メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

2番目のハードドライブをラップトップに追加することで、稼働スピードの増加や容量の増大、新しいソフトウェアをインストールした時の問題を軽減できるなど、多くの利点があります。このガイドを参照して、光学ドライブを2番目のハードドライブもしくはSSDに交換しましょう。

  1. 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。
    • 底ケースを固定している以下の10本のネジを外します。

    • 13.5(14.1)mm プラスネジー3本

    • 3 mm プラスネジー7本

  2. 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。
    • 両手を使用して排気口の近くから底ケースを持ち上げて、上部ケースに固定している2本のクリップを外します。

    • 底ケースを取り外して脇に置きます。

  3. ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。 ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。
    • ※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。

    • ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。

    • ソケットから接続を外す際、コネクターの縦側の両サイドを上向きに持ち上げると簡単です。

  4. バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。
    • バッテリケーブルをソケットから離すように少し曲げておき、作業中に誤ってメイン基板に接触しないようにします。

  5. カメラケーブルのコネクタを基板上のソケットから接続を外します。
    • カメラケーブルのコネクタを基板上のソケットから接続を外します。

    • 基板からコネクタを外す際に、ケーブルを持ち上げないでください。ケーブルは基板の平面と平行に引っ張ります。

  6. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからAirPort/Bluetoothを引き離します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットからAirPort/Bluetoothを引き離します。

  7. 今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る

    今あるものを使い続けましょう

    オールインワインキットで安く修理して、節約しましょう。

    iPhone 修理キットを見る
  8. スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから光学ドライブコネクタを引き離します。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板上のソケットから光学ドライブコネクタを引き離します。

  9. 次の2つのネジを外します。 これらのネジは通常とは違って滑りやすいためご注意ください。ネジを外す際にはしっかりと下に押し込みます。作業を始める前に下のコメントを参照してください(英語)。
    • 次の2つのネジを外します。

    • これらのネジは通常とは違って滑りやすいためご注意ください。ネジを外す際にはしっかりと下に押し込みます。作業を始める前に下のコメントを参照してください(英語)。

    • 8.6 mmプラスネジー1本

    • 3.9 mm プラスネジー1本

    • 下部ケースからAirPort/Bluetooth ボードハウジングを手に取り、(AirPort/Bluetooth ケーブルがまだ装着されたまま)回転させます。

  10. 上部ケースに光学ドライブを固定している3.5 mm T6トルクスネジを3本外します。
    • 上部ケースに光学ドライブを固定している3.5 mm T6トルクスネジを3本外します。

  11. 光学ドライブコネクタ付近の光学ドライブを持ち上げて、上部ケースから離してデバイスから取り出します。
    • 光学ドライブコネクタ付近の光学ドライブを持ち上げて、上部ケースから離してデバイスから取り出します。

  12. 光学ドライブから光学ドライブケーブルを引き抜きます。 ケーブル自体ではなく、コネクターの端を持ってください。
    • 光学ドライブから光学ドライブケーブルを引き抜きます。

    • ケーブル自体ではなく、コネクターの端を持ってください。

    • 小さなメタル製マウンティングブラケットに固定された、2本の黒色#0プラスネジを外します。このブラケットを新しい光学ドライブやハードドライブの筐体に移してください。

  13. プラスチックのスペーサーを光学ベイドライブの筐体からどちらかの側に付けられたクリップを押し込み、持ち上げて外します。 プラスチックのスペーサーを光学ベイドライブの筐体からどちらかの側に付けられたクリップを押し込み、持ち上げて外します。
    • プラスチックのスペーサーを光学ベイドライブの筐体からどちらかの側に付けられたクリップを押し込み、持ち上げて外します。

  14. ハードドライブコネクタは筐体に取り付ける前に、正面が下向き担っているか確認してください。 丁寧にハードドライブを筐体のハードドライブスロットに取り付けます。 片手でしっかりと筐体を取り付ける位置に固定しながら、もう一方の手でハードドライブを筐体のコネクタに押し込んでください。
    • ハードドライブコネクタは筐体に取り付ける前に、正面が下向き担っているか確認してください。

