro 15" Retina Display Late 2013に搭載された壊れてノイズが出る左側ファンを交換します。このファンはデバイスの左側につけられており、開口すると稼動しているのが確認できます。

  1. MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。
    • MacBook Proの底ケースに固定されているP5ペンタローブネジを取り外します。

    • 3.0 mmー8本

    • 2.3 mmー2本

  2. クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。
    • クラッチカバー付近の端を持ち上げて、MacBook Proの底ケースを外します。

    • 底ケースを脇に置きます。

  3. バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。
    • バッテリーコネクタを覆っている注意書きラベルを剥がします。

  4. MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now

    MacBook Battery 修理キット

    最低価格 $69.99

    Buy Now
  5. スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。 バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、バッテリーコネクターの接続部分を基板上のソケットから真っ直ぐ引き上げます。

    • バッテリーケーブルを後ろ側に折り曲げ、バッテリーコネクタがアクシデントで基板に接触しないように確認してください。

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、左側ファンからゴム製ヒートシンクのカバーを持ち上げます。

  7. 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。
    • 左側ファンを基板に固定している次のネジを外します。

    • 4.4 mm T5トルクスネジー1本

    • 5.0 mm T5トルクスネジー1本

    • 3.9 mm T5ワイドヘッドトルクスネジー1本

  8. スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。 プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。
    • スパッジャーの先端を使って、左側リボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを持ち上げます。

    • 蝶番の固定フラップを持ち上げてください。ソケット自体には接触しないでください。

    • プラスチック製の開口ツールを差し込んだケーブルの上部から左側ファンケーブルの下までスライドして、基板から解放します。

    • ケーブルを外す際はご注意ください。ケーブルは頑丈な接着剤によって基板に固定されています。必要に応じてiOpenerやドライヤーを使ってケーブルに留められた接着剤を柔らかくするため、ケーブルを温めてください。取り外す作業がスムーズにいきます。

    • デバイスから左側ファンを持ち上げて取り出します。

    • ファンを再装着する際は、ファンのネジを3本取り付けた後に行うよりも、ファンを固定の場所に置いてファン用のリボンケーブルを接続する方法が簡単です。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

10 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldberg

メンバー登録日: 2009年10月17日

412,511 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

104 メンバー

8,406のガイドは作成済み

コメント1件

Very handy and easy guide. No difficulties at all. The only problem i had was the replacement fan (bought on iFixit 2th hand). The screw openings where not exact as original (4mm of the left side bottom side of right fan), but i managed to first soft place the screws in and then all make them tighter. This was the only way it fits. Tested and approved. (you can even feel the broken fan as u hold it and turn it with your vacuum cleaner). Thanks to the author for his work. Happy client..

Jonas - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 28

過去 7 日: 62

過去 30 日: 212

今までの合計 12,023