メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

はじめに

トラックパッドが壊れて交換が必要な場合や、バッテリーに簡単にアクセスして取り外す必要がある場合はこのガイドを参照してください。

デバイスを再組み立てする前に、バッテリーの残量を25%以下まで放電してください。充電されたリチウムイオンバッテリー は引火の原因となったり、アクシデントで穴を開けてしまうと爆発の恐れがあります。

  1. この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。 Macを起動し、ターミナルを開きます。 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。
    • この手順を開始する前に、Macの自動起動機能を無効にする必要があります。蓋を開くと、Macの自動起動によって分解中に誤って起動される場合があります。 この手順に従うか、以下の簡略化された指示に従って自動起動を無効にします。

    • Macを起動し、ターミナルを開きます。

    • 以下のコマンドをターミナルにコピー(または正確にタイプ)します。

    • sudo nvram AutoBoot=%00

    • [return]キーを押します。パスワードを求められたら、管理者パスワードを入力し、 [return]キーを再度押します。補足: [return]キーは ⏎ や "enter"として印字されている場合もあります。

    • これで、誤って電源が入ることなく、安全にMacの電源を切り、底面カバーを開くことができます。

    • 修理が完了し、完全に組み上げられた際には、以下のコマンドで再度自動起動を有効化してください。

    • sudo nvram AutoBoot=%03

  2. 作業を始める前に、MacBookの電源を切ります。ディスプレイを閉めて、デバイスを裏返します。
    • 作業を始める前に、MacBookの電源を切ります。ディスプレイを閉めて、デバイスを裏返します。

    • P5ペンタローブドライバーを使って、下部ケースに固定された6本のネジを外します。

    • 6.2 mmネジー2本

    • 3.4 mmネジー4本

    • この作業中、各ネジを紛失しないように保管してください。作業後はデバイスにダメージを与えないように、装着されていた位置に取り付けてください。

  3. 吸盤ハンドルをMacBook Proの正面中央付近の下部ケース上に装着します。 吸盤ハンドルを持ち上げて、下部ケースと筐体の間にわずかな隙間を作ります。
    • 吸盤ハンドルをMacBook Proの正面中央付近の下部ケース上に装着します。

    • 吸盤ハンドルを持ち上げて、下部ケースと筐体の間にわずかな隙間を作ります。

  4. 下部ケースと筐体の間にできたスペースに開口ピックの先端を挿入します。 一番近いコーナー周辺に開口ピックをスライドして、ケースの片側サイド全体を移動させます。 この作業によって、筐体と下部ケースを固定している隠れたクリップの一つが外れます。クリップが外れる音が聞こえて感覚があるはずです。
    • 下部ケースと筐体の間にできたスペースに開口ピックの先端を挿入します。

    • 一番近いコーナー周辺に開口ピックをスライドして、ケースの片側サイド全体を移動させます。

    • この作業によって、筐体と下部ケースを固定している隠れたクリップの一つが外れます。クリップが外れる音が聞こえて感覚があるはずです。

  5. 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。
    • 反対側のサイドでも前の手順を繰り返します。開口ピックを下部ケースの下にスライドさせて、2番目のクリップを外します。

  6. 開口ピックを下部ケースの正面側端の下、中央部分にある2本のネジの一方付近に再び差し込みます。 ピックをしっかりと持って捻り、筐体と下部ケースを固定している3番目のクリップを外します。 この手順を繰り返して、中央部分にある2本のネジのうち、もう一方のネジ付近にも差し込んで、4番目のクリップを外します。
    • 開口ピックを下部ケースの正面側端の下、中央部分にある2本のネジの一方付近に再び差し込みます。

    • ピックをしっかりと持って捻り、筐体と下部ケースを固定している3番目のクリップを外します。

    • この手順を繰り返して、中央部分にある2本のネジのうち、もう一方のネジ付近にも差し込んで、4番目のクリップを外します。

  7. MacBookの正面側に向けて下部ケースをしっかりと引き抜きます。(ヒンジから外します)ケースを固定している最後のクリップが外れます。 まず一方のコーナーを引っ張り、それから反対側のコーナーを引っ張ります。 サイドに引っ張りますー引き上げないでください。
    • MacBookの正面側に向けて下部ケースをしっかりと引き抜きます。(ヒンジから外します)ケースを固定している最後のクリップが外れます。

    • まず一方のコーナーを引っ張り、それから反対側のコーナーを引っ張ります。

    • サイドに引っ張りますー引き上げないでください。

    • この作業にはかなりの力が必要です。

  8. 下部ケースを取り出します。 下部ケースを再装着するには ディスプレイヒンジ付近のクリップの位置を揃えます。カバーをヒンジ側に押し込みます。クリップが装着されると、それ以上スライドできなくなります。
    • 下部ケースを取り出します。

    • 下部ケースを再装着するには

    • ディスプレイヒンジ付近のクリップの位置を揃えます。カバーをヒンジ側に押し込みます。クリップが装着されると、それ以上スライドできなくなります。

    • スライドしてクリップが完全に装着して、下部ケースが正しく揃ったら、下部ケースをしっかりと押させて、隠れた4つのクリップも装着します。カチッと音がして装着感があるはずです。

  9. バッテリーに一番近いロジックボードの端上に付けられたバッテリーコネクタを覆う大型テープを慎重に剥がします。 テープを剥がします。
    • バッテリーに一番近いロジックボードの端上に付けられたバッテリーコネクタを覆う大型テープを慎重に剥がします。

    • テープを剥がします。

  10. バッテリーボードのデータケーブルコネクタを覆っている小さなテープ片を慎重に剥がします。 テープはリボンケーブルに統合されていて、完全には剥がせません。コネクタにアクセスできるだけの部分を剥がすだけで十分です。
    • バッテリーボードのデータケーブルコネクタを覆っている小さなテープ片を慎重に剥がします。

