はじめに

消耗したマイクを交換するにはこのガイドをご利用ください。

  1. MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。
    • MacBook Pro 13" Unibodyに留められた底ケースから次のネジを10本外します。

    • 3 mmプラスネジー7本

    • 13.5 mmプラスネジー3本

  2. 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。
    • 取付台タブを外すため、底ケースをわずかに持ち上げて、デバイス本体の背中側に向けて押します。

  3. 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。
    • 作業前の注意点として、放電を防ぐためロジックボードからバッテリーコネクターの接続を外してください。

    • スパッジャーの平面側先端を使って、ロジックボード上のソケットからバッテリーコネクターを持ち上げます。

  4. ファンコネクタを基板上のソケットからファンコネクタを引き抜きます。 コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤ下からスパッジャーでツイストしながら作業をすると上手くいきます。 ファンのソケットとファンのコネクタは2番目、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンのコネクタをまっすぐソケットから引き抜く際に、基板に付いているプラスチックのファンソケットを壊さないようご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できますが、お手元のデバイスのデザインと若干異なることがあるかもしれません。ファンソケットは同じはずです。
    • ファンコネクタを基板上のソケットからファンコネクタを引き抜きます。

    • コネクタの接続を外すには、ファンケーブルのワイヤ下からスパッジャーでツイストしながら作業をすると上手くいきます。

    • ファンのソケットとファンのコネクタは2番目、3番目の画像で確認できます。スパッジャーを使ってファンのコネクタをまっすぐソケットから引き抜く際に、基板に付いているプラスチックのファンソケットを壊さないようご注意ください。基板のレイアウトは2番目の画像で確認できますが、お手元のデバイスのデザインと若干異なることがあるかもしれません。ファンソケットは同じはずです。

  5. 次の3本のネジを外します。
    • 次の3本のネジを外します。

    • 7 mm T6 トルクスネジー1本

    • 5.4 mm T6トルクスネジー2本

  6. 上部ケースからファンを取り出します。
    • 上部ケースからファンを取り出します。

  7. ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのタブを掴んで、コンピューターのDC-Inサイドに向けて回転させます。 ゆっくりとディスプレイデータケーブルのコネクタを基板と並行に引っ張ります。 コネクタを上向きに引っ張らないでください。コネクタにダメージを与えてしまいます。
    • ディスプレイデータケーブルのロックに固定されたプラスチックのタブを掴んで、コンピューターのDC-Inサイドに向けて回転させます。

    • ゆっくりとディスプレイデータケーブルのコネクタを基板と並行に引っ張ります。

    • コネクタを上向きに引っ張らないでください。コネクタにダメージを与えてしまいます。

  8. Pro Tech ツールキットを含むご注文、もしくは総額 $100ドル以上のご注文については送料無料です。

    当社のショップを閲覧する
  9. ディスプレイデータケーブルのブラケットに上部ケースを固定している2本のネジを外します。 8.6 mmプラスネジー1本
    • ディスプレイデータケーブルのブラケットに上部ケースを固定している2本のネジを外します。

    • 8.6 mmプラスネジー1本

    • 5.6 mmプラスネジー1本

    • ディスプレイデータケーブルのブラケットを上部ケースから持ち上げます。

  10. スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーと右側スピーカーのコネクタを基板から引き上げます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、サブウーファーと右側スピーカーのコネクタを基板から引き上げます。

  11. カメラケーブルコネクタを光学ドライブ側に向けて引っ張り、基板から接続を外します。
    • カメラケーブルコネクタを光学ドライブ側に向けて引っ張り、基板から接続を外します。

    • このソケットはメタル製で簡単に曲がってしまいます。コネクタを基板上のソケットと接続させる前に、位置を合わせて確認してください。

  12. スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。 スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、光学ドライブ、ハードドライブ、トラックパッドケーブルコネクタを基板から引き抜きます。

  13. 爪先やスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上の固定用ケーブルを引き上げて裏返します。 キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。 キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。
    • 爪先やスパッジャーの先端を使って、キーボードリボンケーブル用のZIFソケット上の固定用ケーブルを引き上げて裏返します。

    • キーボード用リボンケーブルをソケットからスライドさせるには、スパッジャーを使ってください。

  14. キーボードバックライト用のリボンケーブルソケットから黒色のテープで小さな一片を剥がします。
    • キーボードバックライト用のリボンケーブルソケットから黒色のテープで小さな一片を剥がします。

  15. スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライト用のリボンケーブル用のZIFソケット上の固定ブラップケーブルを引き上げて裏返します。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。 スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。
    • スパッジャーの先端を使って、キーボードバックライト用のリボンケーブル用のZIFソケット上の固定ブラップケーブルを引き上げて裏返します。

    • スパッジャーを使って、ソケットからキーボードのバックライトリボンケーブルをスライドします。

  16. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーインディケーター用ケーブルコネクタを引き抜きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からバッテリーインディケーター用ケーブルコネクタを引き抜きます。

  17. スパッジャーの先端を使って、上部ケースに留められた接着剤からマイクを引き上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、上部ケースに留められた接着剤からマイクを引き上げます。

  18. 次のネジを外します。
    • 次のネジを外します。

    • 7 mm T6トルクスネジー2本

    • 3.3 mm T6トルクスネジー5本

    • 4 mm T6トルクスネジー2本

  19. 基板を取り出す前にバッテリーを取り出す必要はありませんが、基板を簡単に安全に取り出しやすくなります。バッテリーを残す場合は、基板をバーコード付近のバッテリーケース側に向けて曲げないようにご注意ください。 上部ケースにバッテリーを固定している次のトライポイントネジを外します。
    • 基板を取り出す前にバッテリーを取り出す必要はありませんが、基板を簡単に安全に取り出しやすくなります。バッテリーを残す場合は、基板をバーコード付近のバッテリーケース側に向けて曲げないようにご注意ください。

    • 上部ケースにバッテリーを固定している次のトライポイントネジを外します。

    • 5.5 mmトライポイントネジー1本

    • 13.5 mmトライポイントネジー1本

    • 上部ケースからバッテリーを取り出します。

  20. 上部ケースの横側がクリアになるまで、基板を左側から持ち上げます。 上部ケースサイドから基板を持ち上げて取り出します。DC-Inボードが絡まないようにご注意ください。
    • 上部ケースの横側がクリアになるまで、基板を左側から持ち上げます。

    • 上部ケースサイドから基板を持ち上げて取り出します。DC-Inボードが絡まないようにご注意ください。

  21. マイクのケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。
    • マイクのケーブルコネクタを覆っているテープを剥がします。

  22. スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。 左側スピーカーのチャンネルからマイクケーブルを解きます。
    • スパッジャーの平面側先端を使って、基板からマイクケーブルのコネクタを引き抜きます。

    • 左側スピーカーのチャンネルからマイクケーブルを解きます。

まとめ

デバイスを再組み立てする際は、これらのインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

7 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

Midori Doiさんは世界中で修理する私たちを助けてくれています! あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Walter Galan

588,406 ポイント

1,203のガイドは作成済み

コメント1件

Thank you!! I have fixed mic, left speaker, right speaker + buffer, added thermal grease to processor ship and back led keyboard all at once.

josueselva - 返信

コメントを追加する

統計データを表示:

過去 24時間: 4

過去 7 日: 19

過去 30 日: 84

今までの合計 15,162