メインコンテンツにスキップ

はじめに

MacBook Pro 15インチ Unibody Mid 2012 MagSafe DC-Inボードの交換をします。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 13.5(14.1)mm プラスネジー3本

    • 3 mm プラスネジー7本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。 ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。
    • ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。

    • ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。

    • ソケットから接続を外す際、コネクターの縦側の両サイドを上向きに持ち上げると簡単です。

  4. バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。
    • バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。

  5. 基板に左側ファンを固定している次の3本のネジを外します。
    • 基板に左側ファンを固定している次の3本のネジを外します。

    • 3.5 mm T6トルクスネジー2本

    • 4.2 mm T6トルクスネジー1本

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側ファンのコネクタの接続を外します。 コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーを捻りながら引き上げると上手くいきます。 ファンのソケットとファンのコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからまっすぐファンコネクタを持ち上げる際に、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板から左側ファンのコネクタの接続を外します。

    • コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーを捻りながら引き上げると上手くいきます。

    • ファンのソケットとファンのコネクタは2番目と3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってソケットからまっすぐファンコネクタを持ち上げる際に、プラスチックのファンソケットを壊さないようにご注意ください。

    • 2番目の画像中に確認できる基板のデザインのレイアウトはお持ちのデバイスと若干異なるかもしれませんが、ファンのソケットは同じです。

  7. 上部ケースから左側ファンを持ち上げて取り出します。
    • 上部ケースから左側ファンを持ち上げて取り出します。

  8. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側のファンコネクターを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから右側のファンコネクターを持ち上げます。

    • コネクタを外すには、ファンケーブルのワイヤの下からスパッジャーをひねりながら引き上げると上手くいきます。

  9. ロジックボードに右側ファンを固定している3.4 mm (3.1 mm) T6トルクスネジを3本外します。 ロジックボード上の外れた部分から右側ファンを持ち上げます。
    • ロジックボードに右側ファンを固定している3.4 mm (3.1 mm) T6トルクスネジを3本外します。

    • ロジックボード上の外れた部分から右側ファンを持ち上げます。

  10. ロジックボード上のソケットからカメラケーブルを引き離します。
    • ロジックボード上のソケットからカメラケーブルを引き離します。

    • カメラケーブルの接続を外す際は、上に向かって引き抜かないでください。ケーブルを上向きに引くとケーブルとロジックボード両方にダメージを与えてしまうことがあります。ロジックボードの表面に対して平行にケーブルを引いてください。

  11. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからAirPort/Bluetoothコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからAirPort/Bluetoothコネクタを引き上げます。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから光学ドライブコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットから光学ドライブコネクタを引き上げます。

  13. コネクタの下から接続を引き上げて、ハードドライブ/赤外線センサケーブルの接続をロジックボード上のソケットから外します。
    • コネクタの下から接続を引き上げて、ハードドライブ/赤外線センサケーブルの接続をロジックボード上のソケットから外します。

  14. スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーハー/右側スピーカーのコネクタをロジックボード上のソケットから引き上げて、接続を外します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーハー/右側スピーカーのコネクタをロジックボード上のソケットから引き上げて、接続を外します。

    • ワイヤの下から持ち上げてください。

  15. ロジックボードにキーボード/トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.5 mm ( 1.2 mm )プラスネジを2本外します。 ロジックボードからカバーを取り出します。
    • ロジックボードにキーボード/トラックパッドケーブルのカバーを固定している1.5 mm ( 1.2 mm )プラスネジを2本外します。

    • ロジックボードからカバーを取り出します。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクタを引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからトラックパッドのコネクタを引き上げます。

  17. 指の先でキーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。 蝶番の固定フラップのみ裏返してください。ソケット自体には接触しないでください。
    • 指の先でキーボードリボンケーブルのZIFソケット上の固定フラップを裏返します。

    • 蝶番の固定フラップのみ裏返してください。ソケット自体には接触しないでください。

    • スパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブルをソケットから引き抜きます。

  18. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーインディケーターのコネクタを持ち上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからバッテリーインディケーターのコネクタを持ち上げます。

  19. ディスプレイデータケーブルに固定されたプラスチックのプルタブを掴み、デバイスのDC-In側に向けて回します。 ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜きます。
    • ディスプレイデータケーブルに固定されたプラスチックのプルタブを掴み、デバイスのDC-In側に向けて回します。

    • ディスプレイデータケーブルをロジックボード上のソケットから引き抜きます。

    • ディスプレイデータケーブルを上に引き上げないでください。ケーブルをロジックボードの表面に対して水平に引っ張ります。

  20. スパッジャーのの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを引き抜きます。 蝶番の固定フラップを引き抜いているか確認してください。ソケットには触れないでください。
    • スパッジャーのの先端を使って、キーボードバックライトのリボンケーブルZIFソケット上の固定フラップを引き抜きます。

    • 蝶番の固定フラップを引き抜いているか確認してください。ソケットには触れないでください。

    • キーボードのバックライトリボンケーブルをソケットから引き抜きます。

  21. 次の9本のネジを外します。
    • 次の9本のネジを外します。

    • ロジックボード上の3.4 mm ( 3.1 mm) T6トルクスネジー7本

    • DC-In ボード上の8 mm T6トルクスネジー2本

  22. 作業中光学ドライブケーブルとI/O端子に掛からないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを左側からゆっくりと取り出します。 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って上部ケースからマイクを取り出します。 上部ケースの横からロジックボードのI/O端子側を引き抜き、ロジックボードアセンブリを取り出します。
    • 作業中光学ドライブケーブルとI/O端子に掛からないよう注意しながら、上部ケースからロジックボードアセンブリを左側からゆっくりと取り出します。

    • 必要に応じて、スパッジャーの平面側先端を使って上部ケースからマイクを取り出します。

    • 上部ケースの横からロジックボードのI/O端子側を引き抜き、ロジックボードアセンブリを取り出します。

  23. DC-Inボードをヒートシンク側に向けてケーブルを引っ張り、接続を外します。
    • DC-Inボードをヒートシンク側に向けてケーブルを引っ張り、接続を外します。

    • ケーブルを基板の表面と並行に引っ張ります。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

32 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

429,872 ポイント

411のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

107 メンバー

9,589のガイドは作成済み

4 件のコメント

Dont want to double post so please refer to the guide for the display to see my issue, but folwed teh guide to the T. The only anomaly i found ater reseting everything again is darkish tint ont he display cable, the rest of hte story is on my post on guides for displa. any help guys will be greatly appreciated. I'll defintelyl guys you guys business from here on how, And yes i know i work or apple but his machine ha my bitcoins.and pgp keys. and i still love her.

mark Andrews - 返信

Good tutorial. New DC board installed and Macbook now charges without getting hot at all.

bill borez - 返信

Thank you, followed this and fixed my macbook. My only difficulty was with removing the display cable until I realized that there’s a hinged wire clip in front of the socket that must be lifted up and over the socket before removal. Very helpful guide..

robertlucier - 返信

Thanks for this tutorial ,New DC Board installed but my macbook a1286 charged 60% and he doesn’t work.

how can i see to check what going wrong i know this channel ,https://www.youtube.com/channel/UCl2mFZo...,

But i dont know if should check data sense line or which step and material i need (multimeter)

thanks for any reply

sorry for my english im “French” :)

soufiane - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 3

過去 7 日: 27

過去 30 日: 164

今までの合計 11,542