    • テープはリボンケーブルに統合されていて、完全には剥がせません。コネクタにアクセスできるだけの部分を剥がすだけで十分です。

  11. スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。 スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。
    • スパッジャーの先端を使って、ケーブルをコネクタに固定している小さな黒色のロッキングタブを持ち上げます。

  12. バッテリーボードのデータケーブルをソケットからスライドして取り出し、接続を外します。 ケーブルの方向は、ロジックボードと平行にスライドさせます。
    • バッテリーボードのデータケーブルをソケットからスライドして取り出し、接続を外します。

    • ケーブルの方向は、ロジックボードと平行にスライドさせます。

  13. バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。 バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。
    • バッテリーボードのデータケーブルをサイドに折り曲げて、作業の邪魔にならないようにします。

  14. T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。 T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。
    • T5 トルクスドライバーを使って、バッテリーパワーコネクタを固定している3.7 mm パンケーキ頭部ネジを1本外します。

  15. スパッジャーを使って、バッテリーの接続を外して、バッテリーパワーコネクタを慎重に持ち上げます。 コネクタを十分の高さに持ち上げて、ソケットから離します。修理中、アクシデントで接触しないようにご注意ください。MacBook Proにダメージを与えてしまう可能性があります。
    • スパッジャーを使って、バッテリーの接続を外して、バッテリーパワーコネクタを慎重に持ち上げます。

    • コネクタを十分の高さに持ち上げて、ソケットから離します。修理中、アクシデントで接触しないようにご注意ください。MacBook Proにダメージを与えてしまう可能性があります。

  16. T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。 T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。
    • T3トルクスドライバーを使って、トラックパッドケーブルのコネクターブラケットを固定している1.8 mmネジを2本外します。

  17. ピンセットを使って、トラックパッドケーブルコネクタブラケットを取り外します。
    • ピンセットを使って、トラックパッドケーブルコネクタブラケットを取り外します。

  18. スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。 スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。
    • スパッジャーを使って、ロジックボードからコネクタをまっすぐ慎重に持ち上げて、トラックパッドのリボンケーブルの接続を外します。

  19. 温めたiOpenerをトラックパッドのリボンケーブルの上に約1分間載せて、バッテリー上部とトラックパッドリボンケーブルを固定している接着剤を温めて柔らかくします。
    • 温めたiOpenerをトラックパッドのリボンケーブルの上に約1分間載せて、バッテリー上部とトラックパッドリボンケーブルを固定している接着剤を温めて柔らかくします。

    • iOpenerを使用しない場合は、ヘアドライヤーを使ってケーブルを温めることができます。ケーブルは温かいものの、熱くて触れない程度にします。ぐれぐれも温めすぎないようにご注意ください。

  20. トラックパッドのリボンケーブルをバッテリーから慎重に剥がします。 ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。 ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。
    • トラックパッドのリボンケーブルをバッテリーから慎重に剥がします。

    • ケーブルを折り曲げたり、裂かないようご注意ください。

  21. T5トルクスドライバーを使って、トラックパッドアセンブリに留められたネジを10本外します。 4.3mmネジ 2本
    • T5トルクスドライバーを使って、トラックパッドアセンブリに留められたネジを10本外します。

    • 4.3mmネジ 2本

    • 5.8mmネジ 8本

  22. ディスプレイをわずかに開いて、トラックパッドにアクセスします。 慎重にMacBook Proのフレームにあるホールからトラックパッドのリボンケーブルを外します。
    • ディスプレイをわずかに開いて、トラックパッドにアクセスします。

    • 慎重にMacBook Proのフレームにあるホールからトラックパッドのリボンケーブルを外します。

  23. トラックパッドアセンブリを取り出します。 トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。 トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。
    • トラックパッドアセンブリを取り出します。

    • トラックパッドの底側に取り付けられた6本の小さなワッシャー(2つが丸型、4つが長方形型)を紛失しないよう保管してください。

終わりに

デバイスを再組み立てする際は、これらの手順を逆の順番に従って作業を進めてください。

4 の人々がこのガイドを完成させました。

以下の翻訳者の皆さんにお礼を申し上げます:

100%

これらの翻訳者の方々は世界を修理する私たちのサポートをしてくれています。 あなたも貢献してみませんか?
翻訳を始める ›

Tobias Isakeit

メンバー登録日: 2014年03月31日

75,590 ポイント

144のガイドは作成済み

チーム

iFixit iFixit人のメンバー

Community

131 メンバー

12,990のガイドは作成済み

2 件のコメント

Great guide. Thanks for posting. One thing it assumes however, is that the replacement trackpad you’re using came with a data cable (i.e. there is no Step 23 regarding removing the data cable from the old trackpad and re-using it). I’m not sure if it’s always been this way, but the replacement trackpads iFixit sells now for this laptop do not come with a data cable. I had to re-use the data cable from the old trackpad. It wasn’t too difficult to pull the cable up and out of the connector on the old trackpad, and there is no locking tab or anything to flip up to remove it. But it was hard to get the cable back into the connector on the new trackpad with the left over adhesive and the angle of the connector. I was able to get it connected after a few careful attempts, and the trackpad works after re-assembly. Maybe in the past, the replacement trackpads iFixit sold came with a new data cable attached, but it’s worth noting that they currently do not, and you have to supply one.

cdowney - 返信

Anybody knows where I can get those washers under the trackpads? I know I’m stupid, I lost one of them.

Qing Zhou - 返信

コメントを追加

統計データを表示:

過去 24時間: 8

過去 7 日: 43

過去 30 日: 208

今までの合計 4,616