    • 丁寧にハードドライブを筐体のハードドライブスロットに取り付けます。

    • 片手でしっかりと筐体を取り付ける位置に固定しながら、もう一方の手でハードドライブを筐体のコネクタに押し込んでください。

  15. ハードドライブが装着できたら、ハードドライブを筐体の下部に向かって押さえ込みながら、プラスチックのスペーサーを挿入します。 ハードドライブが装着できたら、ハードドライブを筐体の下部に向かって押さえ込みながら、プラスチックのスペーサーを挿入します。
    • ハードドライブが装着できたら、ハードドライブを筐体の下部に向かって押さえ込みながら、プラスチックのスペーサーを挿入します。

  16. 筐体にドライブを固定している#1プラスネジを2本外します。 筐体にドライブを固定している#1プラスネジを2本外します。
    • 筐体にドライブを固定している#1プラスネジを2本外します。

  17. 光学ドライブのブラケットを新しい筐体に#0のプラスネジを2本取り付けます。
    • 光学ドライブのブラケットを新しい筐体に#0のプラスネジを2本取り付けます。

    • オリジナルの光学ドライブから外したケーブルは光学ベイドライブの筐体に取り付けてください。

  18. ハードドライブをまだ捨てないでください!SATA光学ドライブUSBケーブルがあれば、外付けで光学ドライブをまだ使用することができます。 ケーブルのSATAコネクタをドライブの端子に注意しながら接続します。 USBコネクタをラップトップに接続して、光学ドライブを使用できる状態にします。
    • ハードドライブをまだ捨てないでください!SATA光学ドライブUSBケーブルがあれば、外付けで光学ドライブをまだ使用することができます。

    • ケーブルのSATAコネクタをドライブの端子に注意しながら接続します。

    • USBコネクタをラップトップに接続して、光学ドライブを使用できる状態にします。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

112 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Andrew Optimus Goldheart

メンバー登録日: 2009年10月17日

455,878 ポイント

410のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

128 メンバー

13,039のガイドは作成済み

13 件のコメント

I had problems initialising the SDD drive in the optical bay. But have placed it in HD bay and it works fine.

My old Hard drive is a really snug fit in the caddy (its a 9.5mm drive) - when installed in the HD bay it sits on rubber shock absorbers and has air around it.

With a HD in the optical bay, I expect there to be some overheating or shock problems in the future.

Andrew - 返信

!! Hard drive !! The Harddrive with the OS X on it for booting, has to be to be in the Harddisk bay and not the optical bay!

The System does only startup regularly on the SATA connector meant for the Harddrive, not the SATA connector of the former optical drive! (Even for MID 2012)

So, cause the most of us will add a SSD and want to run the System from it, we have to change the old Harddisk to the Optical bay where it is mounted without the anti shock rubbers.

In my case it did´t die there for over a year yet, so, not the big deal it seems at the first look ;-) lucky

pianogreg - 返信

I have a mid-2012 MBP. I just replaced the superdrive with a Samsung Evo 840 1TB SSD. My mac will boot from this drive when it is in the primary bay, and also if it is connected externally with a USB3/SATA cable. However it will not boot from the optical drive bay.

Also, if I install my original drive (Seagate Momentus XT 750GB hybrid) in the optical drive bay it will not boot.

If however I install an old 5400 HDD in to the optical drive bay, it WILL boot.

All three of the above mentioned drives have the same cloned OS on them. When the hybrid or the SSD are installed in the optical drive bay I can see them in the system profiler; both read a negotiated link speed of 6g.

Am I missing something...?

Crumbs - 返信

Crumbs :

Yes you are missing something… MPB MI2012 have just ONE Sata3 to read SSD… The sata for optical drive bay is on sata2.. So it can’t read SSD drive. Put your DD5400 on the optical drive bay, and boot with your SSD (install on the primary bay) and everything will be okay ;)!

Micke -

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 12

過去 7 日: 98

過去 30 日: 427

今までの合計 113,037